「 還暦のプレゼント 」一覧

還暦祝いのプレゼントに時計を贈ろう

還暦祝いに時計を贈る

還暦といえば60年です。秒に直すと、なんと18億9216万秒にもなります。こんな気の遠くなるほどの時間が、還暦を迎える方の歩んできた時間です。

現代の60歳は非常にアクティブで元気な方が多い印象ですが、それでもこれだけの長い時間を生きてこられたんですから、これからもこのまま元気でいてほしいという願いを込めて還暦祝いを盛大にしてあげたいものですね。

一般的にも、家族や親戚なども含め全員が一堂に集まり、お祝いの席をもうけるところも多いようです。

そんな還暦のお祝いですが、お祝いを開く際に欠かせないのが「プレゼント」ではないでしょうか。

還暦祝いのギフトといってもかなりいろいろとあるのですが、その中でも喜ばれる商品のひとつなのが、時計です。

もちろん市販の商品でもそれなりに喜ばれるでしょうが、やはり還暦という普段の誕生日とは違った特別なイベントですので、オリジナルのものであれば、贈られた側の喜びは何倍にもふくらむことでしょう

そんなオリジナルの時計を提供している企業が、最近増えてきています。

名前が入れられるもの、写真を入れられるもの、日付やメッセージを入れられるもの、似顔絵入りのもの、ポエム入りのものなど、内容は多種多様です。

デザインやメッセージは、主に企業側が用意したテンプレートから選択します。メッセージは規定の文字数の範囲であれば、自由に入れられることもあります。

還暦に特別な時計を

腕時計の場合は文字盤が小さいため、名入れ彫刻が主流です。置き時計や壁掛け時計であれば、選択の幅が広がります。

時計そのもののデザインも、高級感漂うクリスタルのものや、どこにでも気軽に置ける写真立てタイプのものなど、さまざまです。

最近はインターネットで注文できる企業が多くあります。デザインなどはホームページに掲載されている分だけでなく、融通を利かせてくれることもあるので、ここぞと思った企業にまずは問い合わせてみてください。

還暦は一緒に一度の記念日です。祝う側も祝われる側も、その大切な日を忘れられない思い出にしたいでしょう。

特に時計などは毎日使うものですし、ご本人にとっても、いつもその時計を見ては、幸せな気持ちをもらえる、そんなアイテムになりえます。

世界にたったひとつしかないオリジナルの時計は、そんな還暦祝いにぴったりです。

ぜひ還暦祝いのプレゼントを検討している方は、これらのことを参考にして、素敵なギフトを選んでみてくださいね。


還暦世代が第二の故郷に好まれる場所とは

還暦と故郷

還暦というと満60歳の方の長寿のお祝いであり、日本に古くからある「年祝い」の一つです。

この年祝いは、60歳の還暦からスタートし、70歳の古希、77歳の喜寿、80歳の傘寿、88歳の米寿・・・と続いていきます。

ですので、日本の長寿祝いの一番最初のお祝いが「還暦」であり、還暦に赤いちゃんちゃんこを贈るという風習も含め、一番私達に身近で知名度も高いのが「還暦」のお祝いではないでしょうか。

還暦は昔から家族や親戚一同でお祝いをします。

仕事も無事退職して、第二の人生を謳歌する為に選ぶ場所とはそこで暮らしてきた地もありますが、やはり自分達が生まれ育った故郷を一番懐かしむ事も多いでしょう。

残りの人生を家のローンの関係などでそのまま住み続ける人もいれば、売却して移り住む人もいます。

その場合には自分が生まれ育った地を選択する人も多いですが、その理由として田舎でのんびりして暮らして行けたり、顔なじみの人がいる等の理由が多いでしょう。

しかし、最近では過疎化などの問題も多く、田舎を選択する場合にはどれだけの移住に関するメリットがあるのかを慎重に調べている人も多いでしょう。

地方都市という選択

地方都市に移る

一方で東京や地方都市など便利な都会を敢えて第二の故郷として選択する人もいます。

その理由として、医療面や交通面などありとあらゆる面で便利である事から暮らす上での快適さを求めるという声が多いでしょう。

地方で戸建てでかつては暮らしていた夫婦も還暦を迎えた頃には都会のマンションに移り住んでフラットな間取りや車が無くてもどこへでもアクセスが可能な場所を選択する事で老後の生活に便利さを求めるという部分では賢い選択かもしれません。

都市部でも駅チカに老人ホームなどの建設が目につき、便利な場所での入居を希望する団塊世代も多いです。

海外という選択

また最後に敢えて還暦後の第二の故郷は「海外」で考える人もいます。特に国内からも比較的近いアジア圏で移住する人もおり、時間をかけずに行き来する事も可能です。

海外移住する理由としては、何と言っても物価の安さがあります。

特にタイ・マレーシア・フィリピンなどは物価が安いので、日々の生活費を大幅に抑えることができそうですね。

介護のスキルを持ったメイドさんを雇う事も選ぶ国によっては可能になり、限られた貯金を有効に使う手段でもあります。

とはいえ、子供を持つ還暦世代の親にとっては孫や子供の近くに居たいという事もあり、住み慣れた地を離れる選択肢がない人も多く、第二の故郷が無いという人も少なからずいます。


還暦祝いでのプレゼントの選び方

還暦に贈るプレゼント

還暦祝い、というと、イコール「赤い色のものを贈る」というイメージがあります。これにはきちんと由来があります。

還暦の「60歳」という年齢は、旧暦の十干と十二支がちょうどひとまわりする歳です。この事から「赤ちゃんに還る」歳とされています。昔から、赤は魔除けの色とされています。

昔から、赤ちゃんに赤い産着を着せることで、赤ちゃんの健やかな健康を祝う、という風習があり、それにちなんで還暦にも赤い物を贈る風習となっているのです。

よく、主役が赤いちゃんちゃんこや帽子を身に付けている還暦祝いの写真を見かけることがありますが、これには「これからも元気でいてほしい」という気持ちが込もっているのです。

還暦にお酒を贈る

ただ、医療技術が進歩し健康志向の方も増えている現代社会の中で、今還暦を迎える方というのは非常に若い方が多いです。

ですので、実際に還暦を迎える方に伺ってみても、「あまり赤いものは好きではない」「気恥ずかしいので赤い物は欲しくない」「お年寄りっぽい」と思う方も意外といらっしゃいます。

せっかく還暦祝いのプレゼントを贈ろうといろいろ考えても、ご本人に喜んでもらえないならば贈る側も気持ちが晴れないですよね。できる限り相手に相応しいものを選び、喜んでもらえるものを選びたいものです

ですから、もし相手の意向がよくわからない場合には、あえて赤い物を選ばない、という選択肢もいいかもしれません。

最近では、全国の美味しい日本酒や焼酎などに、おめでとうのメッセージや主役の名前を入れたラベルを付けてくれるサービスや、似顔絵とメッセージを似顔絵アーティストが手描きした色紙など、特注のオリジナルギフトを還暦祝いとして選ぶ方が増えています。

還暦に温泉旅行

また、還暦の歳はちょうど仕事にも一区切りつく方も多いので、一息ついて、と温泉旅行のプレゼントをする、などというのも素敵なアイデアかもしれません。70歳の古希祝いにもオススメです。

誰でもインターネットを気軽に使うようになり、お取り寄せや通販で欲しいものが何でも手に入ってしまう時代となりました。このような状況だからこそ、お店や通販では手に入らない、その方のためだけに用意した世界に一つだけのオリジナル性のあるプレゼントが喜ばれるようです。

こう考えると、昔からの風習や、プレゼントにかける費用のではなく、相手を思いやる気持ちを込めることが何よりのプレゼント、ということが言えるのではないでしょうか。


還暦の誕生日に心浮き立つプレゼント

60歳の誕生日祝い

還暦祝いというと、人生の大きな節目となる記念すべき日です。みなさんの家族や親戚、恩師などもうすぐ還暦を迎える、または今年迎えるという方もいらっしゃるかもしれませんね。

やはりこういう長寿のお祝いというものは特別ですので、いつもの誕生日とは違ったお祝いをしたいという人も多いでしょう。

そこで重要になるのがプレゼントではないでしょうか。ただ還暦祝いギフトと一言で言ってもどんなものを渡せばよいのか、何を贈ればよいのかわからないという声も多く聞かれます。

還暦祝いの定番と言えば間違いなく赤いちゃんちゃんこですが、ちゃんちゃんこなんて毎日着るものでもないし、渡しても困るのでは?と躊躇する方もいるでしょう。

実際今の60代の方は、昔の60代とは違って非常に元気で若い方が多いので、そういう方々にちゃんちゃんこなどを贈るのもどうなのかと思うのも当然です。

また、最近店頭でよく見かけるのが赤い下着。いくら赤いものが還暦のテーマカラーだとしても、そしていくら親しい仲であっても、赤い下着を贈ることには抵抗があるのはごもっともです。

では今の還暦祝いのプレゼントはどういったものが選ばれているのでしょうか。

女性の還暦祝いにはアクセサリーが人気

還暦祝いにルビーのアクセサリー

女性への還暦祝いとしておすすめなのが、誕生石とルビーを使ったアクセサリーです。たとえば、四月生まれの方ならダイアモンドとルビーになります。

還暦をあらわす赤色のルビーとその方の誕生石を組み合わせることで、その方にだけの還暦祝いとして特別感をだすことができます。

またちょっとルビーは高価で・・という方には、ガーネットというチョイスも人気です。

最近では表裏に別々の石を入れてリバーシブルで身につけることができるネックレスも見かけます。リバーシブルだとその日の服装や雰囲気に合わせて好きな方を身につけることもできます。

普段はアクセサリーを身につけない方でも、石が一つだけのシンプルなデザインだと抵抗も少なく、普段使いもしやすいでしょう。

また、ブランドによっては名前を入れたり、ピアスやイヤリングなどを組み合わせるなど、送りたい還暦祝いの予算にあわせて更にカスタムすることもできます。

そして男性の方だったら、定番は名入れ酒です。ラベルに名前や祝還暦などの言葉を入れることができるオリジナルラベルがついた特別なお酒です。

還暦祝いにちょっとおしゃれなアクセサリーや名入れ酒をおくってみませんか


還暦のお祝い贈り物

還暦に形の残る贈り物

還暦をお祝いしようと家族や親戚と連絡を取りちゃくちゃくと準備は進んでいる。だけど、贈り物がなかなか決まらない・・そんな方に今日は還暦の贈り物の選び方について話していきたいと思います。

さて、還暦祝いの贈り物をどうしようかと考えた時、大きく分けて二種類の中から選ぶことが出来るでしょう。

一つ目は形として残る還暦祝いです。

例えば赤いちゃんちゃんこや赤いスカーフなどの衣類、マグカップや名入れグラス、似顔絵入りのお祝いボードなど、普段使いできるものから記念品として飾ることが出来るものなど、様々な贈り物があります。

これらはいつまでも形に残るため、還暦祝いの時だけでなくその後もずっと目で見て、使って楽しめるというメリットがあります

しかし、一方で贈り物として気に入られなかった場合は、貰った側が扱いに困るというデメリットもあるでしょう。

ちなみに赤い記念日として、最近赤い下着というものもあるようですが、そういう下着も含め万人受けしないようなギフトは、好き嫌い分かれるので贈らないのが無難でしょう。

還暦に形には残らないお祝い

二つ目は食べ物や飲み物など、一般的に消えモノと呼ばれる種類の還暦祝いです。

レストランでの食事やお取り寄せ商品などがラインナップされたカタログギフトなどもこの部類に入ります。

こちらは食べたり飲んだりすればすぐに無くなるため、飾る場所や収納などに気を使わないというメリットがあり、お腹も満たすことが出来ると一石二鳥です。

その一方で、美味しいものを食べることができたという思い出はできても、形として何も残らないのは寂しいと感じるケースもあるでしょう。

このような場合、どちらの種類を選ぶのかは還暦を迎える人の性格を考慮しながら選ぶことが重要です。

特に今は趣味も多く日々アクティブに過ごしている還暦世代の方が多いというのもあり、その方の生活状況なども加味するとよいでしょう。

また、還暦祝いのプレゼントに加えて手紙や写真、花などを添えてみると両方のデメリットを軽減することが出来るため、是非一手間かけるのがおすすめです。

人生で一度しかない記念のお祝いとなる還暦祝いであるため、皆さん前もって充分な準備をしておくことをおすすめします。

そしてお祝いを行う日についても、家族が総出で集まれて、大安や誕生日などおめでたい日を選ぶと良いでしょう。

これらを参考にしてぜひ集まった方みんなが笑顔になるような素敵な還暦祝いを開いてあげてください。


還暦祝いにディズニーランドの年間パスポートを贈りました

還暦にディズニーランドのチケット

親や上司、日頃からお世話になっている人へなど、誰かの還暦をお祝いするシーンは結構多くあるものです。

また地域によっては、成人したときと同じように式典を開催するところもあるわけですから、いかに60歳という年齢が大きな節目であるのかということも分かるでしょう。

しかしそのような際に迷ってしまうのが、一体どういった贈り物をすればいいのかということです。

そこで今回は、そのような迷っている人におすすめの最近のトレンドをご紹介します。

還暦にテーマパークが流行っている?

実は近年、還暦のお祝いにテーマパークなどのチケットを贈ることが流行っているのです。中でも人気なのが、東京ディズニーランドの年間パスポートです。

年間パスポートの価格は、大人であれば1枚63000円、シニアなら53000円となり、そこそこ高額ではあります。

しかしこれ1枚持っていれば1年の間に何度でも東京ディズニーランドを楽しめる上、入退場もスムーズですからストレスフリーに遊ぶことができます。

ちなみに、2018年3月からは東京ディズニーランドと東京ディズニーシーの年間パスポート料金が、一律4千円値下げされたということもあり、より購入しやすくなりました。

それでは、なぜ還暦世代にこのようなチケットを贈るのが流行っているのでしょうか。

時間的な余裕と孫の存在

還暦と時間的余裕と孫と

その理由の1つに、退職後の時間の使い方を考えてということがあります。一般的に60歳を迎えると、定年退職をする人がほとんどです。

特にそれまで仕事一筋で生きてきたような人にとっては、退職後の過ごし方が分からなくてどうしようもないということも珍しくはありません。

そこで、遊園地などのテーマパークで遊んでみるのはどうかという選択肢が生まれるわけです。更に人によっては小さい孫がいる可能性もあるでしょう。

そうなると孫との時間を過ごすにも最適な場所ですから、素敵な思い出を作るキッカケにもできます。

事実東京ディズニーランドを例に見てみても、祖父母と孫で連れ添って訪れることは当たり前のようにありますし、よく見かける光景でもあります。

性別問わず、年齢関係なく、どんな人も楽しめるのが東京ディズニーランドの魅力ですから、贈り物としても人気沸騰となっているのでしょう。

このプレゼントならば、贈る方も貰う方も、きっと温かい気持ちになれるはずです。今還暦祝いのギフト選びに悩んでいる方もぜひ参考にしてみてください。


還暦祝いのプレゼント専門店

還暦から後も続く老後

近年、日本の社会では長寿になっているため、男性も女性も80歳くらいまでは生きるようになっています。

一生に一度の人生。短いよりは長い方が良いですし、やりたいこともそれだけたくさんできますよね。

そういうことから、もし60歳で定年退職したとしても、平均寿命の80歳までは20年という長い期間があることになります。

寿命がのびて長く生きることができるようになった分、その期間を充実した日々にすることもできます。

ですので、還暦と言ってもまだまだ60歳。これから若く元気に生きることができる時代になっているのです

さて長生きしていると日本の習慣として、長寿をお祝いするしきたりになっているので、60歳になった時も還暦祝いをしていくようになっています。

ちょうど退職とも重なることも多いので、その際に一緒にお祝いをしたりすることになるのです。

還暦祝いのプレゼント専門店について

還暦祝い専門店

還暦祝いというと、家族や親戚などが集まりお店を予約して食事会をしたり、その時に子どもや孫などからプレゼントを贈ったりするものです。

プレゼントとしては、やはり定番は赤いちゃんちゃんこや赤い頭巾などになりますが、それらは年寄りっぽいと感じる方も多いので、昨今はお祝いされる方が喜ぶものを選ぶことが多くなっています。

そこでおすすめなのが、インターネットなどで出ている還暦祝いのプレゼント専門店です。

初めての還暦祝いならばなおさらですが、どういったプレゼントが候補にあるのか、人気があるのか、見当もつかないという方がほとんどでしょう。

しかし、ネットの還暦祝いギフト専門店ならば、今の流行りがわかったりするので、誰もが喜ぶプレゼントを選ぶことができます。

そして最近の傾向としては、名入りや言葉入りでオーダー式のオリジナルの逸品を贈るのが人気です

例えば、カップやグラス、茶碗、そして時計や飾り物など。どれも普段身近なもの、日常使いするものが多いですが、それらに自分の名前が入っているわけですので、贈られる方も嬉しくまた記念になります。

中には、焼酎や日本酒などのお酒のパッケージをオリジナルにする場合もあります。こちらもラベルに自分の名前やお祝いのメッセージを入れることができます。

お酒を飲んでしまった後も瓶は残りますので、そのまま飾っておけるというのもメリットです。

事前に良く調べて注文をしておくと、当日に間に合うように用意してもらうことができますよ。


還暦のプレゼントに最適なシャンパン

還暦にシャンパン

フランスの首都パリの北東部にあるシャンパーニュ地方で生まれた発砲ワイン「シャンパン」元々はフランスのシャンパーニュ地方の中心にある、ランス大聖堂で行われた様々な式典の時に、祝宴に用意されたていたのですが、その後に貴族や富裕層を中心に広まったと言われています。

そこから長い歴史とともに世界各地に広まっていき、今日では祝宴の場や誕生日や記念日などの特別な日には欠かせないものになりました。還暦祝いにはこちらのようなワインもありますが、私はシャンパンがオススメです。

シャンパンとスパークリングワインの違い

シャンパンとスパークリングワインの違い

そんなシャンパンがよく指摘されるのがスパークリングワインとの違い。まず一目瞭然でわかるのは値段の違いです。1000円くらいから、手軽に買えるスパークリングワインに比べて、シャンパンは安いものでも、4千円以上です。高いものになると、数十万円を軽く超え、ビンテージがついているものになると100万円を超える高級なものもあります。

しかし、そもそもスパークリングワインもシャンパンもどちらも同じ発泡ワインであるということを忘れてはいけません。ではなにがこの格差を生んでいるのか。それはスパークリングワインのなかの特別なものを、シャンパンと呼ぶことに訳があります。シャンパンと呼ばれるスパークリングワインには、大きな3つの特徴があります。

シャンパーニュ地方で製造されたものだけに許される呼称

シャンパーニュ地方

まず一つ目に挙げられるのはワインの生産地です。冒頭でも述べたように、フランスのシャンパーニュ地方で製造されたスパークリングワインだけを「シャンパン」と呼び、原料のぶどうもシャンパーニュで取れたものだけを使用します

そして二つ目にはワインの製造法が挙げられます。発酵方法が決まっていて、「瓶内二次醗酵」という製造法で、作られます。瓶に、炭酸ガスなどを注入させないことや15ヶ月以上熟成させるのが特徴です。製造方法に関しては、とにかく手間と時間がかかるといえるでしょう。

最後にぶどうの種類です。シャルドネ、ピノ・ノワール、ピノ・ムニエの3品種が基本であり、2010年からは7つのぶどうが認められるようになりました。この3つの条件をクリアした特別なスパークリングワインが生まれるのです。長い勤労生活を終えて、還暦を迎えためでたい祝宴の場に特別なスパークリングワイン「シャンパン」はいかがでしょうか。古希のお祝いにもおすすめですよ。サイトはこちら→https://koki70.com/


還暦祝いのプレゼントで喜ばれるおしゃれなお菓子5選

還暦のプレゼントでも喜ばれるカステラ

還暦祝いは、人生の大きな節目ですので、家族や友人などでお祝いのプレゼントを贈ることも良くあります。

実際に、還暦となると60歳を迎えているので年齢も重ねて来ているため、プレゼントを選ぶのであれば、相応しいおしゃれなものを選びたいと言うのが希望ではないでしょうか。

そのプレゼントの中でも気軽に贈ることが出来るのがお菓子です。より相手に真心を込めて贈るにはおしゃれなお菓子を選んでみましょう。

1つ目は、和菓子の代表ともいえるカステラで

還暦のお祝いの相応しい老舗のカステラであれば、とても喜ばれます。

カステラならば性別・年齢問わず好きな方が多いですし、比較的日持ちもします。

また最近は味の種類も抹茶やチョコレート、チーズなど様々なものが販売されていますので、ご本人が好きな味のものを贈ることもできます。

2つ目は、人気が高いのが和菓子でも高級感のある創作菓子

二つ目は創作菓子です。

これは、菓子職人が熟練の技で作っているので、開いた時のインパクトもありますし、和のテイストを充分に味わってもらえます。

3つ目は、これも人気が高い洋菓子のプリン系

還暦に喜ばれる洋菓子プリン

三つ目はプリン系のお菓子です。

プリンも各社から様々な魅力ある商品が発売されていますが、これまで食べたことのなさそうなプリンを選べば、とても喜ばれます。

4つ目は、チョコレート系のお菓子

四つ目はチョコレート系のお菓子です。

特に、甘いものが大好きな女性の方へ贈るのには最適ではないでしょうか。海外メーカーのチョコレートであれば、やはりプレミア感もあり喜んでもらえます。

5つ目は、手作りお菓子

最後は、手作りのお菓子になります。

何も購入するだけがプレゼントではないので、ケーキやクッキーなど手作りのお菓子を贈ってみるのも、家族や身内であれば特に感動してもらえます。

この他の候補としては、ホールのイチゴケーキやどら焼き、バームクーヘンなどを贈る方もいらっしゃいます。

このケーキやどら焼き、バームクーヘン、そしてカステラといったものは、名入れできるお店も多いので、名前やメッセージを入れることで、さらに特別なプレゼントにすることができますね。

還暦は、一生に一度しかない大切な日本伝統の長寿祝いです。プレゼントを渡す際も家族が全員集まって、盛大にお祝いしてあげることが特に大事な要素になります。

これらのことを考慮しながら、還暦祝いのプレゼントを選んで、思い出に残る還暦祝いをしてあげてくださいね。


還暦を迎えるお父さんに贈るジャズベース

還暦祝いにジャズベース

エレキベースの一般的な種類は、ジャズベースかプレシジョンベースの2つになります。

もちろんそれ以外のベースもありますが、これからベースを始める人にはこの2つのどちらかが無難です。

この2種類の中でも、様々なジャンルに対応できるためジャズベースが特に人気です

一番スタンダードなベースといっても良いのではないでしょうか。なので還暦になってベースを始めるお父さんには、ジャズベースを贈るのがいいと思います。

ジャズベースの選び方

ジャズベースの選び方

でも、どうやってジャズベースを選べばいいのでしょうか。それにはまず、新品で購入するのか中古で購入するのかを選ばなくてはいけません。

楽器においては高価な物も多いので、中古でも多くの楽器が売られています。中古専用のコーナーを作っている楽器店も多くあります。

中古には高価で高品質な楽器を安く買えるというメリットがありますが、知識がない方にはおすすめ出来ません。

エレキベースは何年も弾いているうちに、楽器の状態が変わっていきます。

ネックの反りや、内部系統の接触が悪くなるなど、買った後にメンテナンスをしなければいけない場合があるのです。

それを初めての方が行うのは難しいので、これから始めるなら新品を買うのがおすすめです。

贈り物に最適なジャズベースの価格

ジャズベースの予算

次に価格ですが、これは出来れば少し高めの高品質の物の方が良いです。

お手頃なものでも問題なく弾けるのですが、安価な物は弾きにくかったりチューニングが不安定だったりします。

私の経験からも、弾きやすくチューニングが安定した楽器で練習する方が上達が早くなりました。

とはいっても、予算の都合もあると思います。ですので、初心者用セットなどの安価な物でも構わないと思います。

初心者セットというと、ベース本体にソフトケース、アンプ、電子チューナー、シールドケーブル、ピック、ピックケース、教則本などがセットになったもので、安いものは1万5千円前後ほどから販売されています。

ただ楽器に関しては、ある程度までは価格は嘘をつかない様になっているので、出来れば少し良いものを贈られたらと思います。

最後に、エレキベースの練習をするにはチューナーとメトロノームは必須になります。なのでこれらも一緒にプレゼントされると、お父さんは喜ぶのではないでしょうか。

還暦を迎える60歳からは、新しい人生を新しいことを初めてスタートさせるという方が多くなっています。

これらの内容が、そんなアクティブな方にとって有益な情報になっていると嬉しいです。


祖父におすすめのプレゼント

おじいちゃんにプレゼント

いつも可愛がってくれる大好きな祖父へのプレゼント。そんな祖父が還暦や誕生日などの記念日を迎えた場合は、感謝の気持ちを込めて、素敵なプレゼントを贈りたいですよね

特に、還暦を迎えた方へ人気のあるプレゼントにはどんなものがあるのでしょうか。

まず、どんなおじいちゃんにもおすすめなのがスニーカーです。

年を取ると長い距離を歩くのもしんどくなります。足、特に膝の負担も大きくなってきますので、それが少しでも軽くなるように、履きやすいスニーカーを選んでみましょう。

買う前に足のサイズは必ず聞いてください。危なくない様にピッタリサイズが絶対条件です。

さらにお年寄りは、靴を履く時しゃがむのが辛いという方もいらっしゃいます。段々腰や足に負担が掛かってくるからです。

そのため、なるべく立ったままスッと簡単に履ける物を選びたいところです。

よって、毎回紐を結ばなくてはいけない物は避けましょう。するっと楽に履くことができるスリッポンや簡単なベルクロ付の物がおすすめです。

思い切って若者が履くようなスポーツブランドのスニーカーをプレゼントする、というのも喜ぶかもしれませんね。

有名ブランドなら作りもしっかりしているし、革張りではなく布張りスニーカーならば軽くて丁度いいです。

派手な物ではなく、昔からの定番品の形ならおじいちゃんも合わせやすいです。

最近は、靴紐の代わりにゴム状の紐を入れて結ばずに履けたりするので、紐付きでも選びやすいです。

みなさんも、もし街ですれ違ったおじいちゃんが恰好良いスニーカーを履いていたら、オシャレに見えて若々しいなーと感じますよね。

オシャレなおじいちゃんに

おじいちゃんにハット

他に、カチッとした洋服やスーツが好きなおじいちゃんには、中折れ帽がおすすめです。

こちらはシンプルで合わせやすい色の物をチョイスしてみてください。おじいちゃんの被る中折れ帽はとてもステキです

これも若者の店で買うとオシャレ感が増しますね。杖などの小物をあげる時も少しデザインに凝った物を探してみましょう。

男性は趣味でコレクターの方が多かったり、持ち物にこだわりがあったりするので、他のおじいちゃんが持っていない物をもらうと嬉しいのではないでしょうか?

知らないおじいちゃんでもオシャレをしている人を見ると、可愛く微笑ましくなります。

いつまでもオシャレなおじいちゃんでいてもらえる様にプレゼントを選んでみてください。きっともらったご本人にも喜んでもらえるはずです。


還暦プレゼントでよろこばれるものとは

喜んでもら得るものが一番

還暦は60歳のお祝いです。家族みんなでにぎやかにお祝いしてあげるという家も多いと思いますが、そこで気になることが1点。

還暦のお祝いで贈るプレゼントです。どういったものを贈ればいいのか、選ぶときにとても迷うものです。できる限り相手のことを考えて、喜んでもらえるものを贈りたいですよね。

特に還暦の場合だと、有名な赤色のチャンチャンコ。これはど定番と言えますが、今の還暦世代の方は若いので、昔ながらのこういう定番商品よりは、実際に使えるものの方が喜んでもらえるのではないでしょうか。

かといって、赤のカラーを外すことはしない方がいいので、赤を取り入れつつ、毎日の生活で使いやすいものを選びたいところです。

仕事も落ち着いてくる還暦という年齢で、趣味などで使えるこれから長く愛用できるものが贈るのが喜ばれるでしょう。

たとえばウォーキングを夫婦でやるのが趣味の人なら、赤のウォーキンググッズなんて喜ばれます。赤のTシャツに、赤の帽子などウォーキングする時に実際に使えますのでとても喜んでもらえます。

赤は赤のグッズでも相手のことを想像して、実際に使ってもらえるものを贈るのがいいでしょう。実用的に使えるものはどの世代でも貰うととても嬉しくなります。

赤いウォーキング関連グッズ

自分のことを考えて選んでくれたのが実際に伝わってくるからです。

定番のものを贈るよりも相手が今何が趣味でしてるか、何をしたいと考えてるかリサーチして選ぶといいでしょう。

実用的なものと合わせて、記念品になるものを贈るのも喜ばれるでしょう。

グラスに文字を入れてプレゼントすることも定番だったりしますが、意外と普段貰えるものではないので嬉しいものです。その人が好きそうなお酒などとセットで贈れば完璧ではないでしょうか。

あまり固定概念にとらわれず、相手のことを考えて贈るのがいいかもしれません。グラスの場合、丈夫で割れにくいグラスなどを贈ると少し新しくて、貰うと嬉しいでしょう。

記念になる贈り物

還暦は人生においてとっても大事な時間です。お祝いする方も相手のことを考えて一生懸命選んでプレゼントするといいでしょう。

今は様々なグッズが販売されていますので、面白い使い勝手のいいものを選ぶのもいいといえます。

相手の趣味で使えるもの、記念になるものこんなものをセットにして贈るといいでしょう。喜んでもらうためには、事前にリサーチして相手のことをさらに考えてみることでしょう。

心を込めたプレゼントなら必ず喜んでもらえるでしょう


還暦祝いの商品はこちらで買いました!

還暦に記念の贈り物

大切な人の還暦祝いだったら、なおさら気分が盛り上がるような演出をして喜ばせてあげたいですよね。お祝いの席の雰囲気作りも大切ですが、やはりメインイベントは贈り物です。

何か、大切な人の心に残る素敵なプレゼントを探したい!できれば、ありきたりじゃないものがいい!

でも、そんな願いとは裏腹にどこで選べばいいのかさえ分からない・・・。そんな人に朗報です!

本日は、おすすめの通販サイトがありますので、紹介させていただきます

ギフトを紹介する通販サイト

人気の通販サイト

それは、還暦祝いのプレゼント、ギフト商品を紹介している通販サイト『還暦祝い館』です。

こちらのお店にはどういったものがあるのかといいますと、お酒をメインとして取り扱っているサイトになりまして、そのお酒の種類はとても豊富です。

日本酒・焼酎・ワイン、地酒も全国各地あらゆるところのものを取り扱っておりますので、大切な方の出身地や思い出の場所のものを選んで差し上げるということもできるのです。

価格も8,000円以下、8,001円~12,000円、12,001円~20,000円、20,001円以上などと予算に応じて選べるようにわかりやすく紹介してあります。

お酒が好きで好きで仕方がない!という方には日本酒セット。還暦祝いといえばこれでしょう!という”ちゃんちゃんこ”とお酒のセット。

お酒は苦手で・・・という方のためのノンアルコールのジュースも用意されています。

そのなかでも一番人気の贈り物は「60年前の新聞付き名入れ酒」です。

60年前の新聞というのは、お祝いしたい方が生まれた日、当日の新聞の複製で、これを名前の入ったラベルの付いたお酒と共に贈ることが出来るというものです。

ちなみに、この新聞は生まれた日のものしか選べないということはなく、「明治7年(1874年)~注文された日の日付」までのものが用意できるようですので、例えば結婚記念日の日の新聞を選んでもOKなわけです。

この「記念日の新聞付き名入れ酒」というのは、このお店の運営会社が特許も取っていて、ここだけのオリジナルのセット商品ですので、さらにオリジナル感&サプライズ感が増しますよね。

しかも特別な日にぴったりな桐箱入りで、さらに高級風呂敷で包まれている状態で届けてもらえるので、この豪華なプレゼントをもらえば、きっと一生の思い出になること間違いないでしょう。

ご自分にとって大切な方の節目のお祝い、素敵な贈り物と共に素晴らしい一日になりますように!