「 還暦祝い 」一覧

還暦祝いに贈ったメッセージ

還暦に贈る言葉

年祝いの慣例の中でも、還暦とは60歳のお祝いのことを指しています。年祝いというものがそもそも長寿のお祝いのことを指すため、昔から還暦についても長寿のお祝いとして祝われていました。

しかし、年祝いが庶民に広がった江戸時代前後と今の世の中では社会が全くかわってしまいました。

当時は平均寿命が50歳ともいわれており、60歳という年齢は間違いなく「長寿」という年齢でしたが、今は平均寿命が80歳を超えていますので、60歳というとまだまだこれから、というイメージです。

当然気持ち的にも見た目的にも若々しい方が多く、60歳を迎えた方のあたまにも自分が高齢者だという意識は全くありません。

そういうことから、現在ではこれまでの健康を祝うのと同時に、今後の長寿を願うためのお祝いとして、贈り物をしたりメッセージを贈るなどのお祝いをするのが一般的となっています。

そんな還暦祝いには色々な種類があります。昔は赤いちゃんちゃんこや赤い座布団などを贈るのが通例でしたが、今はそれらが「老い」を感じるというイメージを持つ方もいるため、一般的ではなくなっています。

そこで今回筆者がおすすめしたいのが、特に家族からもらって嬉しいと言われているメッセージカードになります。

メッセージカードといえば、単品で贈ると言うよりも何らかの贈り物に添える形でプレゼントされる事が多いのですが、これまでの感謝とともに今後も長生きしてほしいと言う願いがこめられたメッセージカードはどのような贈り物よりも一番喜ばれることが多いようです。

プレゼントに添えるメッセージカード

還暦に感謝を伝える言葉

では還暦祝いに贈るメッセージカードには何らかの形式があるのかというとそうではなく、基本的にはどのようなメッセージを添えてもいいですしカードとして利用するものも自由に決めることができます。

最近では贈り物に添えるカードとして業者側が用意しているものも多いのですがやはり一番喜ばれるのは手書きのメッセージですし、素直な感謝の言葉を添えるだけでも十分お祝いの気持ちがこめられています。

そんなメッセージの中でも特に書かれることが多いのが「これからも元気でね」「夫婦仲良くね」「これからは・・・」などの内容であり、両親や祖父母だけではなく会社の上司や取引先などに添えるメッセージカードにも利用することができる形式として人気が有ります。

いずれのメッセージを添える場合でも、感謝の気持ちを忘れない事が大切です。


還暦祝いとは

還暦のお祝いについて

昔から伝わる長寿のお祝いの中でも一番知名度があるのが「還暦」のお祝いですよね。還暦とは、干支が一巡し、起算点となった年の干支に戻ることをいいます。

ちなみに、干支とは「十干十二支(じっかんじゅうにし)」のことを指しており、10種類の「干(甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸)」と、12種類の「支(子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥)」による60種類の組み合わせのことを言います。

本来、数え年61歳(生まれ年に60を加えた年)を指しますが、現在では、数え年に代わって満年齢を 用いることが多くなったため、数え年61歳に代わって満60歳を還暦とする考え方が一般的ですので、 還暦祝いは満60歳の誕生日を中心に行なわれることが多くなっています。

別名『本卦還り(ほんけがえり)』や『華甲』ともいわれています。

還暦の贈り物

還暦の贈り物について

日本における還暦の祝いでは、赤色がお祝いのメインカラーとなっていますので、それを用い本人に赤色の頭巾やちゃんちゃんこなどの衣服を贈るという習慣があります。

赤色には、かつて魔除けの意味で産着に赤色が使われていたため、生まれた時に帰るという意味がこめられています。

また、赤色には情熱の赤など良い印象がありますので、還暦のお祝いにぴったりの色といえます。

ただ、昔と違って今の60歳は驚くほど若い方が多いです。ちょっと話がずれますが、髪も白髪をそのままにしている方は少なく、多くの方が定期的に白髪染めなどをしてらっしゃるので、4,50歳代に見えるなんて方も少なくありません。

ご本人の気持ち的にもまだまだ自分は高齢者ではないという意識で過ごしている方ばかりなので、そういう方に赤いちゃんちゃんこを贈るというのも、ちょっと違和感があるようにも思います。

ですので、最近ではちゃんちゃんこや頭巾にこだわらず、赤色の小物やお酒、旅行をプレゼントするかたも増えているようですね。

要するに赤いものを取り入れつつ、ご本人の生活状況や意向を尊重して、よりふさわしいプレゼントを贈るというのが一般的な考えとなってきています。

そして、還暦のお祝いを行う主旨についても、昔の「長寿を祝う」という意味合いよりは、「これからも今のまま若々しく元気で健康でいてほしい」という気持ちを込めたお祝いに変化しています。

よって、プレゼントにしてもより若々しくなれるような老いを感じさせないギフトが喜ばれる傾向にあります。


想い出に残る還暦祝いを贈ろう

心に残る還暦祝い

干支に還る意味から赤いちゃんちゃんこを身につけ、お祝いする事で知られている長寿のお祝い、還暦。

最近は継続雇用制度や定年延長などでまだまだ現役の年代なので、現代の還暦祝いのイメージは仕事や人生に対して様々な経験や苦労をされてきたことに対しての敬意や感謝をし、ますます健康で活躍をされることを祈る祝いの印象が強いです。

日本には様々な長寿の祝いがあり、数え年でお祝いをされることが多いのですが、還暦祝いは満年齢で行いますのでそこは注意が必要です。

祝いを行う日は、誕生日が最適ですが、無理ならば家族や親族が集まりやすい誕生日の週末が最適です。

還暦のプレゼント選びの注意点

還暦に健康管理グッズ

さて、還暦を象徴する色とされているのが赤色となっています。

赤い花でアレンジした花束や赤色のマフラーなどが定番とされていますが、現代の60歳はまだまだ現役で健康的な方が多いです。

なので、高齢者をイメージさせてしまうプレゼントを嫌がる方もいらっしゃいます。

昔からの定番ギフトである「赤いちゃんちゃんこ」も、今の60歳の方にとっては老いを感じさせるものになりえる場合もあります。そういう点についても注意が必要です。

還暦によく贈られるプレゼントについて

一方この世代の方は、健康にも人一倍気を使われている方が多いので、スポーツサイクルや体脂肪計がついた体重計や歩数計などがお祝いの品として支持されています。

昔の還暦のイメージから現代の還暦のイメージは大きく変わっていますので、家族や親族としてのお祝いの意味も長寿祝いから日頃の感謝の気持ちを贈る日に変わっています。

ですので、思い出に残るものを贈る方も多くなっています。

世界に1つしかないオーダーギフトやサプライズの食事会なども思い出に残りますので、還暦祝いで使用されている方も多くいます。

オーダーギフト・オリジナルギフトとして人気があるのは、似顔絵・メッセージ入りの時計、似顔絵・名前の詩、名入れ酒が定番です。

似顔絵・メッセージがはいった時計などは日常使いできるアイテムですし、目立つ場所に置いておけば、友達などが来た場合にも会話のタネになりなったり、いつも見ることで元気をもらえるアイテムになりえますよね。

お酒が好きな方には名入れ酒というのも一つの選択肢に入るでしょう。

ラベルに名前やメッセージを入れることができる特別なお酒。きっとご本人も満足して頂けて思い出に残るお祝いになるにちがいありません。


還暦祝いの人気店

還暦祝いの人気店

60歳になると、還暦という人生の節目として、長寿のお祝いをするのがしきたりとなっています。

昔から家族や親戚、親しい友人などが集まり、食事会などを開きその際赤いちゃんちゃんこなどのプレゼントを渡すのが一般的になっています。

ただ、赤いちゃんちゃんこという品物が、現代の60歳にとって相応しくない場合もあり、その他に良いプレゼントがないかインターネットで探している方も多いようです。

そこで、還暦祝いの人気店というものはあるのでしょうか?答えはYESです!

記念日のギフトを専門的に扱っているお店は有りますが、現在そのほとんどはネットショップになっています

扱っている品はかなり多いですので還暦を迎える方にピッタリのものが見つかるでしょう。

このようなお店は沢山ありますが、その中でも特に人気のお店は「名入れグッズ」や「メッセージを入れられるグッズ」を販売しているお店です。

名入れ商品は実は記念日には適しています、還暦の方の名前を入れることにより世界に一つだけの商品ができあがるのです。

還暦にメッセージ入りギフトの注文

またメッセージも、商品の注文をする時に文字を入力する事で業者に伝わりますので、いちいち打ち合わせをする必要もありません。

そして特に今人気なのが「名前の入ったポエム」です。こちらも良く還暦祝いをする方が注文しています。

その名前入りのポエムは、プロによって作られますので完成度の高いものに仕上がりますし、もしもう少しこうしてほしい、など修正があれば何度でも修正OKというお店も多いです。

他にもオリジナルと言えば似顔絵の入った商品を扱っているお店もあり人気です。

ラッピングサービス

人気店の方が同じような商品でもバリエーションが豊富ですし選ぶ楽しみもあります。また還暦の方と言っても色々な趣味の方がいますのでどのような方にも対応できるのがいいところです。

複数の人と連盟で商品を決める場合には商品の説明サイトへのリンクを送ればいいですし簡単に打ち合わせできるのも魅力です。

あとラッピングやメッセージカードのサービス、さらに熨斗などにも対応してくれますのでおしゃれにプレゼントを演出できるのもいいところです。

やはり、どういったものをプレゼントしていいかわからない場合は、人気のお店や人気の商品というものを探すと、よりよい物を選ぶことができますよね。

還暦というお祝いも一生に一度しかない特別なイベントですので、人気のお店で、世界一のプレゼントを選んであげてください。


還暦祝い

還暦と定年

日本には「年祝い」というものがあります。これは、60歳の還暦から始まり、70歳の古希、77歳の喜寿、80歳歳の傘寿、88歳の米寿、90歳の卒寿、99歳の白寿、100歳の紀寿(百寿)と続く長寿祝いです。

これらのほとんどが中国から伝わったものとされていますが、何より昔は50歳まで生きれたら大満足、というくらい平均寿命が短かったようですね。

それを考えると、今は人生80年、平均寿命は80歳を超え、三大疾病と呼ばれるがん・急性心筋梗塞・脳卒中でも早期発見で完治したり、その後の人生への影響を最小限に抑えたりできるなど、医療技術や薬も大分進歩しました。

それだけ現代社会は長く生きることができる環境が整っていますので、なんと100歳以上の高齢者の方は、全国で6万7824人もいるということです。(2017年調べ)ちなみに1963年は153人だったそうです。

さて話がそれましたが、そういった社会背景がありますので、昨今「還暦」というお祝いについては、「長寿」を祝うのではなく「第二の人生をよりよいものにしてさらに輝いてほしい」という願いを込めたお祝いに変化しつつあります。

また本来、還暦は数え年61歳の事を指しましたが、最近では満60歳を還暦とする考え方が一般的になってきています。

還暦に赤色の小物をプレゼント

その還暦のお祝いには、本人に赤色の頭巾やちゃんちゃんこや赤い頭巾などを贈る習慣があります。

還暦=赤というイメージはかなり強いと思いますが、この習慣はかつては魔除けの意味で産着に 赤色が使われていたため、生まれた時に帰るという意味があるようです。

また、赤色には情熱の赤など良い印象がありますので、 還暦のお祝いにぴったりの色といえます。最近ではちゃんちゃんこや頭巾にこだわらず、赤色の小物やお酒、 旅行をプレゼントするかたも増えているようです。

その中でも特におすすめしたいのが名入れ酒です。特にお酒好きな男性の方にはぴったりなギフトです。

この商品は、日本酒や焼酎・ワインなどの瓶のラベルに、還暦をお祝いする方の名前の他、希望のメッセージをプリントできるもので、世界にたった一つだけの還暦祝いにふさわしいお酒をプレゼントできます。

またその瓶はもちろん赤い瓶で、包装もきれいな赤い高級風呂敷を使ってくれたりするお店もあります。

さらに、自分が生まれた日・年の新聞が付いている商品もあったりしますので、そういう新聞があると家族や親戚みんなでお祝いする際にも会話に花が咲くでしょう。


還暦祝いのランキングで第一位

還暦祝いの食事会

今の時代、60歳まで生きることができるのは当たり前のことになっています。さらには60歳ではまだ若く、これから充実した生活を送ることができるという時期でもあるのです。

日本においては、60歳を一つの区切りとして考えて、退職のお祝いや還暦としてのお祝いをしたりするような習慣があるのです。

還暦というと、家族や親せきなどで今までの感謝の気持ちをこめたり、長寿を祝う気持ちで、還暦祝いをしていったりするものです

再び赤ちゃんに戻り、第二の人生を始めるといった意味もあって、赤いものを身に付ける習慣もあります。

食事会をしたりして、みんなでお祝いをするのですが、その際にはプレゼントを贈ったりするものです。

人気の還暦祝いギフト

還暦祝いギフトランキング1位

そんな還暦祝いのプレゼントを贈る際には、相手が喜ぶようなものを選びたいものです。そこでおすすめのギフトでランキングが一位の商品について、ご紹介しましょう。

最近の人気はオリジナルの記念品になります。具体的にはオリジナルのメッセージが入っていたりするような飾り物です

お祝いの言葉や印象に残る言葉を額面に表すものが人気なのです。特に商品名としては「名前詩・ネームインポエム」などと呼ばれるものが支持されています。

こちらは、ご本人の名前を入れた詩(ポエム)をプロにお願いして作ってもらえる、というものです。

例えばですが、山田という苗字であれば、「や・・(やさしさや)」「ま・・(まじめさ)」「だ・・(だれからも愛される)」など名前の一文字一文字を入れ込んだ詩は、サプライズ演出&スペシャル感満載です。

文章だけでなく似顔絵も入れることができたり、それを時計の置物にしたり掛け軸にしたり、陶器に刻むことも可能です。(できないお店もあるかもしれないので、HPでよくご確認ください)

予算としても、1万円程度で注文をすることができたりするので、あまり予算をかけられないという方にもおすすめです。

他にも形が残らない旅行やご本人が好きな料理をプレゼントできるカタログギフトなどありますが、やっぱり60歳のお祝いをしてもらったという思い出を、ずっと残るものとしてプレゼントするのも記念になるのではないでしょうか。

このように、還暦祝いとして人気があるプレゼントとしては、世界にたった一つだけのオリジナルの贈り物が真っ先に挙げられます。

もちろんこの他にも様々な種類のギフトが存在しますが、ご本人に一番合うものを選んでよりよいお祝いにしてあげてください。


還暦に伝えたい日頃の感謝を日本酒のメッセージラベルに添えて

還暦にメッセージラベル付き日本酒を贈る

長寿のお祝いにもいろいろありますが、中でも還暦というと一番有名ですし、盛大にお祝いしてあげる家庭も多いようです。

その還暦のお祝いをする際、何かプレゼントする場合は、日頃の感謝の気持ちをきちんと伝えることで、よりいっそう喜んでもらえます。

なかなか普段、感謝の気持ちを言葉にするのは恥ずかしいですし、チャンスもないものです。

そんな人でも、還暦祝いを贈るときは、感謝の気持ちを両親に伝える大きなチャンスです

両親が喜んでくれるものを還暦祝いの品としてプレゼントをして、感謝の気持ちも一緒に伝えることが大切になります。

還暦祝いのプレゼントにおすすめで人気があるのは、お酒です。特にお酒好きな方にはどんぴしゃなギフトになりますね。

しかしお酒といってもどこでも買えるようなお酒ではなく、名入れ酒というものをご存知でしょうか。

これは、日本酒や焼酎・ワインなどのお酒のラベルに、日頃の感謝の気持ちを刻印するものです。

メッセージラベルを日本酒につけるだけで、特別感を感じてもらうことができます。お酒が好きな両親にとって、お酒のプレゼントは最高に嬉しいものです。

還暦を家族でお祝い

そんなお酒に、メッセージラベルがついていて、「感謝を込めて」「いつもありがとう」「これからも輝いて」「いつまでも元気で」など感動的なことが書いてあると喜びも何倍にもなるものです。

感謝の気持ちは、照れくさくて言えないものですが、還暦のお祝いのときはチャンスなのです。

その際、家族みんながそろって、一緒にお祝いをすることでとても喜んでもらえます。還暦祝いのプレゼントを渡すときに、一緒に日頃の感謝の気持ちを伝えるのです

60年間のありがとうの気持ちを、後悔することなく伝えます。両親はとても喜んでくれますし、家族みんなが幸せな気持ちになることができます。

また、お祝いを企画する際は、一般的にパーティーなどを開く場合と同じ順序で進めていくとよいでしょう。

人数や日程などを定めたり、自宅にするか外食にするか、などの会場決め等かなりいろいろな準備が必要になりますので、前もって十分な時間を確保しておきましょう。

還暦祝いは、一生に一回しかありません。幸せな日にできるように、みんなで協力して計画を立てることが大事になります。

名入れ酒などの特別なプレゼントと、家族みんなが集まって開く還暦祝いの会。今回ご紹介した内容を参考にして、ぜひ笑顔あふれる素敵なお祝いにしてくださいね。


還暦祝いについて

還暦と退職と

60歳を定年としている会社も多いことから、還暦祝いと同時に退職、という方も多いかと思います。

もしその後同じ会社で再任用、などということがあったとしても、60歳還暦という節目には、一度きちんとお疲れ様を言ってあげたいものですね。

そんな時には電報で、メッセージをプレゼントするのはいかがでしょうか

電報はなかなか打つ機会がないものですが、お手紙よりも文章も短く、簡単でよくて、本のようなデザインなので見映えもするのです。そして今は多種多様な電報があります。

昔ながらの日本風なものとしては、押し花や刺繍、うるし箱の電報でしょうか。また、ただただ見開きでメッセージが書いてあるもの、開けたら立体的な風景が飛び出てくるデコレーションが凝ったもの。

さらに、ぬいぐるみやキャラクターが電報を抱えているような立体物もあり、このぬいぐるみがおしゃべりする物なんかもありますよ。

プレゼントの定番と言えるお花も、プリザーブドフラワーを使ったものや、ソープフラワーなど華やかなものが多いです。

中にはバルーン電報といって、大きなバルーンがついてくるものまであるので、送る方も選ぶのが楽しい仕様になっています。

還暦祝いに電報を

これらの電報は、メッセージの種類も豊富で、金銭的にも負担が少ないのが魅力です。

また日付も指定して送ることができ、凝った物でなければ最短1日で手配が済んだりと、とにかくお手軽なところもいいところ。

見開きのシンプルな物ならば、荷物の多い最終日でもかさばりませんので安心して贈れます

改まってお礼の言葉を贈るなんて恥ずかしいと思うかもしれませんが、暖かいお疲れさまとありがとうの感謝の気持ちは何よりの贈り物。

電報だけではちょっと物足りないから還暦祝いはまた別で贈り物をする、という方にも、まずは退職日当時にメッセージをプレゼントして労ってもらえたら、還暦まで働いたかいがあった、と思ってもらえること請け合いです。

ちなみに、電報とセットにして渡すギフトとしても、やはり”オリジナル感”を出せる「名入れギフト」が一押しになります。

今は「名入れギフト」と言ってもかなりいろいろなものが存在しますが、「名前ポエム、名入れ酒、名入れ湯呑などの陶器類」などが定番でしょう。

どんなものをプレゼントしたとしても、やはり一番大事なのは気持ちです。

還暦のお祝いには心のこもったギフトをあげて、退職日を華々しく飾ってお祝いしてはいかがでしょうか。


還暦のお祝いを家族が一緒に祝うために

家族で還暦を祝う

これまでどんな時でも近くで見守り、支えてきてくれた大切な両親。

そんな両親に感謝の気持ちをこめ、60歳の還暦のお祝いをしたい場合に、どんな品物をプレゼントすればいいのか、迷ったり悩んだりする方が多いです。

そういった場合は、どういった形でお祝いをするかをイメージすると、プレゼントを選びやすくなって良いものです。

例えば、夫婦で仲良くお祝いの時間を過ごしてもらいたいという時や、家族みんなでお祝いして幸せな時間を過ごしたいと思った時には、それ相応のアイテムというのがあるものです。

筆者が特におすすめしたいのは、焼酎サーバーです。

焼酎サーバーは、家族みんながお酒を飲む家庭であれば、とても喜んでもらえるギフトになりえますし、渡した瞬間から盛り上がってもらえること請け合いです

ちなみに、この焼酎サーバーですが、今販売されているものは実用性だけでなく質にもしっかりとこだわっているのが注目どころです。

有田焼や信楽焼でつくられているだけでなく、高級化粧箱も付きますから、還暦のお祝いのプレゼントにはピッタリの逸品と言えるでしょう。

還暦の贈り物に焼酎サーバー

また、特別感を演出することも忘れておらず、大きく目立つように名前や言葉を入れることができる商品まであります。

今長寿祝いのギフトの定番となりつつあるのが、「名入れギフト」ですので、名入れできるというのはかなり大きなポイントになります。

これは、祝還暦、感謝、絆、○○(ご本人の名前)の酒、などといったオリジナルのメッセージで彫刻可能となっていますので、かなり味わい深い物にできると言えます。

ちなみに、この焼酎サーバーにプラスして、湯のみが2客付いているところもあるのですが、これにも彫刻を入れてもらうことができるので、かなり気の利いたセット商品ですよね。

毎日特別な想いを込めたメッセージを眺めながら、夫婦そろって使っていく、というのも素敵なものです。

焼酎サーバーですから、還暦のお祝いで食事を用意した時に、一緒に使うこともできて、食卓が華やかになって良いものです

最後に、焼酎サーバーは一般的なものだと5,000円~20,000円前後の価格帯のものが多く流通していますが、中にはたぬきやふくろうの形のサーバーなどもあり、いろいろと比較されるのをおすすめします。

とにもかくにも、こういった幅広く配慮が行き届いている還暦のお祝いを用意することができれば、一生の思い出になることでしょう。ぜひ参考にしてみてください。


還暦祝いでのプレゼントの選び方

還暦ギフトの選び方

日頃お世話になっているお父さん、お母さん。

毎年母の日や父の日に、感謝の気持ちをこめてプレゼントをおくるという人も多いのではないでしょうか。

そして、両親に感謝の気持ちを伝える機会というのは、そういった母の日、父の日などのイベントの他に、還暦という年祝いがあります。

本来還暦というと「長寿のお祝い」の一つという意味合いがありますが、昨今は「こんなに長く生きてくれてありがとう」というものではなく、第二の人生をスタートするための一つの節目として、今後も若く元気に過ごせるよう願ってお祝いされることが多くなっています。

そんな還暦のお祝いですが、プレゼントを渡す場合には、たとえ身内だとしてもどういった物にすれば良いか、選び方に頭を悩ませてしまうこともあるでしょう。

プレゼントというのは、自分がおくりたい物にするという選び方もありますが、おくる相手が欲しがっている物にするという選び方もあり、こういった選び方をすると決めやすくなるものです。

ここから、ちょっとした例をあげてプレゼント選びの参考になるような話をしていきたいと思います。

還暦ギフトとゴルフグッズ

例えば、ゴルフが大好きで自分でもプレーする、という父親の還暦祝いのプレゼントを用意するとします。

その場合は、もちろんゴルフ関連のグッズを用意すると喜んでもらえることでしょう。

ただし、普通にゴルフ用品店でグッズを買ってきたのでは芸がありません。そこで活用したいのが、オーダーメイドのゴルフグローブです。

オーダーメイドというと本格的な響きがして面倒なイメージを抱く人もいるでしょうが、ネット通販でギフト券を購入して、自宅で採寸後に発送すれば、職人が制作してくれますから、誰でも気軽に利用できるものです。

還暦にイニシャル入りのプレゼント

なお、このグローブはイニシャルを入れることができるのが大きな特徴で、これであれば自分のイニシャル入りの特別なグローブですので、愛着を持って使い続けていくことができるでしょう

ちなみに、このオーダーメイドのグローブは、オーダーメイドと名がつくことからも想像できる通り、出来上がりまで時間がかかり、採寸後の発送から一ヶ月ぐらいかかって送られてくるので、結構待つことにはなります。

しかし、待っている間の時間もわくわくして楽しいものですよね。届いたグローブをすぐに使えるよう、次のプレーの予定を立てながら待つ時間と言うのも楽しいでしょう。

還暦のお祝いというのは一生に一度ですし、仕事を退職するなど人生の中でも大切な節目になります。ぜひよりふさわしいプレゼントを選びお祝いしてあげてください。


母の還暦祝いに贈っていいものといけないもの

母親への還暦祝い

みなさんの中には、お母さんが今年や来年に還暦を迎える、という方もいますよね。

いつも感謝の気持ちをもって母の日・父の日にはプレゼントをあげたり、もちろん還暦についても家族みんなで盛大にお祝いしてあげようと思っている方もいると思います。

そのほか、遠方に住んでいたりして、日頃からなかなか感謝の言葉や記念日をお祝いできないけど、還暦は何かしらきちんとしたお祝いをしてあげたいという方もいらっしゃるでしょう。

ただ、いつも母親に対して感謝の気持ちは感じているけどなかなかそれを伝えていない、そんな方にその気持ちを伝えるタイミングのひとつとして利用されているのが還暦祝いです。

一般的にイメージされやすい母の日では、普段の感謝の気持ちを伝える事ができますが、還暦祝いの場合はそれにプラスしてこれからの健康を願うことやそれまでにお世話になったことに対しての深い感謝の気持ちを伝える事ができるので、できる限り失敗のないようにお祝いをしたいところです。

ですが、お祝いにつきものの「プレゼント」。母親への還暦祝いにはどのようなものを贈ればいいのか。これが悩みのタネですよね。

この問題については、まず本人が一番ほしいと思っているものをリサーチする事、で対処が可能です。

母親の還暦祝いにはリサーチが重要

還暦ギフトには控えたい老眼鏡

やはりせっかくいろいろと考えて贈るのですから、喜んでもらえるものを贈りたいというのが人情です。

そこで、母親の還暦祝いギフトでは、変にサプライズを狙うよりも本人に直接確認することが大事になります。

きちんと確認することで、母親の気持ちもしっかり汲むこともできるので重要なポイントですよ。

それでも内緒で、サプライズでお祝いをしてあげた方が喜びも大きいのでは?と思う方は、普段の様子からリサーチするようにして、何か旅行を計画しているなどの場合は、行きたい場所や誰と行くのかを確認しながら贈り物を検討することがお勧めです。

また、逆に還暦祝いに贈ってはいけないものというものもあります。

それは老眼鏡や補聴器などのアイテムです。これらは、高額だからと選びそうになるのですが、老人扱いされたと考える人が多いので避けた方がいいといわれています。

また、マナーの方面ですが、一般的に贈り物として定番のお茶は、香典返しなどの弔事によく用いられるためという意味で避けられていますし、踏みつけると言う事を連想させる履物も贈らない事がマナーだと言われています。


還暦から始まる新しい人生の門出を祝って

還暦に家族親戚でホームパーティー

平均寿命が延びている関係で、お母さん、お父さん、おじいちゃん、おばあちゃんに長寿のお祝いをするという機会も増えています。

ただその長寿のお祝いといってもいろいろ種類があります。中でも数え歳で60歳を祝う還暦祝いは人生でも大きな節目になることから、どの家庭でもこのお祝いは必ず行うというところも多いのではないでしょうか。

中には、家族や兄弟、子だけでなく、孫などからお祝いをしてもらう人も多いでしょう

しかし最初に少しふれた通り、昨今男女とも平均寿命が80歳を超えたので60歳といっても珍しくはなく、特別還暦だからといって派手なお祝いをしない人も増えているようです。

ただ、人生を60年生きたことを祝うのは無駄なことではありません。

還暦で新しい人生の門出にふさわしいもの

還暦は人生の節目

生まれた12干支が一回りするタイミングは、人生の大きな節目となります。

しかも現在、会社は定年年齢が60歳から65歳に延長している会社も増えていますが、まだまだ60歳定年の会社が多く、定年退職を迎える人も多くいます。

その他サラリーマン生活を止める人や、新しい勤務先に務める人など新たな人生をスタートさせる節目でもあることから、日本で古くから伝わる長寿のお祝い「還暦」はとても大事なことなのです。

そこで、このタイミングでお奨めしたいのが健康診断の受診なんです。

これまでの人生の体力的な負担や負荷を点検し、これから活動を始める自らの体の状態を知るために健診を受けることはとても必要です。

またこれは周りでささえてくれている大事な家族のためでもあります。

早め早めの行動で健康診断を受け、その際もし何らかの病状が見つかったとしても、早期に手当てが可能となります。

還暦の節目に健康診断

新しい人生の門出となる時に、身も心もリフレッシュしてスタートを切ることが出来れば、有意義な第二の人生を過ごすことができます

60歳は、体力的にも精神的にもまだまだ「余生」を考える歳ではありません。今まで経験しなかったことや、したくても出来なかったことなどに挑戦できます。たくさんの可能性が見えてきます。

想像してみてください。今まで行けなかったところに行って楽しんでいる自分。やりたくてもやる時間がなかった趣味に没頭している自分。これから先の明るい未来を想像すると本当に心がワクワクしますよね。

還暦祝いはまずは自分自身にこれまでの人生に「お疲れさま」とねぎらって、これから何をやるか考える時間を持ってみてください。


還暦を祝う気持ちが大切

還暦祝いは気持ちが大切

みなさんも自分の両親や祖父母がこれから還暦を迎えるという方もいらっしゃると思いますが、そのお祝いをする際に大事なのは、「本当の意味で還暦をお祝いする」という気持ちです。

還暦祝いは、確かに人生の節目で大事なお祝いでもあります。しかし、心の片隅に習慣としてお祝いしなければいけない、という気持ちを持って祝っている場合はぜひ注意してください。

兄弟などに声をかけてお祝いする方もいますが、乗り気でない兄弟に強制的にお金を払わせ、時間のない人に無理にスケジュールの都合をつけさせてお祝いすることには全く意味がありません。

そうなると、本来のお祝いの意味合いは弱まってしまいます。しなければいけないというのではなく、お祝いしたいという気持ちを持つようにしてください。

ですので、還暦祝いにかけるお金も決して無理をする必要はありませんし、プレゼントも決して豪華なものを贈る必要はないのです。

気持ちが前提にあってのお祝いやプレゼントですので、それぞれの家庭でお祝いの規模や内容は違ったとしても、それぞれ自分達のできる範囲内でやってあげることが大事なのです。

無理に我慢して義務感のようにお祝いをされたところで、お祝いの主も喜びはしません

本当に心の底からお祝いをすれば、お祝いの主も喜んでくれるでしょうし、実際それは言葉にせずとも伝わるものだと思います。

そして遠くにいる子供も集まって家族全員が揃うということも、お祝いされる側にとって非常に嬉しい要素になります。

子供が成人して県外に出ていくと、なかなか家族全員がそろう機会は少なくなりがちですが、みんなが自分をお祝いするために集まってくれた、そのみんなの気持ちが何より嬉しいのです。

とにかく「しなけらばならない」という義務感は排除し、こうしてあげたらきっと喜んでくれて笑顔になってくれるだろうな、とお祝いされる方の笑みを想像して、還暦をお祝いしてあげてください。

還暦を素晴らしい思い出にするために

還暦をいい思い出に

そして、逆に還暦を迎える側にも心得ておかなければいけないことがあります。それは「決してお祝いを催促しないこと」です。

そろそろ還暦であるにも関わらず何もお祝いの申し出がないと不安になるかもしれませんが、実はサプライズをしている可能性もあります。

その時に催促してしまいますと、言われたほうもお祝いをした満足感を得られなくなりますし、お祝いの主も無理やりお祝いさせたという気持ちになりますのであまり思い出にならないでしょう。

心のこもったお祝いをして一生の素晴らしい思い出にしてください