「 還暦の歴史 」一覧

『還暦』とは?

還暦とは一回りして戻ること

長寿のお祝いというといろいろありますが、その中でも一番有名なのが「還暦」のお祝いではないでしょうか。

還暦とは、干支が一巡し、起算点となった年の干支にふたたび戻ることを言います。

通常は人間の年齢について用い、 数え年61歳を指します。

60年で干支(子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥)が一回りして、生まれた年のえとに戻ることから、”還暦”というようになりました。別名本卦還り(ほんけがえり)ともいうそうです。

還暦を祝う習慣が日本で始まったのは飛鳥時代とも奈良時代とも言われ、当時の中国の地から伝わったとされています。

当時、日本は遣隋使や遣唐使を送り、大陸のさまざまな文化を取り入れていました。その中に、還暦と大きく関係する「干支」や、還暦を祝う習慣もあったのではないかと考えられています。

還暦の赤い色は魔除けの意味

還暦のお祝いには、昔から「還暦には赤いちゃんちゃんこ」という習慣があります。これは、暦が一巡りして最初に戻る=赤ん坊に戻るという意味合いがあります。

同時に赤は、神社の鳥居などを見てもわかるように「魔除けの色」。新しい人生を災いなく過ごし、もっともっと長生きしてほしいという願いが、この赤い色に込められてきました。

またその赤いちゃんちゃんこだけでなく、赤い座布団、赤い頭巾などを贈ることもあります。

ただ、さすがに平均寿命は80歳を超え、長寿社会を迎えた現代。昔の60歳のイメージとは全く違って、今は見た目も中身も非常に若々しく元気に過ごされている方が多いです。

ですので、この赤いちゃんちゃんこや座布団などに抵抗のある方も結構いらっしゃるようです。ですが、だからといって赤い色にこだわる気持まで忘れる必要はありません。

還暦の贈り物に赤いスカーフ

赤色は情熱の色、積極性や行動的な心を起させる色という考えもあります。

そのため、最近では赤いスカーフや赤いブラウス、シャツ、バッグや小物の赤など、現代に合ったかたちの赤色のプレゼントを選ぶ傾向があります

ルビーに代表される赤い貴金属や、「赤」の付く地名のところへの旅行などを選ぶ方もおられます。

もちろん、赤色にこだわらないこともお祝いのかたちの一つですし、プレゼントの中身を赤いものにするのではなく、プレゼントの包装に赤い色をワンポイントに使うという手もあります。

とにもかくにも、大事なのはこれからの生活を健康に過ごしてほしい、いつもありがとうという気持ちですので、何かをしてあげたとしても必ずその気持ちはしっかり言葉で伝えてあげてくださいね。


古典芸能の中に見つける「還暦」

還暦と能楽

室町時代に始まり、600年以上の年月を脈々と受け継がれてきた舞台芸術で、日本の伝統芸能の一角を成す能楽。

囃子や地謡と呼ばれる、これまた日本古来の独特の音楽に合わせ、役者が舞台で舞うというものですが、 同じ伝統芸能の歌舞伎とは違って、動作や感情表現が最小限に抑えられている点が大きな特徴です。

この能楽の中に、還暦を過ぎた役者でなければ演じることが許されないできない演目があります

正確にいえば、ある演目の中の役柄の一つに、「還暦以上の役者が舞う」ことを定められている役柄があるのです。

その演目の名前は「鷺(さぎ)」。そのストーリーはというと…。

還暦以上が舞う能とは

白サギ

『ある日、時の帝が夕涼みに出かけた先で一羽の白サギを見つけます。その美しさに心ひかれた帝は家来に白鷺を捕えさせようとしますが、白サギはそれを察して飛び立とうとします。

そこで家来が帝の命令であることを白サギに告げると、なんと不思議に白サギが舞い降りてきました。

それを喜んだ帝は家来と白サギの双方に「五位」の位を授けます。それが「ゴイサギ」の名前のいわれとなりました。

そして新しい名前をもらった白サギ改めゴイサギは帝に許され、再び天高くへと舞い上がっていきました。』

還暦ならではの円熟で舞う主役

還暦と主役

ちょっと不思議なストーリーですが、昔の人々にとってはなかなかの感動物語だったのかもしれませんね。

この話に登場する白サギが何を隠そう、還暦以上という年齢制限のある役柄

ただ、例外的に少年ならば演じても良かったようなのですが…「二十歳で成人」という現代社会と違い、この作品が生まれた当時の成人(=元服)は12~16歳という年齢。

当然、その頃に“少年”ということになると、それに該当する期間はごくわずか。

しかも、白サギはこの「鷺」という演目においては堂々たる主役!当然、余りに幼い役者ではとても舞うことはできません。

もちろん、昔は日本人の平均寿命も短かったため、還暦以上の年齢の能役者も決して多人数いたわけではないでしょうが、その経験や磨いてきた技術を考えれば、子役が演じるよりもはるかに味わい深く優雅な鷺を舞うことができたことでしょう。

もしかすると、そのへんまでも計算して昔の人はこの役に年齢制限を設けたのかも。そう考えると、還暦という年齢はやはり、人間としての円熟の年齢と考えてよさそうですね。

昨今では、還暦というと「これから新しいことを始める節目、第二のスタート」という意味合いも強くなっています。還暦をきっかけに能を始めてみるというのもよいかもしれません。


今と昔

江戸時代と現代の違い

医療技術の進歩で、人間の寿命は伸びる一方だ。なので、昔と違って現代は長寿社会になっている。

ちなみに、江戸時代の平均寿命は40歳~50歳だったというから、現代とはまったく異なる社会構造だったと考えられる。

日本が特に長寿国として知られるのには、食生活も関係しているだろう。

一汁三菜を基本とした和食の文化は、他の先進国の基本食に比べ、脂肪摂取量がきわめて少ないと言われている。

しかも、抗酸化物質を多く含む発酵食品(味噌や納豆など)を常食していることなども含めると、これらは長寿と深い関係があるのかもしれない。

また医療技術の進歩と合わせて、長寿の要因となっている可能性が高いのは、遺伝的なものが挙げられる。

我々黄色人種は、黒色人種より寒さに強く、白色人種の肌よりも紫外線に強い。また、日本人は特有の遺伝子「ハプログループD」が長寿に関係している可能性もあると指摘されている。

まぁいろいろな要因が考えられそうだが、これからも日本人の長寿化、世界の長寿化は進み、いつの日にか100歳まで生きることが当たり前な世界がくるかもしれない。

さて、数々の歴史の中で、大成した人物たちも事を成し遂げた年齢を聞けば皆10代20代。

今の世の中ではモバゲーに課金したり、ニートになってスネをかじっている人間もいるのだから、現代は何とゆるやかな時代なのだろう。

現代の高齢化社会

今、70歳は当たり前、80歳や90歳までもザラにいる。その反対に出生率は1.3人だとか新興国でもかなり低い部類。

日本はこれから高齢化社会、更に超高齢化社会へと突入していくが、そんな社会背景に「還暦」なんてのはまだまだ子供だ。

そんな皮肉じみた言葉も耳にするくらいなのだから、60歳はまだまだ現役、スポーツ、習い事、趣味、仕事、あらゆる事を還暦を迎えたところから始める人も多い。

お祝いの言葉でよく言われる「第二の人生スタート」というフレーズが還暦の一区切りを物語っている。

実際に定年で仕事をやめる人も多いだろうから、第二の人生のスタートという言葉もしっくりくる。

昔と違って、今の60歳はかなり元気なので、まだまだアクティブにやりたいことを追求したり、いろんな行動を起こしたりして、人生を存分に楽しむ姿が印象的だ。

寿命がのびることは、やりたいことをやれる時間が増えることでもある。そう考えると、なんて幸せな時代に我々は生きているのだろうかと感慨深いものがある。

長い人生、悔いの残らないように常に全力で、ときどき休憩しつつ、楽しく明るく生きたいものである。