『還暦』とは?

還暦とは一回りして戻ること

長寿のお祝いというといろいろありますが、その中でも一番有名なのが「還暦」のお祝いではないでしょうか。

還暦とは、干支が一巡し、起算点となった年の干支にふたたび戻ることを言います。

通常は人間の年齢について用い、 数え年61歳を指します。

60年で干支(子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥)が一回りして、生まれた年のえとに戻ることから、”還暦”というようになりました。別名本卦還り(ほんけがえり)ともいうそうです。

還暦を祝う習慣が日本で始まったのは飛鳥時代とも奈良時代とも言われ、当時の中国の地から伝わったとされています。

当時、日本は遣隋使や遣唐使を送り、大陸のさまざまな文化を取り入れていました。その中に、還暦と大きく関係する「干支」や、還暦を祝う習慣もあったのではないかと考えられています。

還暦の赤い色は魔除けの意味

還暦のお祝いには、昔から「還暦には赤いちゃんちゃんこ」という習慣があります。これは、暦が一巡りして最初に戻る=赤ん坊に戻るという意味合いがあります。

同時に赤は、神社の鳥居などを見てもわかるように「魔除けの色」。新しい人生を災いなく過ごし、もっともっと長生きしてほしいという願いが、この赤い色に込められてきました。

またその赤いちゃんちゃんこだけでなく、赤い座布団、赤い頭巾などを贈ることもあります。

ただ、さすがに平均寿命は80歳を超え、長寿社会を迎えた現代。昔の60歳のイメージとは全く違って、今は見た目も中身も非常に若々しく元気に過ごされている方が多いです。

ですので、この赤いちゃんちゃんこや座布団などに抵抗のある方も結構いらっしゃるようです。ですが、だからといって赤い色にこだわる気持まで忘れる必要はありません。

還暦の贈り物に赤いスカーフ

赤色は情熱の色、積極性や行動的な心を起させる色という考えもあります。

そのため、最近では赤いスカーフや赤いブラウス、シャツ、バッグや小物の赤など、現代に合ったかたちの赤色のプレゼントを選ぶ傾向があります

ルビーに代表される赤い貴金属や、「赤」の付く地名のところへの旅行などを選ぶ方もおられます。

もちろん、赤色にこだわらないこともお祝いのかたちの一つですし、プレゼントの中身を赤いものにするのではなく、プレゼントの包装に赤い色をワンポイントに使うという手もあります。

とにもかくにも、大事なのはこれからの生活を健康に過ごしてほしい、いつもありがとうという気持ちですので、何かをしてあげたとしても必ずその気持ちはしっかり言葉で伝えてあげてくださいね。


芸能人は還暦を迎えると渋くなる

還暦の芸能人

ひと昔前までは、60歳の還暦というと「お爺ちゃん」というイメージがありましたが、現在の還暦にはお爺ちゃんというイメージは全くありません。まだまだ現役のおじさん、というイメージです。

還暦を迎える当の本人たちも、「還暦を迎える実感がわかない」という方が圧倒的に多く、ほとんどの方が自分が「高齢者」ではないと考えてらっしゃいます。

自分の考えとしても、他人から見られている印象としても、全くおじいちゃんやおばあちゃんというイメージは当てはまらないのが今の還暦世代の方々です。

一般人でもそういうイメージがありますが、とりわけ芸能人ともなると更に上です。

最近は、還暦前後の俳優さんが若い世代に注目されることが多くなりました

少し前までは、いくつになっても若いことが大事とされていて、若者のような格好をしたり髪を染めるというおじさんが多かったように思います。

「まだまだ若い者には負けない」を合言葉にして、若者と競っていたような印象があります。

60代は大人の渋さ

しかし最近はそれとは変わり、若者には出せない大人の魅力というものが注目されています。

特に俳優さんともなると、渋いおじさまが人気です。50代、60代の俳優さんは若い俳優にはない円熟味と渋さ、そして確かな実力があります

その男としての余裕に惹かれる人が増えてきています。俳優歴何十年という大ベテランさんが、ここ数年でブレイクするといったことも珍しくありません。

俳優さん以外でも、タレントや芸人が急に渋くて大人の魅力を出してきたということもあります。

勿論現在還暦で渋い俳優さんも、昔からそうだったわけではありません。むしろこういう俳優さんのほとんどは、若い当時はハンサムでモデルのような活動をしていたりします。

そして歳を取るにつれて徐々に路線を変えていって、渋いおじさま俳優になっていくのです。

還暦の俳優の生き方

俳優さんは、求められる役柄が徐々に変わっていくので、そのような路線変更しやすいのかもしれません。

逆にいつまでも見た目が変わらない俳優は、なかなかいい役が見つからずに伸び悩むことが多いです。ある意味で言うと、俳優という職業ならではの戦略と言えるのかもしれません。

年齢に抗うのではなく、年齢を受け入れて、その年齢ならではの魅力を出している人が今は人気です

いつまでも若くあり続けるのが正解だった昔とは違って、年齢に応じたそれぞれ魅力を求める現在からは、その多様性を垣間見ることができます。


還暦祝いに贈ったメッセージ

還暦に贈る言葉

年祝いの慣例の中でも、還暦とは60歳のお祝いのことを指しています。年祝いというものがそもそも長寿のお祝いのことを指すため、昔から還暦についても長寿のお祝いとして祝われていました。

しかし、年祝いが庶民に広がった江戸時代前後と今の世の中では社会が全くかわってしまいました。

当時は平均寿命が50歳ともいわれており、60歳という年齢は間違いなく「長寿」という年齢でしたが、今は平均寿命が80歳を超えていますので、60歳というとまだまだこれから、というイメージです。

当然気持ち的にも見た目的にも若々しい方が多く、60歳を迎えた方のあたまにも自分が高齢者だという意識は全くありません。

そういうことから、現在ではこれまでの健康を祝うのと同時に、今後の長寿を願うためのお祝いとして、贈り物をしたりメッセージを贈るなどのお祝いをするのが一般的となっています。

そんな還暦祝いには色々な種類があります。昔は赤いちゃんちゃんこや赤い座布団などを贈るのが通例でしたが、今はそれらが「老い」を感じるというイメージを持つ方もいるため、一般的ではなくなっています。

そこで今回筆者がおすすめしたいのが、特に家族からもらって嬉しいと言われているメッセージカードになります。

メッセージカードといえば、単品で贈ると言うよりも何らかの贈り物に添える形でプレゼントされる事が多いのですが、これまでの感謝とともに今後も長生きしてほしいと言う願いがこめられたメッセージカードはどのような贈り物よりも一番喜ばれることが多いようです。

プレゼントに添えるメッセージカード

還暦に感謝を伝える言葉

では還暦祝いに贈るメッセージカードには何らかの形式があるのかというとそうではなく、基本的にはどのようなメッセージを添えてもいいですしカードとして利用するものも自由に決めることができます。

最近では贈り物に添えるカードとして業者側が用意しているものも多いのですがやはり一番喜ばれるのは手書きのメッセージですし、素直な感謝の言葉を添えるだけでも十分お祝いの気持ちがこめられています。

そんなメッセージの中でも特に書かれることが多いのが「これからも元気でね」「夫婦仲良くね」「これからは・・・」などの内容であり、両親や祖父母だけではなく会社の上司や取引先などに添えるメッセージカードにも利用することができる形式として人気が有ります。

いずれのメッセージを添える場合でも、感謝の気持ちを忘れない事が大切です。


還暦祝いとは

還暦のお祝いについて

昔から伝わる長寿のお祝いの中でも一番知名度があるのが「還暦」のお祝いですよね。還暦とは、干支が一巡し、起算点となった年の干支に戻ることをいいます。

ちなみに、干支とは「十干十二支(じっかんじゅうにし)」のことを指しており、10種類の「干(甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸)」と、12種類の「支(子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥)」による60種類の組み合わせのことを言います。

本来、数え年61歳(生まれ年に60を加えた年)を指しますが、現在では、数え年に代わって満年齢を 用いることが多くなったため、数え年61歳に代わって満60歳を還暦とする考え方が一般的ですので、 還暦祝いは満60歳の誕生日を中心に行なわれることが多くなっています。

別名『本卦還り(ほんけがえり)』や『華甲』ともいわれています。

還暦の贈り物

還暦の贈り物について

日本における還暦の祝いでは、赤色がお祝いのメインカラーとなっていますので、それを用い本人に赤色の頭巾やちゃんちゃんこなどの衣服を贈るという習慣があります。

赤色には、かつて魔除けの意味で産着に赤色が使われていたため、生まれた時に帰るという意味がこめられています。

また、赤色には情熱の赤など良い印象がありますので、還暦のお祝いにぴったりの色といえます。

ただ、昔と違って今の60歳は驚くほど若い方が多いです。ちょっと話がずれますが、髪も白髪をそのままにしている方は少なく、多くの方が定期的に白髪染めなどをしてらっしゃるので、4,50歳代に見えるなんて方も少なくありません。

ご本人の気持ち的にもまだまだ自分は高齢者ではないという意識で過ごしている方ばかりなので、そういう方に赤いちゃんちゃんこを贈るというのも、ちょっと違和感があるようにも思います。

ですので、最近ではちゃんちゃんこや頭巾にこだわらず、赤色の小物やお酒、旅行をプレゼントするかたも増えているようですね。

要するに赤いものを取り入れつつ、ご本人の生活状況や意向を尊重して、よりふさわしいプレゼントを贈るというのが一般的な考えとなってきています。

そして、還暦のお祝いを行う主旨についても、昔の「長寿を祝う」という意味合いよりは、「これからも今のまま若々しく元気で健康でいてほしい」という気持ちを込めたお祝いに変化しています。

よって、プレゼントにしてもより若々しくなれるような老いを感じさせないギフトが喜ばれる傾向にあります。


還暦祝いのプレゼントに時計を贈ろう

還暦祝いに時計を贈る

還暦といえば60年です。秒に直すと、なんと18億9216万秒にもなります。こんな気の遠くなるほどの時間が、還暦を迎える方の歩んできた時間です。

現代の60歳は非常にアクティブで元気な方が多い印象ですが、それでもこれだけの長い時間を生きてこられたんですから、これからもこのまま元気でいてほしいという願いを込めて還暦祝いを盛大にしてあげたいものですね。

一般的にも、家族や親戚なども含め全員が一堂に集まり、お祝いの席をもうけるところも多いようです。

そんな還暦のお祝いですが、お祝いを開く際に欠かせないのが「プレゼント」ではないでしょうか。

還暦祝いのギフトといってもかなりいろいろとあるのですが、その中でも喜ばれる商品のひとつなのが、時計です。

もちろん市販の商品でもそれなりに喜ばれるでしょうが、やはり還暦という普段の誕生日とは違った特別なイベントですので、オリジナルのものであれば、贈られた側の喜びは何倍にもふくらむことでしょう

そんなオリジナルの時計を提供している企業が、最近増えてきています。

名前が入れられるもの、写真を入れられるもの、日付やメッセージを入れられるもの、似顔絵入りのもの、ポエム入りのものなど、内容は多種多様です。

デザインやメッセージは、主に企業側が用意したテンプレートから選択します。メッセージは規定の文字数の範囲であれば、自由に入れられることもあります。

還暦に特別な時計を

腕時計の場合は文字盤が小さいため、名入れ彫刻が主流です。置き時計や壁掛け時計であれば、選択の幅が広がります。

時計そのもののデザインも、高級感漂うクリスタルのものや、どこにでも気軽に置ける写真立てタイプのものなど、さまざまです。

最近はインターネットで注文できる企業が多くあります。デザインなどはホームページに掲載されている分だけでなく、融通を利かせてくれることもあるので、ここぞと思った企業にまずは問い合わせてみてください。

還暦は一緒に一度の記念日です。祝う側も祝われる側も、その大切な日を忘れられない思い出にしたいでしょう。

特に時計などは毎日使うものですし、ご本人にとっても、いつもその時計を見ては、幸せな気持ちをもらえる、そんなアイテムになりえます。

世界にたったひとつしかないオリジナルの時計は、そんな還暦祝いにぴったりです。

ぜひ還暦祝いのプレゼントを検討している方は、これらのことを参考にして、素敵なギフトを選んでみてくださいね。


還暦世代が第二の故郷に好まれる場所とは

還暦と故郷

還暦というと満60歳の方の長寿のお祝いであり、日本に古くからある「年祝い」の一つです。

この年祝いは、60歳の還暦からスタートし、70歳の古希、77歳の喜寿、80歳の傘寿、88歳の米寿・・・と続いていきます。

ですので、日本の長寿祝いの一番最初のお祝いが「還暦」であり、還暦に赤いちゃんちゃんこを贈るという風習も含め、一番私達に身近で知名度も高いのが「還暦」のお祝いではないでしょうか。

還暦は昔から家族や親戚一同でお祝いをします。

仕事も無事退職して、第二の人生を謳歌する為に選ぶ場所とはそこで暮らしてきた地もありますが、やはり自分達が生まれ育った故郷を一番懐かしむ事も多いでしょう。

残りの人生を家のローンの関係などでそのまま住み続ける人もいれば、売却して移り住む人もいます。

その場合には自分が生まれ育った地を選択する人も多いですが、その理由として田舎でのんびりして暮らして行けたり、顔なじみの人がいる等の理由が多いでしょう。

しかし、最近では過疎化などの問題も多く、田舎を選択する場合にはどれだけの移住に関するメリットがあるのかを慎重に調べている人も多いでしょう。

地方都市という選択

地方都市に移る

一方で東京や地方都市など便利な都会を敢えて第二の故郷として選択する人もいます。

その理由として、医療面や交通面などありとあらゆる面で便利である事から暮らす上での快適さを求めるという声が多いでしょう。

地方で戸建てでかつては暮らしていた夫婦も還暦を迎えた頃には都会のマンションに移り住んでフラットな間取りや車が無くてもどこへでもアクセスが可能な場所を選択する事で老後の生活に便利さを求めるという部分では賢い選択かもしれません。

都市部でも駅チカに老人ホームなどの建設が目につき、便利な場所での入居を希望する団塊世代も多いです。

海外という選択

また最後に敢えて還暦後の第二の故郷は「海外」で考える人もいます。特に国内からも比較的近いアジア圏で移住する人もおり、時間をかけずに行き来する事も可能です。

海外移住する理由としては、何と言っても物価の安さがあります。

特にタイ・マレーシア・フィリピンなどは物価が安いので、日々の生活費を大幅に抑えることができそうですね。

介護のスキルを持ったメイドさんを雇う事も選ぶ国によっては可能になり、限られた貯金を有効に使う手段でもあります。

とはいえ、子供を持つ還暦世代の親にとっては孫や子供の近くに居たいという事もあり、住み慣れた地を離れる選択肢がない人も多く、第二の故郷が無いという人も少なからずいます。


想い出に残る還暦祝いを贈ろう

心に残る還暦祝い

干支に還る意味から赤いちゃんちゃんこを身につけ、お祝いする事で知られている長寿のお祝い、還暦。

最近は継続雇用制度や定年延長などでまだまだ現役の年代なので、現代の還暦祝いのイメージは仕事や人生に対して様々な経験や苦労をされてきたことに対しての敬意や感謝をし、ますます健康で活躍をされることを祈る祝いの印象が強いです。

日本には様々な長寿の祝いがあり、数え年でお祝いをされることが多いのですが、還暦祝いは満年齢で行いますのでそこは注意が必要です。

祝いを行う日は、誕生日が最適ですが、無理ならば家族や親族が集まりやすい誕生日の週末が最適です。

還暦のプレゼント選びの注意点

還暦に健康管理グッズ

さて、還暦を象徴する色とされているのが赤色となっています。

赤い花でアレンジした花束や赤色のマフラーなどが定番とされていますが、現代の60歳はまだまだ現役で健康的な方が多いです。

なので、高齢者をイメージさせてしまうプレゼントを嫌がる方もいらっしゃいます。

昔からの定番ギフトである「赤いちゃんちゃんこ」も、今の60歳の方にとっては老いを感じさせるものになりえる場合もあります。そういう点についても注意が必要です。

還暦によく贈られるプレゼントについて

一方この世代の方は、健康にも人一倍気を使われている方が多いので、スポーツサイクルや体脂肪計がついた体重計や歩数計などがお祝いの品として支持されています。

昔の還暦のイメージから現代の還暦のイメージは大きく変わっていますので、家族や親族としてのお祝いの意味も長寿祝いから日頃の感謝の気持ちを贈る日に変わっています。

ですので、思い出に残るものを贈る方も多くなっています。

世界に1つしかないオーダーギフトやサプライズの食事会なども思い出に残りますので、還暦祝いで使用されている方も多くいます。

オーダーギフト・オリジナルギフトとして人気があるのは、似顔絵・メッセージ入りの時計、似顔絵・名前の詩、名入れ酒が定番です。

似顔絵・メッセージがはいった時計などは日常使いできるアイテムですし、目立つ場所に置いておけば、友達などが来た場合にも会話のタネになりなったり、いつも見ることで元気をもらえるアイテムになりえますよね。

お酒が好きな方には名入れ酒というのも一つの選択肢に入るでしょう。

ラベルに名前やメッセージを入れることができる特別なお酒。きっとご本人も満足して頂けて思い出に残るお祝いになるにちがいありません。


還暦のお父さんでもできるアンプの接続とチューニング

還暦から始めるギター

還暦とは60歳の節目をお祝いする日本伝統のしきたりになります。昔は還暦=長寿でしたが、今は還暦=第二の人生のスタートという意味合いが強くなっています。

ですので、還暦を迎えると同時にまた何か新しいことにチャレンジしようかなと考える方も多いようです。

そこで仕事も落ち着き、エレキギターやエレキベースを始めようという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかしそこに立ちはだかる壁がアンプへの接続です。とはいえ、接続方法はとても簡単です。

まず用意するものですが、楽器とアンプの他にはシールドというものを用意します。シールドとはケーブルの事で、これで楽器とアンプを繋ぎます。

アンプへの接続方法

アンプへの接続方法

接続方法は、ギターのインプットジャック(穴)にシールドの片方を差し込み、もう片方をアンプのインプットと書いてある所に差し込みます

シールドによっては片方がL型になっている物がありますが、これは両側とも違いはありません。

差し込んだら、アンプのツマミを調節します。ボリュームと書いてある所が音量で、ゲインと書いてあるところが歪み量です。

歪みとはエレキギター、エレキベース特有の攻撃的な音の事です。そしてトレブル、ミドル、ベースというのは各音域の量です。

とりあえず、トレブル、ミドル、ベースは全て5にして音量をちょうどいい所まで上げて行きましょう。ゲインは好みに合わせて調節して下さい。

チューニングの方法

チューニング方法

これでアンプへの接続は終わりましたが、チューニングをしないと正しい音は出ません。チューニングには音叉を使う方法と、チューナーと呼ばれる機械を使う方法があります

音叉を使ってチューニングすると音感が鍛えられるというメリットがありますが、最初の内は中々難しいです。なので、まずはチューナーを使う事をおすすめします。

チューナーには大きく2種類あります。シールドを接続して使うタイプと、クリップ式になっていてヘッドの部分に挟んで使うタイプです。

シールド接続型のメリットは多機能の物が多く、色々なチューニングに対応しやすい事です。クリップ式のメリットは持ち運びがしやすく、ライブの際にも使う事が出来る事です。

最後にチューニングの方法ですが、弦を一度緩ませ、弦を締めながら音を合わせて行きます

各弦の音はチューニングの種類によって違いますが、一般的なレギュラーチューニングは、6弦ギターがEADGBE、4弦ベースがEADGです。

後はもう、楽器を弾くだけです。楽しい還暦楽器ライフをお過ごし下さい。


還暦世代からハマるテレビアニメ、OVA

還暦から見るテレビアニメ

還暦というと60歳を意味します。60歳ではなく還暦という言葉を使うと、より長生き・長寿感があるのですが、現代では60歳まで生きている人はザラにいます。

しかも、60歳は仕事をつづけた社会人生活に一区切りをつけ、新しい人生を歩む第二のスタートラインとしてとらえている方が多いです。

そこで、そんな還暦を迎える世代の方にとって、テレビアニメやOVAという存在はあまりなじみがないと思います。

しかし、年齢という枠を超えておすすめできるアニメというのも、多く放映されています

森見登美彦の作品

「四畳半神話体系」は、そういった類のテレビアニメの筆頭です。これは森見登美彦原作の小説を映像化したもので、2010年の4月から7月にかけてフジテレビ系列で放映されました。

京都市内を舞台に、大学三回生の青年の生活を一人称視点から描くこの作品ですが、その魅力は特徴的な登場人物と、彼らの語る歯切れの良いセリフに集約されています。

バカバカしい大学生活をさまざまな角度から切り取ることで、還暦の世代には大学生活を懐かしく感じることができるはずです。

還暦のギフトにピッタリではないでしょうか?森見登美彦作品は、他にも「有頂天家族」がテレビアニメになっており、こちらも合わせて観るのも良いでしょう。

京極夏彦の作品

日本推理作家協会賞を受賞

また「魍魎の匣」も、彼らの世代には向いているアニメと言えるかもしれません。こちらは2008年の10月から12月にかけて日本テレビ系列で放映されました。

原作は京極夏彦の同名の伝奇小説なのですが、これは日本推理作家協会賞を受賞するなど、非常高い評価を受けています。

電車の人身事故や連続バラバラ殺人事件を、魍魎という架空の化け物の存在と絡めて、論理的に解いていく拝み屋の手腕には、きっと感服することでしょう。

ここまでに紹介した二本の作品は、前述の通り原作の小説の評価も高いので、映像と文章を相互に照らし合わせることができます。

緑川ゆきの作品

次に紹介する作品は「夏目友人帳」です。これは妖怪を見ることのできる主人公が、人と妖怪の狭間で絆を紡いでいく物語です。

基本的には一話完結の物語で、笑いあり、涙ありなので、心が疲れた時などに観るのも良いでしょう。

2008年から4期に渡ってアニメーション化されてきたこの作品ですが、原作は緑川ゆきの漫画です。

絵のタッチが繊細で、原画展が開催されるくらい芸術的にも素晴らしいので、ぜひ併せて目を通すのもオススメです


還暦祝いでのプレゼントの選び方

還暦に贈るプレゼント

還暦祝い、というと、イコール「赤い色のものを贈る」というイメージがあります。これにはきちんと由来があります。

還暦の「60歳」という年齢は、旧暦の十干と十二支がちょうどひとまわりする歳です。この事から「赤ちゃんに還る」歳とされています。昔から、赤は魔除けの色とされています。

昔から、赤ちゃんに赤い産着を着せることで、赤ちゃんの健やかな健康を祝う、という風習があり、それにちなんで還暦にも赤い物を贈る風習となっているのです。

よく、主役が赤いちゃんちゃんこや帽子を身に付けている還暦祝いの写真を見かけることがありますが、これには「これからも元気でいてほしい」という気持ちが込もっているのです。

還暦にお酒を贈る

ただ、医療技術が進歩し健康志向の方も増えている現代社会の中で、今還暦を迎える方というのは非常に若い方が多いです。

ですので、実際に還暦を迎える方に伺ってみても、「あまり赤いものは好きではない」「気恥ずかしいので赤い物は欲しくない」「お年寄りっぽい」と思う方も意外といらっしゃいます。

せっかく還暦祝いのプレゼントを贈ろうといろいろ考えても、ご本人に喜んでもらえないならば贈る側も気持ちが晴れないですよね。できる限り相手に相応しいものを選び、喜んでもらえるものを選びたいものです

ですから、もし相手の意向がよくわからない場合には、あえて赤い物を選ばない、という選択肢もいいかもしれません。

最近では、全国の美味しい日本酒や焼酎などに、おめでとうのメッセージや主役の名前を入れたラベルを付けてくれるサービスや、似顔絵とメッセージを似顔絵アーティストが手描きした色紙など、特注のオリジナルギフトを還暦祝いとして選ぶ方が増えています。

還暦に温泉旅行

また、還暦の歳はちょうど仕事にも一区切りつく方も多いので、一息ついて、と温泉旅行のプレゼントをする、などというのも素敵なアイデアかもしれません。70歳の古希祝いにもオススメです。

誰でもインターネットを気軽に使うようになり、お取り寄せや通販で欲しいものが何でも手に入ってしまう時代となりました。このような状況だからこそ、お店や通販では手に入らない、その方のためだけに用意した世界に一つだけのオリジナル性のあるプレゼントが喜ばれるようです。

こう考えると、昔からの風習や、プレゼントにかける費用のではなく、相手を思いやる気持ちを込めることが何よりのプレゼント、ということが言えるのではないでしょうか。


還暦の誕生日に心浮き立つプレゼント

60歳の誕生日祝い

還暦祝いというと、人生の大きな節目となる記念すべき日です。みなさんの家族や親戚、恩師などもうすぐ還暦を迎える、または今年迎えるという方もいらっしゃるかもしれませんね。

やはりこういう長寿のお祝いというものは特別ですので、いつもの誕生日とは違ったお祝いをしたいという人も多いでしょう。

そこで重要になるのがプレゼントではないでしょうか。ただ還暦祝いギフトと一言で言ってもどんなものを渡せばよいのか、何を贈ればよいのかわからないという声も多く聞かれます。

還暦祝いの定番と言えば間違いなく赤いちゃんちゃんこですが、ちゃんちゃんこなんて毎日着るものでもないし、渡しても困るのでは?と躊躇する方もいるでしょう。

実際今の60代の方は、昔の60代とは違って非常に元気で若い方が多いので、そういう方々にちゃんちゃんこなどを贈るのもどうなのかと思うのも当然です。

また、最近店頭でよく見かけるのが赤い下着。いくら赤いものが還暦のテーマカラーだとしても、そしていくら親しい仲であっても、赤い下着を贈ることには抵抗があるのはごもっともです。

では今の還暦祝いのプレゼントはどういったものが選ばれているのでしょうか。

女性の還暦祝いにはアクセサリーが人気

還暦祝いにルビーのアクセサリー

女性への還暦祝いとしておすすめなのが、誕生石とルビーを使ったアクセサリーです。たとえば、四月生まれの方ならダイアモンドとルビーになります。

還暦をあらわす赤色のルビーとその方の誕生石を組み合わせることで、その方にだけの還暦祝いとして特別感をだすことができます。

またちょっとルビーは高価で・・という方には、ガーネットというチョイスも人気です。

最近では表裏に別々の石を入れてリバーシブルで身につけることができるネックレスも見かけます。リバーシブルだとその日の服装や雰囲気に合わせて好きな方を身につけることもできます。

普段はアクセサリーを身につけない方でも、石が一つだけのシンプルなデザインだと抵抗も少なく、普段使いもしやすいでしょう。

また、ブランドによっては名前を入れたり、ピアスやイヤリングなどを組み合わせるなど、送りたい還暦祝いの予算にあわせて更にカスタムすることもできます。

そして男性の方だったら、定番は名入れ酒です。ラベルに名前や祝還暦などの言葉を入れることができるオリジナルラベルがついた特別なお酒です。

還暦祝いにちょっとおしゃれなアクセサリーや名入れ酒をおくってみませんか


還暦祝いの人気店

還暦祝いの人気店

60歳になると、還暦という人生の節目として、長寿のお祝いをするのがしきたりとなっています。

昔から家族や親戚、親しい友人などが集まり、食事会などを開きその際赤いちゃんちゃんこなどのプレゼントを渡すのが一般的になっています。

ただ、赤いちゃんちゃんこという品物が、現代の60歳にとって相応しくない場合もあり、その他に良いプレゼントがないかインターネットで探している方も多いようです。

そこで、還暦祝いの人気店というものはあるのでしょうか?答えはYESです!

記念日のギフトを専門的に扱っているお店は有りますが、現在そのほとんどはネットショップになっています

扱っている品はかなり多いですので還暦を迎える方にピッタリのものが見つかるでしょう。

このようなお店は沢山ありますが、その中でも特に人気のお店は「名入れグッズ」や「メッセージを入れられるグッズ」を販売しているお店です。

名入れ商品は実は記念日には適しています、還暦の方の名前を入れることにより世界に一つだけの商品ができあがるのです。

還暦にメッセージ入りギフトの注文

またメッセージも、商品の注文をする時に文字を入力する事で業者に伝わりますので、いちいち打ち合わせをする必要もありません。

そして特に今人気なのが「名前の入ったポエム」です。こちらも良く還暦祝いをする方が注文しています。

その名前入りのポエムは、プロによって作られますので完成度の高いものに仕上がりますし、もしもう少しこうしてほしい、など修正があれば何度でも修正OKというお店も多いです。

他にもオリジナルと言えば似顔絵の入った商品を扱っているお店もあり人気です。

ラッピングサービス

人気店の方が同じような商品でもバリエーションが豊富ですし選ぶ楽しみもあります。また還暦の方と言っても色々な趣味の方がいますのでどのような方にも対応できるのがいいところです。

複数の人と連盟で商品を決める場合には商品の説明サイトへのリンクを送ればいいですし簡単に打ち合わせできるのも魅力です。

あとラッピングやメッセージカードのサービス、さらに熨斗などにも対応してくれますのでおしゃれにプレゼントを演出できるのもいいところです。

やはり、どういったものをプレゼントしていいかわからない場合は、人気のお店や人気の商品というものを探すと、よりよい物を選ぶことができますよね。

還暦というお祝いも一生に一度しかない特別なイベントですので、人気のお店で、世界一のプレゼントを選んであげてください。


還暦のお祝い贈り物

還暦に形の残る贈り物

還暦をお祝いしようと家族や親戚と連絡を取りちゃくちゃくと準備は進んでいる。だけど、贈り物がなかなか決まらない・・そんな方に今日は還暦の贈り物の選び方について話していきたいと思います。

さて、還暦祝いの贈り物をどうしようかと考えた時、大きく分けて二種類の中から選ぶことが出来るでしょう。

一つ目は形として残る還暦祝いです。

例えば赤いちゃんちゃんこや赤いスカーフなどの衣類、マグカップや名入れグラス、似顔絵入りのお祝いボードなど、普段使いできるものから記念品として飾ることが出来るものなど、様々な贈り物があります。

これらはいつまでも形に残るため、還暦祝いの時だけでなくその後もずっと目で見て、使って楽しめるというメリットがあります

しかし、一方で贈り物として気に入られなかった場合は、貰った側が扱いに困るというデメリットもあるでしょう。

ちなみに赤い記念日として、最近赤い下着というものもあるようですが、そういう下着も含め万人受けしないようなギフトは、好き嫌い分かれるので贈らないのが無難でしょう。

還暦に形には残らないお祝い

二つ目は食べ物や飲み物など、一般的に消えモノと呼ばれる種類の還暦祝いです。

レストランでの食事やお取り寄せ商品などがラインナップされたカタログギフトなどもこの部類に入ります。

こちらは食べたり飲んだりすればすぐに無くなるため、飾る場所や収納などに気を使わないというメリットがあり、お腹も満たすことが出来ると一石二鳥です。

その一方で、美味しいものを食べることができたという思い出はできても、形として何も残らないのは寂しいと感じるケースもあるでしょう。

このような場合、どちらの種類を選ぶのかは還暦を迎える人の性格を考慮しながら選ぶことが重要です。

特に今は趣味も多く日々アクティブに過ごしている還暦世代の方が多いというのもあり、その方の生活状況なども加味するとよいでしょう。

また、還暦祝いのプレゼントに加えて手紙や写真、花などを添えてみると両方のデメリットを軽減することが出来るため、是非一手間かけるのがおすすめです。

人生で一度しかない記念のお祝いとなる還暦祝いであるため、皆さん前もって充分な準備をしておくことをおすすめします。

そしてお祝いを行う日についても、家族が総出で集まれて、大安や誕生日などおめでたい日を選ぶと良いでしょう。

これらを参考にしてぜひ集まった方みんなが笑顔になるような素敵な還暦祝いを開いてあげてください。