「 還暦祝い 」一覧

還暦祝いの人気店

還暦ギフトの人気店

還暦は、日本にある長寿のお祝いの中でもダントツで知名度No1のお祝いですので、一般的な家庭ならば必ず家族でお祝いするというところがほとんどではないでしょうか。

その還暦のお祝いですが、今は赤いちゃんちゃんこが敬遠される傾向にあるので、どんなものをプレゼントしたらいいんだろうと悩む、という話をよく聞きます。

そこで、今回は還暦祝いのギフト選びに悩む方に、最近の人気商品、人気店について紹介していきます。

さて、還暦祝いの人気店はあるのかということですが、答えは「全然ある!」と言えます。

ただ、記念日のギフトを専門的に扱っているお店は有るのですが、そのほとんどはネットショップになります。

ネットショップということで、扱っている商品はかなり多いです。ですので、様々な選択肢から還暦を迎える方にピッタリのものが見つかるでしょう。

とにかくギフトの専門ショップは沢山あるのですが、その中でも特に人気のお店は、「名入れグッズやメッセージを入れられるグッズを販売しているお店」です。

名入れ商品は、実は記念日には適しています。還暦の方の名前を入れることにより世界に一つだけの商品ができあがるのです。

また、メッセージも商品の注文をする時に文字を入力する事で業者に伝わりますので、いちいち打ち合わせをする必要もありません。

今人気の還暦祝いのプレゼントとは?

還暦祝いに人気の品

今人気なのが名前の入ったポエムです。こちらも良く還暦祝いをする方が注文しています。

ポエム(詩)は、プロによって作られますので、当たり前ですが自分たち素人が作るよりかは、かなりハイレベルといいますか、完成度の高いものに仕上がります。

他にもオリジナルと言えば似顔絵の入った商品を扱っているお店もあり人気です。

そしていうまでもなく、人気店の方が実績が豊富ですし、同じような商品でもバリエーションも豊富です。

種類が多いと選ぶ楽しみもありますよね。また還暦の方と言っても色々な趣味の方がいますので、どのような方にも対応できるのがいいところです。

還暦プレゼントのラッピングサービス

複数の人と連盟で商品を決める場合には、商品の説明サイトへのリンクを送ればいいですし、簡単に打ち合わせできるのも魅力です。

あとラッピングやメッセージカードのサービス、さらに熨斗などにも対応してくれますので、おしゃれにプレゼントを演出できるのもいいところです。

いかがでしたでしょうか。ぜひ人気のお店で世界一のプレゼントを選んでみてくださいね。


名入れボトルと記念日新聞は還暦サプライズができる

還暦のサプライズに記念日新聞

普段の誕生日のお祝いとは違って、還暦のお祝いというとやっぱり特別な意味合いがありますし、家族全員でお金を出し合って記念になるようなプレゼントを用意したいと考える方も多いと思います。

そんな還暦祝いサプライズをしたいと思う方におすすめなのが、まず「記念日新聞」です

記念新聞と言えば誕生日新聞が有名ですが、これは自分の生まれた日の新聞に、きちんと表紙を付けてもらえるというサービスになります。

ただ、この新聞の日付は、決して誕生日でなければいけないというわけではありません。

他にも、ご自身が結婚された日でもいいでしょうし、入学の日や就職した日などもおすすめですし、思い入れのある好きな日を指定できますよ。

1つだけでなく、複数の記念日をセットにして贈ると驚かれるでしょう。サプライズというのがお祝いの大事な要素ですからね。

還暦を迎える特別な日に、同じく人生の節目となった生まれた日や結婚記念日などの記念日の新聞が読めるなんて、すごく貴重ですし、かなり喜ばれるプレゼントになりえます。

還暦に名入れボトル

あと、新聞だけでなく「名入れボトル」もおすすめの贈り物になります。これは、還暦を迎える方の名前やメッセージが入ったラベルを張り付けたボトル入りのお酒です。

今は、ネットでパパっとプレゼントを探したり購入したりする人も多いと思いますが、もちろんこちらもネットで簡単に注文できます。

名入れと言っても、購入する側の作業としたら、ネット上で名前を入力するだけ。数日後には届けられるのでかなり便利ですよね。

この名前入りのボトルは、記念日にはもってこいのギフトですし、還暦カラーの赤の高級な風呂敷で包装してくれる場合もあれば、リボンなどでかわいく装飾してもらうこともできます。

また、飲んだ後には飾っておける、というところも大きな魅力です

ラベルに名前を入れてもらえるタイプもありますが、ボトルそのものに彫刻で名前を入れてもらえるタイプもあり、こちらも人気があります。

お酒を飲んだ後、別の用途で使う予定があるなら、彫刻タイプのボトルにするといいでしょう。

記念日新聞も名入れボトルも箱を開いた瞬間に驚きがあります。どのような趣味の人でも大体喜んでくれる品物です。

もしも、取引先の人が還暦を迎えるのでしたら、このようなものを選ぶといいのではないでしょうか。

本当にお祝いしたい、という気持ちをしっかり伝えたい、という方はベストなギフトになりますので、検討してみてくださいね。


我が家の還暦祝い

両親の還暦祝いに兄からの電話

「今度お父さんとお母さんが還暦を迎えるから何をする?」と兄から連絡を受けた事を思い出す。

そのころ新しい会社に転職して仕事もリスタートしたばかりの時期だったし、年末ということもあって、かなりバタバタと忙しくしていた。

そんな自分は、兄から連絡を受けて、慌ててネットでプレゼントを探した、という記憶がある。

当時、転職に合わせて自宅も引っ越しており、引っ越しを終えたばかり、という状態でもあったので、自分が住んでいる住所もまだ覚えられていないうちに、通販サイトを覗いて探したものだ。

ただ、自分だけでなく兄も兄で、こんなに急に知らせてきたことから考えても、すっかり忘れていたんだと思う。

そんなこんなで、結局両親の還暦は、12月中旬生まれの父と下旬生まれの母を一緒に祝うために、クリスマスを終えた年末の帰省時に行うことに決まった。

この予定が決まったのがクリスマスの前日。通販サイトなら間に合うだろうと高をくぐっていたものの、実際はどこのサイトも年末需要で締め切りや発送が年明けと表示されていた。

しかし、最終的に還暦のプレゼントで人気のもの、更にはオンリーワンになりそうなら尚よし、そして最後にすぐ届く、この条件のもと探し当てたのが60年前の新聞が付く名入れ酒のお店だった。

というのも、父も母もお酒好きで、特に日本酒が大好きだったからだ。そのお店で、日本酒の瓶のラベルに「祝!還暦」という言葉と両親の名前、日付を入れてもらった。

名前や言葉を入れることができるというのはすごくサプライズになるなと思っていたが、それだけでなく、日本酒には金箔が入っていてすごく高級感があったし、瓶は透き通って綺麗な赤い瓶が使われていた。

それが桐の箱に入れられ、真っ赤な風呂敷で包まれて届いた。予想以上の豪華な見た目に両親だけでなく自分たち兄弟も驚いていた。

また、60年前の新聞が付くというサービスだが、生まれた日ではなく、二人の結婚記念日の新聞をつけてもらった。

こんな新聞が付いてたらお祝いする時にも話が弾んでより記念のお祝いになりそうだな、と思ったが、案の定二人とも興味深々に新聞をのぞき込み、いろいろと当時の話に花を咲かせていた。

ちなみにこのお店やこの商品はなかなか評価も高いところだったようで、こちらの指示もしっかりと聞き入れてくれたため、結果無事にお祝いが成功して、とても満足している。

事前準備の時間がなく、緊急的にすすめたお祝いだったが、何の問題もなく、二人も喜んでくれていたのでほっとしている。


還暦祝い

還暦祝いに箱根温泉旅行

父親の還暦祝いと両親へのプレゼントをかねて、両親と私と夫と、乳児2人を連れて箱根に旅行に行きました。

弟家族は義理妹が妊娠中だったので、事前に決めてあった還暦祝いのプレゼントとして、赤と紺のボーダーのブルックスブラザーのポロシャツをお金を出し合ってプレゼントしました。

一応赤いちゃんちゃんこが頭にあっての赤を入れたカラー選択でしたが、今の60歳は若いので、似合っていて、本人も若く見えると喜んでくれました。

ちなみに、このプレゼントはインターネットで見つけたもので、今はこうやって簡単に贈り物を探して注文できるのが本当に便利だなーと関心したことを覚えています。

さて、父はまだ現役で働いていて遠方から駆けつけてくれたのですが、久しぶりに会う孫に目尻が下がりっぱなしでした。

やはり孫と一緒に旅行したことで還暦祝いは格好がついたし、だからこそ一番の両親へのプレゼントになったように思います

孫と温泉旅行

できたら3歳の子どもが温泉で背中を流してくれたらいいなと思っていましたが、残念ながらママとお風呂に入ると譲らず、念願かなわず無念でした。

普段孫にと洋服や、お祝いだなんだと貰うことが多く、お返しする事が少ないので、この日のために人気の幻の酒を一緒に飲む、というプランを考えました。

普段お酒好きの夫は、運転をするのでみんなで食事を取るときに飲めないことを両親が気にしていたので、今日は心置きなく、しかも人気の幻の酒を一緒に飲めるね、と味もさることながら、みんなで呑める事を喜んでくれていました。

その宴会自体が両親へのプレゼントになってよかったです。

車で移動

人数の都合上、車二台に分かれての移動でしたし、仕事の都合上で、私が子どもの頃よく家族で訪れた箱根彫刻の森美術館も行く予定でしたが時間がなくて行けず、残念でした。

なので、次回来年の母の還暦祝いがあるので、その時は、マイクロバスを借りて弟家族も含め、みんなで温泉にいきたいとおもいます

なかなか家族で大集合する事がないので、その時もまた人気の幻の酒を一緒に飲んで、孫3人で両親の背中を流してお祝い出来たらいいなと思います。

次の母の還暦祝いは、赤いちゃんちゃんこ代わりの洋服選びがちょっと難しそうだなと思ってます。

なので、一年先ですが妹と今から何にしようか迷って、しっかりと準備をしてからお祝いを成功させたいなと思います。

とにかく家族みんなが思い出に残る素敵なお祝いになって本当に安心しましたし、家族の絆も深まったと思いました。