「 還暦のプレゼント 」一覧

還暦祝いに贈りたいプレゼント

還暦の贈り物

日本における還暦の祝いでは、本人に赤色の衣服(頭巾やちゃんちゃんこなど)を贈る習慣があります。

かつては魔除けの意味で産着に赤色が使われていたため、生まれた時に帰るという意味があるそうです。

ただ最近では、60歳の方でも健康で元気な方が多い為、そういった赤色の衣服はちょっと「老いた」感じがすると敬遠される方も少なくありません。

ですので、プレゼント選びの傾向としては、色やちゃんちゃんこ・頭巾などにこだわらずに、ご本人が好きなものをプレゼントしお祝いするようになってきています。

還暦とは?

還暦とは、干支(十干と十二支の60通りの組み合わせ)が一巡し、起算点となった年の干支に戻ることを言います。別名、本卦還りともいいます。

数え年に代わって満年齢を用いることが多くなったため、数え年61歳に代わって満60歳を還暦とする考え方が一般的になってきています。

30周年を半還暦・120周年を大還暦といいます。

西洋での還暦

西洋では、ダイヤモンドを60周年の祝いに贈ったり、60周年の象徴とする風習があります。

結婚60周年はダイヤモンド婚式ともいい、殊にヴィクトリア女王の即位60周年は、ダイヤモンド・ジュビリーとして盛大に祝賀されました。

還暦小話『還暦の別称「華甲」の話』

60歳

「華甲(かこう)」という言葉をご存じですか?実はこれは「還暦」と同じ意味。60歳という年齢を指していう言葉です。

「華甲」の成りたちは77歳の「喜寿」や88歳の「米寿」とほぼ同じ。そのカギは「華」の字にあります。少しわかりにくいのですが…この「華」を大きくしてじっと見てください。

「華」の字を徐々に分解していくと、なんと6つの「十」と一つの「一」になるのです。つまり61。

干支が一回り

でも、61では還暦ではないのでは?もちろんそんな疑問も起きることでしょうが、数え年で考えるのが普通だったその昔。

数え年で61歳ということは、満年齢に直せば60歳、すなわち還暦ということになるのです。もっとも、最近は数え年で表現することも少なく、どうもピンとこないという人もいるでしょう。

その場合は、少し変則的で割り切った考え方にはなるものの、 「60」が「一つ」という考え方をすれば「華甲」の言葉を覚えやすいかもしれませんね。

なお、「甲」は「きのえ」で 十干の一番目。十干十二支が一回りして最初の「甲子(きのえね)」に帰ったことを表すもので、その点では還暦や本卦帰りと同じく暦に基づいています。


還暦のプレゼントに最適なシャンパン

還暦祝いにシャンパン

還暦は60歳という人生の節目となる年を祝うものです。

この還暦を迎えられた方には、家族や親せき、友人など身近な人たちが集まって、プレゼントを贈るというのがお祝いの方法の定番です。

そして、そのプレゼントですが、最近ではシャンパンを贈るという人が増えています。

昔は還暦のお祝いと言えば、お酒なら日本酒といったように和風の品物を贈るイメージが強かったですが、最近の60歳の人たちは昔と比べるとおしゃれで感覚の若い人が多いので、そういった人たちへのプレゼントとしてシャンパンが選ばれるようになっているのです。

シャンパーニュ地方

みなさんはシャンパンにどういったイメージを持っていますか?

還暦のプレゼントにシャンパンが適している理由としてまず挙げられるのは、高級感があるという点です。

世界中で作られているスパークリングワインの中でも、フランスのシャンパーニュ地方という名産地で製造されたものだけがシャンパンを名乗ることが許されているので、その希少性により他のスパークリングワインとは一線を画した特別感を感じさせるのです。

さらにボトルやラベルのデザインにもこだわって作られているので、飾って眺めているだけでも楽しめるという魅力があります。

還暦をシャンパンでお祝い

そしてもちろんシャンパンには、純粋に味が良いという魅力もあります。豊かな香りと深いコク、そしてきめ細やかな泡が作り出す口当たりなど、その味の魅力は多くのファンを虜にしているものなのです

さらに最近は、ただシャンパンだけを贈るのではなく、その人の名前入りを入れたり、お花やメッセージカードを添えたり、小夫婦で揃いのシャンパングラスをプラスしたりなど、相手に合わせた工夫をして贈る人もいます。

そういったギフトは、特にインターネットのショップで多くのラインナップを見つけることができます。

名前を入れたりできる商品は「名入れ酒」と呼ばれており、「還暦 名入れ酒」などという言葉で検索をかけてみると、驚くほどたくさんの商品が候補として挙がってきます。

シャンパンのラベル部分にご本人の名前や感謝の言葉を入れて還暦祝いという特別な記念日の、特別なギフトを購入することができるので、人気も高まっているようです。

その他シャンパングラスにも名入れできるお店があるので、予算があれば、ぜひ名入れするのをおすすめします。

サプライズ演出ができて、喜びも何倍にもなること間違いなしです。シャンパンと共に素敵な還暦祝いを開いてあげてください。


還暦祝いのプレゼントにオススメな品物5選

還暦祝いにおすすめ品5選

還暦とは長生きをお祝いするしきたりの一つで60歳のお祝いになります。

お祝いは、家族や親戚が集まり食事会などと一緒に行うことが多いです。

そこで、その還暦のお祝いで、実際にどのようなものをプレゼントすればいいかとなると悩んでしまいませんか?

今はインターネットで検索すると、様々なギフトが販売されていますが、その中から筆者のおすすめのプレゼントを5つ挙げてみますので、参考にしてみてください。

赤いちゃんちゃんこ

まず一つ目は、定番ですが王道の赤いちゃんちゃんこでしょう。

知名度的にも赤いちゃんちゃんこ=還暦という印象が大きいですので、ハズレがないギフトともいえるでしょう。

昔から、赤い衣服を着ることで、災いを避けることができるという意味合いがあり、無病息災を願うお祝いには、やはりかかせないプレゼントです。

名入りプレゼント

二つ目は、名前の入った各種プレゼントです。

今名前やメッセージを入れることができるプレゼントは需要が大きく、ネットの販売店自体も多くなっている印象です。

さて、還暦祝いのプレゼントとして湯のみが最も多かった時代もありましたが、最近では色々な物に名前を入れられるようになっており、こうした形でのお祝いも定番になりつつあります。

どういったものが好みなのか事前に調べておくと、購入する時の参考になるでしょう。

旅行

還暦に温泉旅行をプレゼント

三つ目は、温泉などへの旅行です。何も、品物ばかりがお祝いではありません。

近場での旅行であれば、親戚など多くの人を呼ぶことができ、還暦を迎える方達の記憶に残る素敵な思い出作りができるでしょう。

またその際は記念写真もたくさん撮っておきたいですね。

カタログギフト

四つ目はカタログギフトです。好きなものを買ってあげようとしても、遠慮されてなかなか思うようにいかないケースも少なくなく、また個人の好みがあるので、せっかくプレゼントしても実はあまり意中のものではないこともよくあります。

カタログギフトは自分で好きなものを選べるという楽しみがあり、喜ばれるプレゼントの1つです。

メッセージや似顔絵

五つ目に、メッセージや似顔絵です。お金を払って買ったものではありませんが、心のこもったメッセージや似顔絵は、必ず人の心を打ちます。

還暦という節目のお祝いには、実は一番ふさわしいプレゼントかもしれません。

まだまだたくさんのプレゼントがありますが、感謝の気持ちを込めて贈るものには、それぞれ立派な価値があるのです。


貰ったら嬉しい!還暦祝いのプレゼントとは

還暦に貰って嬉しいもの

大切なお母さんが今年還暦を迎える、という方もいらっしゃると思います。

還暦は60歳のお祝いですが、人生1度の大事な節目になりますので、遠くにいる子供なども実家に戻ってきて、盛大にお祝いしてあげるという家庭も多いでしょう。

ただ、その還暦祝いにはプレゼントをあげるのが通例となっていますが、何を贈ればよいか悩んでしまいますよね。

そこで、ここからはお母さんが還暦を迎えられた際に渡すプレゼントで、人気がある物をご紹介していきたいと思います。

バッグ

還暦にバッグをプレゼント

まずは、人気の定番とも言われているバッグとなっています。バックは、ファッション性や実用性もある為、多くのお母さんから人気を集めているのです。

外出する際にも使用出来るバッグは、女性の必須アイテムともなりますので、還暦のプレゼントとしてあげると喜んでくれます。

バッグだけでなくこのあと紹介する商品にも言えるのですが、デザインや大きさなど異なりますので、お母さんの好みのデザインや日頃どういったバッグを使っているかなど観察したり、しれっと聞いてみたりしておくとよいですね。

ちなみにバッグの価格帯は幅広い為、予算も考えながらプレゼントを選ぶと良いです。

アクセサリー

次にルビーやガーネットといったアクセサリーも人気を集めています。特にルビーのネックレスやイヤリングは、女性が喜ぶアイテムとなっています。

ちょっとしたお洒落アイテムとして使えるアクセサリーは、価格帯も比較的安価となっているのです。

ブリザードフラワー

次にプリザーブドフラワーも、多くの方から喜ばれるプレゼントです。

プリザーブドフラワーは、枯れる事がなく長持ちするメリットがありますし、水やりの面倒なども一切ありません。

温泉旅行

還暦に温泉旅行をプレゼント

次に夫婦での温泉旅行のプレゼントも人気を集めています。

温泉旅館でゆったりと日頃の疲れを癒す事が出来る為、こちらもプレゼントするととても喜ばれるのです。

ネームインポエム

最後にネームインポエムもおすすめとなっています。

似顔絵やお祝いメッセージを入れた世界に一つだけのオリジナルポエムは、サプライズ感もあり、さらに感動も呼ぶものですし、きっと喜んでもらえるでしょう。

いかがでしたでしょうか。以上が、お母さんが還暦のお祝いに貰って嬉しいプレゼントになります。

ご自身のお母さんが還暦を迎えられた時には、上記紹介したおすすめ商品を検討してみてはいかがでしょうか。

みなさんの還暦のお祝いが素敵な思い出深いものになるとよいですね。


両親への還暦祝いの人気プレゼント

還暦の両親に特別なお祝い

みなさん、今まで両親にあげたプレゼントというと、どんなシーンを思い浮かべますか?

両親のためのプレゼントというと、一般的に誕生日に用意したり、母の日や父の日に用意して渡すものですが、両親の年齢によっては還暦祝いのプレゼントを用意するということもあります。

この「還暦祝い」というものは、誕生日や母の日、父の日などとは違い、一生に一度のものですし、何よりこの60歳という節目に定年退職される方も多いと思いますので、人生の中でも非常に大切な節目のお祝いとなります。

このような特別な節目の年に祝ってもらうことができると、喜びもひとしおと言えます

なお、なんとなく「赤いもの」というイメージはあるものの、還暦祝いのプレゼントにどういった物を選べばよいか、具体的にわからない方も多く迷うこともあると思います。

今回はご両親へのプレゼントということですので、普段の生活の様子や好みなどは大ばっぱに把握できている場合が多く、そういう方はそれに合わせて関連する物を用意すれば喜んでもらいやすいでしょうね。

ただ、それでもなかなか定まらないということもあるので、ここから両親への還暦祝いギフトについて少し提案させて頂きたいと思います。

還暦祝いのメッセージ

筆者が提案したいのは、メッセージをおくるというものです。メッセージをおくるといっても、自分で手書きした直筆の手紙を用意するというわけではありませんよ!

もちろん、そういった方法もすごく素敵なのですが、商品として売られている物を購入して、高級感のあるメッセージとして還暦祝いにプレゼントするというものなんです。

これは、どういった気持ちを表現して欲しいかを伝えると作家が手書きで詩を書いてくれるもので、商品名としては「名前詩・名前ポエム」なんて呼ばれています。

様々なフレーム

このサービスでは、カラフルで芸術的なフレームにして仕上げてくれますから、還暦祝いのプレゼントとしてピッタリですし、母親や父親の名前の文字を混ぜる形で詩をつくってくれるという凝りようですから、受け取った方としては思わず笑顔がこぼれるような特別感があるものです

なお、詩を書くのは作家ですが、フレームは複数の中から選べるようになっているため、メッセージのテーマ以外で自分の気持ちを反映させることもできるものです。

今オリジナルのギフト(名前やメッセージを入れるギフト)の人気が高いので、こちらも還暦祝いなどの長寿祝いや結婚・出産祝いのギフトなどたくさんの方から選ばれているヒット商品です。


還暦祝いでのプレゼントの選び方

還暦に特別なお祝い

日頃からお世話になっている母親や父親。

そんな両親にプレゼントを贈るタイミング、というのは人生の中で何度もあるでしょうが、特別感のあるお祝いといえば還暦祝いではないでしょうか。

ちなみに皆さんのご両親は60歳といっても見た目も気持ちも若く、長寿をお祝いするような年齢ではない、と感じませんか。

実際今日本の平均寿命は80歳を超えており、シニアの方も若い方が多いんです・・!なので、還暦の象徴のような「赤いちゃんちゃんこ」を敬遠する方も増えています。

では一体どんなものを選んであげたらいいのか。迷いますよね。

還暦祝いというのは、誕生日や母の日などと違い何度もやってくるものではありません。ですので、思い出深い特別な物をプレゼントしたい、と考える人もいることでしょう

プレゼントを選ぶ際にこのような気合を入れると、考えすぎてうまく選べないことがあるものですが、そういった時には実用的なアイテムにするという選び方があります。

実用的なアイテムであれば、もらった後必ずと言って良いほど使うことになるわけですから、使うたびに還暦祝いの時に家族にお祝いしてもらった素敵な思い出を振り返り、幸せに浸ってもらえるものです。

また、季節を意識して、その時期にピッタリのアイテムにするという選び方もあります。

この2点を押さえておくだけで、還暦祝いのプレゼントは随分と選びやすくなるものです。ぜひこの2点を意識してみてください。

贈って喜ばれる実用的な還暦プレゼント例

還暦に傘をプレゼント

還暦祝いのプレゼント選びは、実用的なアイテム、時期にピッタリのアイテム、がポイントであることがわかりましたが、具体的にはどんな商品があるのでしょうか。

例えば、オシャレなデザインの傘を用意するという方法があります。傘であれば実用性がありますし、使わない時にはたたんでコンパクトな形にしてしまっておけますから、もらって困ることはないものです。

なお、還暦祝いのプレゼントとして傘を選ぶのであれば、名入れできるタイプにしておきたいところです。

こうすれば、特別感を演出できて良いものですし、他の人と被ったりせず世界に一つのご本人だけの傘を作ることができるのです。

なお、傘に名入れする際には、手元のところにネームプレートが付くことになる、という控えめな形ですから使いやすいですよ。

婦人傘だけでなく、紳士傘もありますから、両親どちらへの還暦祝いであってもプレゼントできて便利です。


プレゼントに人気、還暦祝いの贈り物

60回目の誕生日を特別なものに

命に係わる大きな病気や怪我がなければ、今やほとんどの方が80歳くらいまで生きることができるようになった日本。

そんな恵まれた環境の中で生きている私達ですが、人生に訪れる様々な節目の中でも、非常に特別感があるのが「還暦」ではないでしょうか。

特に還暦の60歳で長年勤めあげた会社を定年退職される方も多いでしょうし、仕事勤めを終えるという節目でもあり、人生80年時代の60歳、第ニの人生をスタートさせる節目でもあります。

また、一生に一度のお祝いですので、プレゼントも特別なものを贈ってあげたい、喜ばれるものを贈ってあげたい、という気持ちになりますよね。

そこで、この還暦というお祝いには、形に残るものや思い出に残るものをと考える方が多いようです。

男性にも女性にも人気のプレゼントとしてオーダーメイドのもの、が挙げられます。世界に1つしかないものを贈ると記念にもなりますし、形として残ります

具体的な品物で紹介すると、例えば財布や似顔絵、記念品、お酒といったものがあります。

これらの品物は、名前やメッセージを入れることができたり、好きな形にすることができたりするので、ただ購入するのではなく相手のことを考えながら作ることができる、という点で人気があります。

花も定番ですが人気です

還暦に喜ばれる花ギフト

ギフトの定番でもある花も人気がありますね。男性より女性の方が喜ばれるかもしれません。

最近では花束だけではなくオルゴールの中に花が入っていたり、ブラザーブドフラワーのような可愛らしいインテリアのようなものまであります。

フラワーケーキといったケーキのような花束もあります。少し違った花を贈りたい人には人気となっています。

やはり健康をいたわる方も多いようです

還暦に健康グッズ

男女ともに人気なのが、健康器具です。今は60歳といえど若い方が多いのですが、それでも40代、50代の頃の体の感覚と比べると、誰もが体の疲れが溜まりやすくなってくるのは間違いありません。

なので、少しでも体を労わって欲しいと健康に気を使っている人に人気があります

健康器具と言ってもいろいろありますが、一番人気はマッサージ器具のようです。

マッサージ器具と聞くとマッサージチェアを想像しますが、最近ではクッション型や足ツボなど様々な物が発売されています。

また色合いやデザインなども凝ったものが多いので、きっと気に入るものが見つかるでしょう。

プレゼントは気持ちなので相手のことを考えて選んだ物ならきっと喜ばれるでしょう。


ランキング入りの「還暦のお祝い」ギフト

還暦で赤ちゃんに戻る

日本では、60歳になると干支が一周をしてくるので、赤ちゃんに戻るという意味がある、還暦と呼ばれるお祝いをするしきたりになっています。

昔から私達のご先祖様もみんな60歳になると、両親や祖父母に赤いもの(ちゃんちゃんこや頭巾など)を贈って、還暦祝いをしていたようですが、現代は若々しい60歳の人が増えているという状況があり、赤い衣類を贈る人は減少しています。

ですので、赤いちゃんちゃんこではないそのほかのプレゼントを選ぶ方が多くなっているとも言えるのですが、では一体みなさんどんなものを選んでいるのか、気になりますよね。

ここからランキング入りの「還暦のお祝い」ギフトをチェックしていきましょう。

人気の還暦お祝いギフト一覧

還暦祝いに人気のギフト

健康器具

最初に紹介する「ランキングで人気の還暦のお祝いギフト」は、ズバリ健康器具・マッサージ用品です。

冒頭今の60歳は若い方が増えているとお伝えしましたが、それでもこのくらいの年齢になると、膝や足などに関節痛を少し感じはじめていたり、その他にも肩こりや腰痛などで悩んでいる、という人が多いのが現実です。

ですので、そのような体の節々の痛みに対して効果的な健康器具やマッサージ用品などは、今ある悩みを緩和するアイテムとして喜んでもらえるのでしょう。

お酒

続いて焼酎や日本酒、ワインなどのお酒を嗜んでいる方に、名入れ酒というチョイスがあります。

専門業者に依頼すると、名入れをして、丁寧にラッピングをしてくれます。中には生まれた日の新聞がセットになっているギフトもあります。

美容グッズ

若くありたい60代女性の方には美容グッズがぴったり。

60歳の女性は、元気で活力のある生活をしている人が多いので、いつまでもきれいでいて欲しいという人がほとんどです。

ファンデーションや口紅などのメイクアップ用品やスキンケア用品などの化粧品や、美顔器やローラーなどの美容グッズも高性能で操作がしやすい商品が販売されているので、贈ってあげると喜んでもらえます。

趣味の関連グッズ

男性の場合は、休日にゴルフや野球などのスポーツを楽しんでいる人が多いですが、元気な男性にはスポーツ用品やタオルなども実用的なので、高い人気があります。

おいしいお菓子

女性はもちろん男性も、甘いスイーツが好きな人が多いですが、日持ちのするおいしい和菓子や洋菓子が販売されているので、おいしいお茶やコーヒー、紅茶などと一緒に贈ると、ティータイムに楽しんでもらえます。


還暦の記念に最も喜ばれる贈り物。

還暦は第二の人生の始まり

人生いろいろな出来事を経験すると思います。その中でも、大きな節目として就職や結婚などが挙げられますが、古くから伝わる長寿のお祝い「還暦」もその一つだと言えます。

還暦とは満60歳をお祝いすることで、第二の人生の旅立ちをお祝いするという意味でもとても大切なイベントになります。

そんな還暦祝いのプレゼントとして喜ばれるものの一つとして、誰もが知っている赤いちゃんちゃんこがあります。

赤いちゃんちゃんこには、魔除けの意味や赤ちゃんの産着という意味があり、第二の人生も幸せに長生きして欲しいという願いがこもっているのです。

しかし、長寿のお祝いが広まっていった昔と比べて、今は60歳という年齢は「年寄り」や「長寿」のイメージは全くありません。

プレゼントに対し、これからの新しいスタートを幸せ&健康に生きてほしいという想いは込めたいのですが、「赤いちゃんちゃんこ」はどうしても「老い」を感じてしまうという方も少なくないのです。

ですので、ちゃんちゃんこが恥ずかしいという方には、赤いグッズを贈りましょう。赤いTシャツや赤いスカーフ、赤い帽子、赤い財布など縁起が良いですのでオススメですよ。

還暦祝いに世界に1つだけの湯のみ

そして、ちゃんちゃんこと合わせて贈るプレゼントとして人気があるものが、名入れアイテムです。名前入りのお酒や茶碗、湯飲み、箸などは、世界に一つだけの贈り物としてとても喜ばれるアイテムです。

最近では、名前入りのポエムなども人気があります。こちらは、還暦を迎えた方の名前を入れた詩をプロが製作してくれるというものです。

それだけでなくその詩をフォトフレームや時計、掛け軸などとドッキングして、心のこもった記念品・インテリアにしてもらえる商品です。

また子供から贈るのであれば、父と母でそれぞれ分けて贈るのがいいでしょう。

父であればお酒やお財布、ゴルフグッズなど、母であればお花やアクセサリー、ポエムなどそれぞれの趣味や好みに合わせたアイテムを選ぶことで、一層喜ばれること間違いなしです。

還暦に旅行をプレゼント

また、物ではなく一緒に旅行やディナーに行ったりすることも非常に喜ばれます。普段なかなか一緒にいることが出来ない方は、温泉や美味しい食事などを一緒に楽しみ、時間を共有することが素敵なプレセントになります

何を贈るにしても気持ちが大切で、心から相手の還暦を祝い、今後も更に長生きして欲しい!という想いを込めて贈ることで、相手にもしっかり気持ちが通じます。


還暦の父へプレゼント

干支が一回りで還暦

みなさん還暦という言葉はご存知だと思いますが、特に若い方などはそれがどういった意味やしきたりであり、どんなお祝いをして、どんなプレゼントをあげるのか、知らない方も多いと思います。

ですので、意味合い的なものを簡単にご紹介したいと思います。

還暦というのは、満60歳を迎えるお祝いのことを言い、昔から赤いチャンチャンコなどを送るならわしがあります。

そもそも還暦とは干支が一巡し、起算点となった年の干支に戻ることを言いますが、そこから転じて同じように起算点に返る数え年61歳を迎えた方が再び生まれた時の暦に返ったことのお祝いをいうのが一般的になりました。

いわば、暦が再び赤ちゃんの時と同じになるわけですから赤いチャンチャンコを送るのはそのためです。長寿の祝いとして行われるもので、昔は数え年が当たり前でありましたが、今では満年齢が主流となっているので、満60歳をお祝いする佳日として定着したものと言えます。

ただ還暦と言っても、このお祝いができたのはなんと江戸時代前後というから驚きです。

それくらいの時代を想像すると、もちろんまだ医療機器なんてものもなかったでしょうし、庶民もきちんとした食事というと、ごはん、味噌汁、漬物のような超絶シンプルなものを食べていたようです。

ですので、その頃の平均寿命は50歳前後。だとしたら60歳は長生きですし、長寿の部類に入りますよね。

ですが、現代の60歳はそのころの時代とは全く異なる環境にいますので、驚くほど若い方も多いです。

そういうことから赤いチャンチャンコではなく別の物を贈る還暦祝いが増えています

還暦に万年筆

勿論、還暦を昔ならではの赤いチャンチャンコでお祝いするのもよろしいでしょうが、例えば赤がワンポイントに入ったような、カジュアルで洒落たジャケットなどを贈られる方も増加傾向にあります。

また、時計や高級万年筆やボールペンなど、こうしたお祝いなればこそ一つ二つグレードを上げた物をプレゼントする方も多いようですし、お酒が好きな方ならば名入れ酒を選ぶ方もいます。

そのように、還暦祝いを贈られる方の趣味などに合わせた物を贈ることが今では主流になっています。

還暦を迎えた父親とともに労いの意味をこめて母親にも、例えば夫婦旅行をプレゼントするという方も増えているように、形式にこだわらず贈られる方が心より喜ぶものならば形の有無や価値の高低に関わらず素晴らしい還暦祝いとなるのではないでしょうか。


還暦の父へ贈り物

60歳の誕生日に感謝の心を伝える

多くの企業が60歳定年制を導入していますので、還暦祝いについて、特に父親の場合同時に定年のお祝いも兼ねているという家庭もよくあるのではないでしょうか。

とはいえ、今は経済的な事情から、定年後も65歳までは嘱託などで仕事を続ける人が増えています。

しかも、昨今大手企業が65歳定年制を導入し始めており、2017年末の政府の発表では、公務員も2033年度に65歳定年制を採用する検討に入っていることがわかりました。

定年制度の話はそこで止めておきますが、結論定年の年齢はこれから引き上がるという方向に向かっています。

さて、現状60歳=定年=還暦ということで大きな節目に家族みんなでお祝いしてあげるというところも多いかと思いますが、長い間家族を養うために一生懸命に働いてくれた父親に、ありがとうの気持ちを込めて、特別な誕生日として祝ってあげたいところですね

トレンドはちゃんちゃんこよりもお酒

お酒好きに喜ばれる還暦贈り物

最初に定年の話をしましたが、年齢が引き上がってもまだまだ働けるくらい健康で元気な方が多い、そういう時代です。

最近の60代の皆さんは、自身の気持ち的にもまだまだ自分は若いという意識が強いようです。

ですので、還暦のお祝いの際に、伝統的な赤いちゃんちゃんこや頭巾をプレゼントするよりは、本人が普段から大好きなお酒をプレゼントするのが流行だったりします。

そこで、ただお酒をあげるだけなら工夫がありませんよね。ですから、そのお酒に特別な演出をプラスしましょう。

実は、還暦祝いを専門に扱っているギフトショップに、サプライズ用の演出ができる商品が充実しているのです。

還暦祝い用のお酒セットは、お酒のドクターストップがかかっていないお父さんなら、高確率で喜んでもらうことができる鉄板商品ですよ。

そこに出産祝いや結婚祝いなどでよく使われている「名入れギフトサービス」を使ってみましょう。

お酒のラベルに自分の名前やメッセージがあるだけで一気に特別感が加わります。

還暦にメダルを贈る

普段は照れ臭いからこそ、品物にメッセージを添えて普段は言えないことも伝えてみましょう。

メッセージカードはサービスで付けてもらうこともできますし、今まで頑張ってくれてありがとうの気持ちを込めたメダルのプレゼントもいいでしょう

還暦祝い用のメダルもギフトショップなどで売っています。オリンピック選手でもなければもらえないメダルは誰しも憧れがあるので、きっと喜んでもらえることでしょう。


還暦をお祝いする究極の贈り物。

親や会社の上司、学生時代の恩師などの還暦祝いには、どういったものを贈るのが、喜ばれるのでしょうか。

還暦というと、60歳を意味します。60歳というと、多くの企業が定年の年齢と定めていますので、これを期に仕事をリタイアする人も少なくありません。

そういったことを考えた時、長寿のお祝いの還暦を迎えて、仕事も終わることから、赤いちゃんちゃんことのんびりしてもらうためにお茶と老眼鏡なんかをプレゼントしたらいいかな。

と思う方もいるかもしれません。しかし、今の60歳という年齢は決して長寿ではありませんし、仕事をリタイアすることは実質終わりを意味しますが、これから第二の人生を歩み始める大切な節目だという意味もあります。

ですので、最近は赤いちゃんちゃんこではなく、本人の好きなものや第二の人生を楽しめるようなものを贈る方が多くなっています。

ちなみに、お茶は弔事で使われ縁起がよくないのでNGギフトになり、老眼鏡も老いを感じさせるのでできれば避けた方が良いギフトになります。ご注意ください。

また他の選択肢としては、これまでの感謝の気持ちのこもったものも、よいかもしれませんね。会社をリタイアすると、新しい生活が始まりますので、新しい趣味を始めるための道具も喜ばれます。

最近では、60歳を過ぎても元気な人が多く、みなさんとてもアクティブです。トレッキングやヨガ、太極拳を始める人も多いので、そういった時に使えるトレーニングウェアなどもおススメです。

還暦と男の料理

女性の方ならば、定番中の定番ですがお花というチョイスもありです。今はプリザーブドフラワーの人気が高く、手入れが要らないということで、もらってうれしいアイテムの一つとなっています。

男性でも料理にはまる人もいますので、本格的な料理器具も候補に挙がります。囲碁や将棋なども、年配の方々には人気があります。

また、お酒が趣味の人は、老後にゆっくり飲める高級酒やオリジナルデザインのラベルを貼れるお酒はいかがでしょうか。

思い出の写真をレイアウトすると、世界に1本だけの特別なギフトになります。他では手に入らない、そういったものは感謝の気持ちも十分に伝わりますし、相手にも本当に喜んでもらえます。

もしあっと驚かせたい、スペシャルな演出をしたい、と考える方は「名入れギフト」を選んでみましょう。

いかがでしたでしょうか。還暦は人生にとって、とても重要なターニングポイントです。大切なその人の、大切な日の為に素敵なギフトを用意しましょう


還暦を祝う感動のラベル

還暦をお祝いしよう

還暦は満60歳の誕生日に行わなければいけないというルールはないのですが、1つの人生の節目として還暦祝いを満60歳の誕生日を中心に行う方が多いです。

還暦の赤は、かつては魔除けの意味で産着に赤色が使われており、生まれた時に戻るという意味が含まれています。

このように、還暦祝いは今まで頑張ってきたことを讃え、さらに第2の人生を進むための大切な行事です。

もし、家族や親戚に還暦を迎える方がいれば、ぜひお祝いをしてあげてください。そこで、このお祝いの際にどのようなプレゼントをあげたら、喜んでもらえるのでしょうか。

これまで還暦には赤いちゃんちゃんこ、というのが一般的な認識でしたが、今はちょっと違うようです。

これは余談になりますが、先日有名な芸人の方が自身のブログに、友達の還暦のお祝いをしたが、「赤いちゃんちゃんこなんてものは着ない、おじいちゃんじゃないんだから」と嫌がっていたため、赤いダウンジャケットをプレゼントしたらすごく喜んでもらえた、ということを綴っていました。

そういう話もあるくらい、今は還暦世代の方は意識が若く元気ですので、赤いちゃんちゃんこではないプレゼントが喜ばれる傾向にあります。

さて最近は、インターネットでギフトを選ぶ方が増えていますが、そこで調べてみるとかなり多くのギフトショップ&商品を見つけることができるでしょう。

ギフトの定番であるお花や、名前や言葉を入れてオリジナルギフトを作れる名入れ商品、その他品物ではないですが、旅行をプレゼントする方もいるようです。

還暦祝いに贈るお酒

ただ、その中でも還暦のお祝いで喜ばれているのが「お酒」なんです。

特に「名入れ酒」は、ラベルに特徴があり、そのラベルにお疲れ様でした、という様なメッセージを入れたり、還暦を迎える方の名前を書いたりできます。

こうしたメッセージや名前は、注文をしてから作ってくれるので、渡された側も自分のために用意をしてくれたのだと嬉しいでしょう。

還暦祝いに自分で書いたイラスト

また日付やイラストをいれることもできるので、還暦を迎える方と同じ年代のお酒を選んで日付を入れると特別感がでて、大変喜ばれます。

イラストは自分で書いたイラストでもプロの方に書いてもらったイラストでも良く、イラストをいれるだけでプレゼントが一気に華やかになります

さらに有名なブランドのお酒の場合は、もともとのラベルが華やかなことが多いので、特に名入れなど何もしないでも良いかもしれません。

このようにお酒のラベルには還暦を祝うための様々なサービスが用意されています。ぜひ一工夫して還暦を迎える方に喜んでもらいましょう。