「 還暦のプレゼント 」一覧

還暦祝いの贈り物

60歳の誕生日

もしかしたら、還暦のお祝いの時は「赤いちゃんちゃんこ」をあげたらいいよね、と軽く考えている方がいらっしゃるかもしれません。

しかし、そう安易に考えるのは危険です!今還暦祝いなら赤いちゃんちゃんこを贈ればいいというのは、古い価値観となってしまいました。

というのも、そもそも還暦とは、日本の長寿のお祝いの一つですが、60歳という年齢が「長寿」ではなくなってきているのです。

その証拠に、今の日本人の平均年齢は80歳を超えています。60歳は長い人生の中で最終地点に近い場所ではなく、通過点なのです。

ですので、見た目も気持ちも若い方に「赤いちゃんちゃんこ」は不釣り合いで、ちょっと年寄りな感じがする・・と思う方が増えています。

しかも特に女性の場合は、年齢をはっきり伝えることになるようなアイテムは嫌がられてしまいます

結論、今は赤いちゃんちゃんこ以外のギフトを贈るのが主流なのです。

男性の場合は、お酒などが好まれ「名入れ」したお酒をプレゼントするのも人気が高いのですが、女性の還暦祝いの場合はどんなものを贈るのが喜ばれるのか、いくつになっても女性の心は難しいので、何を渡したらいいのか、悩んでしまいますよね。

あまり還暦だから60歳になったからと意識をしないで、いつもよりも贅沢で高級感のあるものを贈るようにしたら、年齢のことで嫌な気持ちにさせることなく誕生日を過ごせるのではないでしょうか。

還暦祝いに贈る具体的な品の例

還暦に赤いルビー

まず新しい還暦祝い用のプレゼントで多いのが、ブランド物のバッグです。

普段はなかなか高いバッグは買えないものですが、有名なブランド品のものを各一個ずつくらいは持っておきたいと思うのが、女性です。

そのささやかな夢をかなえてあげましょう。

次に人気のプレゼントが、ブランド物の財布です。予算にかなり余裕があるなら、バッグとセットでもいいですね。

宝石を贈る場合に、還暦用として赤いルビーやガーネットを贈るのがトレンドです。

もちろん、本人の好んでいる宝石でも構いません。ルビーなどのように、還暦祝いの要素を少しでも出したい場合に、赤いものを贈るパターンが増えています。

そして、プレゼントと一緒に60本分のお花を使った赤い花束を贈るのも素敵ですね。

お花ならば、今はプリザーブドフラワーを贈る人が多いです。こちらは水をやったりせずに長くきれいな状態が保てるので、還暦以降も長寿のお祝いでチョイスすると喜んでもらえることは間違いなしです。


還暦祝いの品はこちら

還暦と干支の関係

還暦祝いの定番と言えば、「赤いちゃんちゃんこ」ですね

還暦というのは「暦(こよみ)が還(かえ)る」という意味です。

お馴染みの十二支と、現代ではあまり馴染のなくなった十干が組み合わさったものが干支ですが、その干支=暦が一周して元に還るのが六十年なのです。

そこで、第二の人生が始まる、として赤ちゃんの産着であったちゃんちゃんこを着る風習になったようです。赤というのは魔除けの色です。

まだまだ若い60歳

でも、平均寿命が五十歳そこそこであった昔ならばいざ知らず、現代の六十歳はまだまだ若く、現役です。

「赤いちゃんちゃんこなんて年寄り扱いされるみたいで嫌!」という方もいらっしゃいますよね。

ですので、そんな方にも喜んでいただけるお祝いの品として、「六十」もしくは「赤」にちなんだものをプレゼントされるのはいかがでしょうか。

では実際に喜ばれるプレゼントとは?

還暦に赤い花束

例えば、「六十」にちなんだものとして、六十年もののお酒などがあります。この「お酒」のギフトは、昨今人気のある商品なんです。

特に、ただの市販のお酒をプレゼントするわけではなく、その瓶のラベルに、お祝いされるご本人の名前や、家族から日頃の感謝を込めたメッセージを入れる「名入れ」を施すのです。

ちなみに、今の方はほとんど疑問があったり、商品を買ったりするのに、インターネットで解決されている方が多いと思いますが、その「名入れギフト」もネットショップにたくさんラインナップされています。

その中でも、その名入れしたお酒に、生まれた日の新聞をセットにできるお店・商品があるので、ぜひチェックしてみてください。

日付は指定でき、生まれた日でなくても結婚記念日などでもいいですし、そんな新聞がついていたら、還暦のお祝いの際に家族との会話もすごく盛り上がること間違いなしです。

その他、「赤」にちなんだものとして、赤い花で作った花束やルビーなどの宝石のアクセサリーは、女性にとても喜ばれるでしょう

花も、プリザーブドフラワーであれば、生花よりも長い時間とっておけますし、手間もかかりません。

商品とは別に、感謝の気持ちを手紙やメッセージカードにしたため添えてあげると、さらに喜ばれるのでおすすめですよ。

どんなものであっても、プレゼントは贈った人、受け取った人それぞれが喜ぶものがいいですね。

「おめでとう」「ありがとう」の気持ちを込めたお祝いの品を考えてみてはいかがでしょう。ぜひこれらの内容を参考にしてみてください。


名入れラベルと記念日新聞で還暦の贈り物を

還暦に心に残るギフト

普段ご家族の誕生日や母の日、父の日、敬老の日など日頃の感謝を表す日に、きちんとプレゼントを用意して、みんなでお祝いしているという方もいらっしゃるでしょう。

その反対に誕生日も含め、日頃は家族全員バラバラでお祝いなんかは特にしない、という家庭もあると思います。

ただ、ご家族の還暦という人生の大きな節目には、何か印象に残るものをプレゼントしたいと思いませんか。

そこで、人生の節目の時ですので特別なものをと考えた場合、名入れラベルの入った焼酎やワインなどをプレゼントするのがおすすめです。

ラベルの部分にはお祝いしたい人の名前を入れるのは勿論の事、その人の誕生日やお祝いに関するメッセージ、例えば「いつもありがとう」「感謝」「祝還暦」などの文字・文章を入れることもできます。

また、この名入れボトルのいいところは、全部飲んでしまった後も空瓶を飾って楽しめる、というところです。

還暦に生まれた年のワイン

さらにワインの場合でしたら、その方が生まれた年のワインをチョイスすることもできますよ。

ラベルのデザインは、スマホやPCから簡単にネット注文できるお店が多いのですごく簡単に依頼できますし、その方の好みで選ぶといいですね。

そして、他にもおすすめしたいのが「記念日新聞」です。

これは、誕生日プレゼントの定番でもあるのですが、その方の生まれた日の新聞を、きれいに表紙を付けて装丁した状態で販売してくれる、というサービスなんです。

人生の中で自分が生まれた日、時代に何があったのか、どういう時代だったのかというのを知る機会は滅多にありませんよね。

お祝いされる方の生まれた日の出来事を知ることができ、しかもテレビ欄なども掲載されているので、その当時の文化を知ることもできます。

インターネットで注文

新聞にも色々とありますが、好きな新聞社のものを選べるというのも特徴です

さきほどのワインの注文と同じく、こちらもネットから簡単に注文できます。タイプも色々とありますので、好きなページ数を選べますし、予算に合わせて適したものをみつけましょう。

あと、タイトルをつけたり名前を入れるサービスもあります。名前が入っていればオリジナルの雰囲気が出ますので、より喜んでもらえるでしょう。

一生の記念に残るようなプレゼントは、あげた側にとっても満足感があります。

今回ご紹介したギフトについては、価格もそれほど高くないものもありますので、低予算で思いでに残るものを検討している方にもおすすめです。


旅行先にも届けてもらえる還暦祝いギフト

還暦のサプライズギフト

今は人生80年。これまでたくさんの出来事を経験し、長い人生の中でも自分が還暦という大きな節目に達するというのは、感慨深いものがあると思います。

そんな還暦祝い。周りの家族や親戚などでお祝いする場合、より印象的なものにするためにどんな方法があるのでしょうか。

それは、「還暦祝いのギフトを旅行先に届けてもらうこと」です。

まず「旅行」については、その方の思い出の場所だったり、以前から行きたかった場所などをチョイスするといいですね。

また参考に紹介しておきますが、50歳以上の方で、特に人気の観光地というと北海道や京都、広島などが挙げられます。

さらに、60代の方の国内旅行先ランキングでトップ3だったのは、福岡県、大阪府、東京都だそうです。(2015年調べ)

温泉旅行も人気が高いですし、中には「長寿お祝いプラン」がある宿もあるので、いろいろと検討してみてくださいね。

さて話は戻りますが、ギフトが旅行先に届くなんて、「旅行」そのものがプレゼントですので、還暦を迎える人はもうこれ以上プレゼントはないものだと思うのが普通です。

しかし!そこにさらにプレゼントが届けられたら、贈られた方はどう思うでしょうか?!きっと、思いもよらぬサプライズということで、最高に喜んでくれます

家に届くのも嬉しいものですが、旅行先ならさらにテンションも上がりますし、いい記念日になるでしょう。

ただ、そこで一つ疑問がでてくるのですが、そもそも旅行先に還暦祝いを届けてもらうことなどできるのでしょうか。

旅行先に送る方法と注意点

旅先に還暦のプレゼントを送る

実は、還暦祝いのギフトはネットで買うことができますが、決して贈る相手の自宅でなければ届けられないというわけではありません。

しかしここで注意があります。必ず宿泊先には自分の荷物が届くということを伝えておいてください

勿論言わなくても対応してもらえる場合もありますが、言っておいたほうが安心です。さらに荷物を置いてもらえるかどうか確認をしておくといいでしょう。

大体の場合は言えば対応してもらえますし部屋まで届けてくれます。

さらに注意ですが必ず宿泊施設に宿泊する前には届けられるように注文してください。もしも出て行った後で届いた場合サプライズをしかけられないからです。

ケーキなどの賞味期限のあるものや花束のように扱いが大変なものはやめておきましょう。花にしたい場合はプリザーブドフラワーなど枯れないものがおすすめです。

二重の楽しみにきっと親御さんも喜んでくれるでしょう。


60歳のお祝いには特別なプレゼントを。

60歳には心のこもった贈り物を

父親や母親、義母や義父の還暦祝いには、毎年の誕生日プレゼントとは違った何か特別なギフトを贈ってあげましょう

還暦祝いは、これからも健康で長生きしてほしいという気持ちを伝えるためのものです。

伝統的な贈り物としては、赤いちゃんちゃんこや頭巾などが有名なところですが、ただ、この赤いちゃんちゃんこ。今の60歳の方々にはちょっと嫌がられることがあります。

というのも、還暦祝いの慣例が一般的に広がっていったのは、江戸時代前後ということです。

そこから考えると現代の人々の感覚は全く違うものになってしまいましたので、精神的にも若い現代の60歳にふさわしくない贈り物は避けた方が無難です。

近年は年齢を強調しないプレゼントが好まれる

還暦の贈り物に赤いTシャツ

そこで、あまり年齢を強調しすぎないで、「還暦を特別にすてきなことだとお祝いするためのギフト」が求められます。

ちゃんちゃんこではなくても、還暦を象徴する色である「赤」をとりいれたギフトを贈ることは、別に老いを感じさせることではないと思います。

ですので、赤をワンポイントに取り入れた還暦祝い用のTシャツやキャップがおすすめです。

今はネット上にかなりたくさんの還暦祝いギフトが用意されていて、他のお店との競争意識も働いてかその店独自の凝った商品が目につきます。

ですので、Tシャツやキャップなども、そのまま身につけても還暦祝いだと分からないくらいおしゃれに作ってあるものもあれば、あえて数字の60を強調したりインパクト重視で還暦だという事を全面に出しているものもあったりします。

どちらが好きかは本人の性格・趣向によりますので、日頃から本人の好みを探っておくと良いですね。

赤いブリザードフラワー

また、着用しないものでも、赤いものを贈りたいならぬいぐるみやプリザーブドフラワーがあります。

ぬいぐるみが、自分の代わりに赤いちゃんちゃんこを来ている姿は、とっても可愛らしいですし、流行のプリザーブドフラワーは真っ赤なバラがインテリアにも映えます。

このプリザーブドフラワーだと、毎日花瓶の水を変えたり、日の当たるように場所を変えたり等世話をする必要が全くないので、手入れが面倒な方には生花よりも喜ばれる傾向にあります。

さらにギフト専門店なら、これらにその人が生まれた日付の新聞を加えてくれるなどのサービスも行っています。

これなら誕生日プレゼントとしても素敵ですし、本人をお年寄り扱いしないで60歳という年を喜んで迎えることができるのではないでしょうか。


60歳のお祝いを名前入りラベルで!金箔も入って見た目もおいしい!

特別な贈り物

お世話になった両親や知人・友人の60歳の還暦祝いは、特別な贈り物をしたいという方も多いのではないでしょうか。

還暦というと定年で仕事を辞める方も多く、新しい人生の始まりでもあります。

ちなみに余談ですが、いつの日だったか還暦を迎え、今まで公務員として働いていた方が、昔からの憧れだったすし職人になり、すし店を開業したというニュースをみかけたことがあります。

そういった方もおられるので、そういう新しい道へ進んだり、新しいことを始めたりする節目でもあることを含めて、特別感を演出した特別なギフトを選びたいところです。

そんな時、頭に浮かぶものと言えば、お酒類です。男性は特にお酒が好きですし、祝いの席で一緒に飲むことが出来る為、贈る側も贈られる側も大満足できます。

そんな還暦祝いに贈りたいお酒ですが、せっかくのおめでたい記念日ですので、世界に一つだけのオリジナルなお酒を用意しましょう。

ラベルにもこだわって、還暦を迎える方のお名前をプリントします。こちらは頼めば業者の方が用意してくれます。

感謝の言葉や、子ども達の名前も一緒にラベルにプリントするなど、様々なタイプがありますので、是非調べてみて下さい。

貰って感動できる還暦の贈り物

名入れ日本酒の贈り物

お酒の瓶の中には金箔を入れることも出来ます。これによって、祝いの席がぐっと華やかになりますね。

60歳の還暦祝いに、自分の名前入りのオリジナルボトルでお祝い出来るなんて想像もつかなかった、という方も多くいるようで、中には涙してしまうかたもいらっしゃるそうです

自分たちがいろいろと考えて選んだプレゼントを、涙まで流して喜んでもらえたら・・。そう想像しただけでこちらまでアツいものがこみ上げてきそうです。

さて、金箔入りのお酒についてですが、味ももちろん抜群で、還暦祝いの贈り物で常に上位をキープし、1位になることがほとんどです。

贈り物を何にしようか迷ってしまう・父親の好みが解らない、と悩んでいる方がいらっしゃったら、是非お勧めしたい商品ですので検討してみてください。

家族みんなで一緒にお祝いできるということ自体が一番の贈り物でもありますので、普段伝えることが出来ない感謝の気持ちを是非この機会に、金箔入りのお酒とともに贈ってみて下さい。

最高の演出で、還暦のお祝いが家族の絆を深める貴重な機会にもなりますよね。ちなみにお酒をプレゼントしたら、笑顔で一緒に飲んであげることも、お忘れなく!


60歳の記念に還暦プレゼント

還暦のお祝いに

還暦祝いとは、満60歳を迎えたことを祝うもの。

そもそも、60歳を迎えた方に対して長寿を祝い、またこれまでのことに関しての敬意や感謝の気持ちを表すもの、という意味合いがある「還暦」。

長寿祝いのひとつですが、他の長寿祝いは数え年で行うことが多い中、還暦祝いに関しては満年齢でお祝いすることが多いです。ですので、お祝い会やプレゼントを行う場合は、60歳の誕生日が最適だといえます。

そんな「還暦」ですが、みなさん今還暦のお祝いでどういったプレゼントが定番なのか、喜ばれているのか、知らない方がほとんどだと思います。

ひと昔前は、還暦には赤いちゃんちゃんこでしょ?という感じで、赤いちゃんちゃんこさえ選んでいればいいだろうという感覚の方もおられたかもですが、今還暦祝いの記念として選ばれるプレゼントは、赤にちなんだもの、60にちなんだもの、健康にちなんだもの。

これらが選ばれる傾向にあります。

還暦と干支

ちなみに赤にちなんだものが選ばれる由来は、還暦が十二支と十干の組み合わせからなる干支が60年で一巡し、元の干支に還るという意味があり、そのことから赤ちゃんのような赤いちゃんちゃんこを身に着けてお祝いするというしきたりから来ています。

ですので、結局赤いちゃんちゃんこでいいのでは?と思われるかもですが、今はこの赤いちゃんちゃんこは定番ではなくなっているのです。

これは普段使いしにくいですし、今の若い60歳には「おじいちゃん・おばあちゃん扱いされてる」という印象をもたれる場合も。

もしどうしても贈りたいのであれば、お祝い会での衣装として安価なものを用意すると良いと思います。そして、その他にきちんとした贈り物を準備しましょう。

では今の定番は?というと、ちゃんちゃんこ以外の赤色を基調にした花束や衣類、装飾品です。

60歳と60キロのお米

また、60にちなんだものの由来は、60歳という年齢から来ており、6万円分の商品券、60キロ分のお米、といったような商品が選ばれることもあります。

健康にちなんだものは、ますます健康で元気で過ごしてほしいという意味合いによって、歩数計や体重計、マッサージ機などの健康器具が選ばれます。

その他にも、名前や年齢入りのラベル入り商品、お酒、メッセージ入りの色紙や時計など、個性的で特別感のあるプレゼントを選ぶ人も多いです。

特に「名入れギフト」というものが昨今人気ギフトの上位にランクインすることが多いので、参考にしてみてくださいね。


家族で祝いたい方必見の還暦プレゼント

家族への還暦祝い

還暦祝いは、もちろん祝い事ですからそれと食事会、みたいなものだけで終わるのではなく、できればプレゼントも用意したいところです

ですが、ここで悩むのがそのプレゼントの選択。

相手が還暦ということは、プレゼントを選ぶ方の息子、娘側も成人しそれぞれの家庭を持っていたり、独立していなくても社会人にはなっていることが多いので、子供の時に比べたら普段の生活の中での接触は減っていることが多いと思います。

そうすると、最近の好みは何か分からない、あらたまって聞くのも無粋、ということもあるかもしれません。

ただ、還暦の場合は一般的に「赤いちゃんちゃんこ」というイメージがありますよね。

実際赤いちゃんちゃんこや頭巾はプレゼントとして贈られることが多いのですが、今は「なんだかすごく歳とった気がするから嫌だな」と思う方もいます。

そこで、定番で年齢を感じさせないような、今の還暦世代の方に喜んでもらえるプレゼントをご紹介します。

還暦祝いにも喜ばれる定番プレゼント

還暦に財布をプレゼント

まず第一に挙げるのは、財布です。還暦祝いに限らずプレゼントの定番とも言える財布。

日常生活ではほとんどの人が必須とも言える品なので無難なところとは言えるのですが、プレゼントとなると高級ブランドのものを安易に選んでしまいがちです。

もちろん高級ブランドは高級ブランドで良いものと言えますが、ここはどちらかと言えば、品質、素材で財布を選んでみてはいかがでしょうか。

例えばそういったものとして、ブライドルレザーと呼ばれる素材を使った物がおすすめです。

これはイギリスで1000年以上前から続く伝統的な製法で、職人により革に何度もロウを塗り込むことにより作られます。

ちなみにそのロウは「ブルーム」と呼ばれており、使っていくうちにどんどんそのブルームが取れていき、使い込むほどそれぞれに独特の風合いが出ます。

この素材は、高級感があるだけでなく、しなやかで耐久性も良いです。以前はイギリスで馬具等で使用されていた皮革ですから、堅牢性はお墨付きです。

このように、まさしくオンリーワンな一品となっていきますので、特別感を出したいというプレゼントにはぴったりな品物です。

そして予算がある方はプレゼントと一緒にお花も添えると喜ばれます。そのお花にメッセージカードなどをつけるとさらに良いです。

お花については、今は男性の方にも喜ばれる水やりなどの手入れなしでただ飾っておくだけで楽しめるプリザーブドフラワーが人気です。


完全フルオーダーで最高級の贈り物!

60歳の誕生日祝い

還暦祝いというのは、元来60歳になったことを祝うイベントでした。

しかし、今日においては60歳というのは現役で働かれている方が居るなどハツラツとしており、従来の還暦とは大きく印象が異なります。

そのため、節目の年齢としてお祝いしたいもののプレゼントするものによっては高齢者扱いしてしまうため気が引けてしまうものです。

還暦祝いにも喜ばれる花束

還暦に花束

そもそも、還暦祝いというのは原点に戻るということを祝うという意味合いがあります。

そのため、本来子供や赤ちゃんが身に纏うべきちゃんちゃんこを贈り物にする風習があるのです。

ところが、現代において還暦祝いを受け取る側というのは現役で現場で仕事をしていることも珍しくないため、嫌味になってしまうこともあります。

そのようなことを解消してくれるのが、プレゼントする相手や予算に応じてオーダーすることが可能な花束です。

年齢に対して老いなどマイナスイメージを感じさせない、全く嫌味を感じさせない還暦祝いが花束なのです。

花と言えば日頃の誕生日やおめでたい席において、日常的にやり取りされるものです。

プレゼントされることで嫌な気持ちになる方というのは居ないと言っても過言ではないほど好かれるものです。

還暦に赤色の花束

還暦のお祝いに贈る花束の定番と言えば、赤いバラ60本の花束です。

ですが、その季節の赤い花を織り交ぜることで、お祝いしたい人に対し嫌な気持ちをさせずに還暦祝いという意味合いを持たせることができるので、違った色味の花も取り入れながらアレンジメントするのがおすすめです。

外見も華やかなので、大きな規模の祝いの場で差し出しても見劣りしてしまうことはありません。フルオーダーなので、会場の大きさに応じてサイズを変えるのも良いです。

また予算に応じて、数千円のものから数万円のものまで、自由に選んで注文することができるのもメリットです。

ちなみに家族に贈る花束の場合の予算は、5千円くらいから高くても1万円ほどが一般的なようです。

そして、今はプリザーブドフラワーという生花とほぼ同じほどの美しさを持ちながら、水をやったり世話をすることなく、長い期間状態を保つことができるお花があり、そちらも人気があります。

ただ、これは加工していてもともと手間がかかっていることから、生花よりも価格が高い傾向にありますし、壊れやすく湿気に弱いなど特有の性質も兼ね備えていますので、少し注意が必要です。

いかがでしたでしょうか。ぜひ完全フルオーダーのお花で、すばらしい還暦のお祝いを実現してあげてくださいね。


感謝の想いをメッセージ入りラベルで

還暦に感謝のメッセージ

人によって感じ方は違いますが、20歳の時に「もう二十歳か・・」としみじみ振り返る人はあまり多くないでしょう。

しかし、60歳になったときに「もう自分も六十か・・」としみじみ自分の人生を振り返る方は多くいると思います。

もしご自身が、そんな人生の大きな節目である還暦の60歳に達した時、家族から盛大にお祝いしてもらえると、すごく思い出に残りますし嬉しくなりますよね。

それだけ人生経験を積み重ねてきただけに、還暦や喜寿、米寿など長寿祝いの節目というのは、その年齢に達するたびに、感慨深いものがあると思います。

ですので、その長寿のお祝いには、普段の誕生日とは違った特別なプレゼントを用意してあげるのがおすすめです。

特に還暦祝いには、普段伝えられない感謝の気持ちを込めてメッセージ入りラベルをつけたお酒などを贈ってみてはいかがでしょうか。

ラベルに入れる文字は印刷してくれるので、自分で書けない人でも問題ありません。

例えば、タイトル(祝還暦)、メイン(還暦者の名前)、メッセージ(いつもありがとう)、日付け、などと入れてラベルをデザインすることができます。

メッセージがある程度決められていて、その中から選べるようになっているものもあります。

還暦者の名前が入っているので、それを見ながらお酒を飲むというのも乙です。

自分の名前が印刷されたお酒の瓶は照れくさくなってしまうような感じがありますが、贈り物としてかなり喜ばれているようです

お酒の贈り物

飲み終わっても瓶を取っておく人も多いようです。日本酒であれば一升瓶にすると、かなり存在感のあるプレゼントになります。

そのまま飾っておきたくなるような存在感があるので、一生の思い出としてうってつけです。

ちなみに、一升瓶は一生に一度の還暦祝いという意味で、一生の感謝を込めてというニュアンスがあります。

ワイン好きの人であれば、赤ワインにメッセージ入りラベルをつけて贈ってあげても喜ばれます。自分が生まれた歳のビンテージワインなどを贈れば、思い出話に花が咲きそうです。

単にお酒を贈るというのでは味気ないですが、メッセージ入りラベルがついていると一味違います。

子どもから送られたものであればなんでも嬉しいという人も多いですが、ラベルがついているとさらに喜びがアップします。

還暦祝いのプレゼントというのは、本当にいろいろとあって迷う方も多いとは思いますが、今回ご紹介した「名入れのお酒」も人気の高いギフトですので、選択肢の一つに入れてみて頂けたらと思います。


還暦のお祝いに何をプレゼントするか

元気に還暦を迎えられたお祝い

自分の親が長生きすることはとても嬉しいことです。しかし、全ての人間が長生きできるということはありません。

そのため、自分の親が還暦を迎えた時にはお祝いをするというのが世間一般的に常識となっています。お祝いは家族だけでなく親せきを呼んで行うこともあります。

本人としては大勢の人に祝ってもらった方が嬉しいと感じることが多いので、このような祝い方をするのはかなり喜ばれると考えられます。

祝うときに大勢の人から祝福されるのも大事ですが、それだけでなく祝い事なのでプレゼントもかなり重要になってきます。

せっかくなら特別なプレゼントを

還暦プレゼントにはメッセージカードを添えて

還暦のお祝いに、本人が欲しがっているものを贈るというのも大事ですが、一生に一度しかない機会なので、特別感のあるものを選ぶのが一番良いと考えられます。

最近では様々な店舗で還暦の際の贈り物を特集していたりしていますが、インターネットでギフトサイトを利用する人も多くなっています。

インターネット通販のギフトサイトでは、今まで商売をしてきた中で培った経験や様々なアンケート、購入者の傾向などを基にして喜んでもらえるプレゼントを販売しています。

このようなサイトを利用することで、本人に喜んでもらえる贈り物を見つけることができますし、購入しなくてもどのようなものが一般的に贈られているのかが分かるので凄く参考になります。

購入した際には、あらかじめ贈り物だということが前提となっているのでメッセージカードなどが無料でついてきます。

これを使って今までに伝えられなかったメッセージを伝えるというのも喜ばれます。

還暦プレゼント専門の通販サイト

還暦プレゼント専門サイト

最近では、このようなギフトサイトの中でも還暦のプレゼント専門の通販サイトができています。

販売されている商品は、全てその年代の人向けのものになっています。デザインも色合いも落ち着いたものが多く、好まれやすいものになっています

また、このようなサイトでは、最近の贈り物がどのような傾向になっているのかをランキング形式で掲載していることもあります。

このようなサービスが行われているということで、口コミでもかなり有名になっており、利用者もかなり増えています。

なかなかプレゼント選びというものは迷って時間がかかることが多いですし、自分で考え付くものにも限界があるものです。

お祝いの席で心から喜んでもらうために、このような専門のサイトを使ってみるのも良い方法であると言えます。


還暦のお祝いやプレゼントについて

還暦のお祝いに

最近は還暦と言ってもまだまだ現役で活躍しているシニアの方がたくさんいます。

しかし、子供の側からすれば親の人生の一つの節目として、また、今まで自分を犠牲にしてまでも仕事や子育てに奮闘してきた親へ感謝の気持ちを込めて、何か祝ってあげたいと思うものです。

還暦祝いで迷うのは何をプレゼントしようかということです。最近ではインターネット通販で様々なタイプのギフトを購入することができます。

お酒が好きな人なら普段なかなか買えないような高級なお酒を贈るのも良いでしょうし、体に気を付けていつまでも元気でいてほしいなら健康グッズが最適です。

また、最近は名入れギフトも豊富で、グラスやフォトフレームなどのギフトアイテムに名前やメッセージを入れるサービスもあります。

名入れギフトなら他にはないオリジナルなギフトを贈ることができます。

いずれにしても、普段から親とコミュニケーションを密に図り、親の好みを把握しておくことでおのずと何を贈ったら喜んでもらえるかわかるようになります。

還暦に思い出づくりのお祝い

還暦に家族旅行

物を贈るのではない別の祝い方としては旅行券をプレゼントするのも一つの方法です。旅行券よりも良いのは親子で一緒に旅行に出かけることです。

旅行に行くのが子供の時以来という人は、ずっと親子で一緒にいるなんて、と最初は気恥ずかしい気持ちになることもあります。

しかし、たまには親子でゆっくりと旅行に出かけることで親子の絆が深まりますし、子供が成長してから一緒にどこかに出かける機会も少なくなっているはずですので双方にとって良い思い出作りとなります

ちなみに、今は長寿祝いのプランが準備されている宿もたくさんあります。そのようなプランでは、無料サービスでちゃんちゃんこや帽子を貸し出してくれたり、記念撮影・記念写真のプレゼントがあったりと嬉しい特典もあります。

あまりお祝いに予算がかけられないという場合は、ギフトを用意したり旅行に出かけなくても、家族みんなで集まってお祝いするだけでも十分に喜んでもらえるはずです。

親にとっては、子供が自分の還暦を祝ってくれた、その気持ちだけで満足なのです。

ちょっとだけ頑張ってごちそうを作ってみんなで料理を囲みながらなんてことはない会話を楽しむだけでも立派なお祝いです。

さらに赤いちゃんちゃんこ・帽子を用意しておけばグッと雰囲気が出てきます。

赤いちゃんちゃんこ・帽子はインターネット通販で比較的リーズナブルな価格で販売されています。


還暦お祝いのプレゼントについて

還暦のプレゼント

60歳という人生の特別な節目をお祝いするのが「還暦」です。

還暦のお祝いプレゼントをお探しの方のために、本日は今どのようなプレゼントが人気なのかを踏まえて、よりよいお祝いプレゼントについてご紹介していきたいと思います。

還暦とは干支が一巡して起算点となった年の干支に戻ることを言います。数え年61歳のことを言いますが、現在では満年齢が用いられることも多くなってきているようです。

またお祝いを満60歳の誕生日などにおこなわれる方も多いと言われています。

日本では赤い色をした頭巾やちゃんちゃんこなどを贈るという風習が残っています。

これは魔除けの意味で産着に赤色が使用されていたため生まれた時に帰るという意味があるようです。

西洋などでは60周年にダイアモンドなどが贈られることがあるようです。

近年の還暦プレゼントの傾向

還暦にゴルフ用品をプレゼント

どのような贈り物をしたらいいのか迷っていらっしゃる方も多いですが、最近はさまざまなプレゼントがなされています。

お酒をたしなむ方には名入れのお酒や名入れのサーバー、名前や記念日を刻印することができるサービスなどがあります。

ゴルフ好きの方にはゴルフ用品などのような実用的な商品を贈られるようです

赤いものを贈りたいけれどちゃんちゃんこは実用的ではないなと感じる方も多いようです。そのような場合に赤い色をした実用的なグッズに人気があると言われています。

その他にも似顔絵サービスをおこなっている会社などもあるようです。赤いちゃんちゃんこを着たテディベアや誕生石のジュエリーなどを贈られる方もいらっしゃるようです。

お父さんなど男性への贈り物ランキングで上位にくるのは日本酒や焼酎、ワインなどのお酒類だと言われています。

還暦のプレゼントには贈り物専用サイト

還暦の贈り物専門サイト

お酒のラベルに名入れをおこなったり、生まれた年の新聞紙を付けてくれたりなどのサービスをおこなっている会社もあるようです。

お酒は桐箱に入れてラッピングしてくれるため贈り物としても喜ばれ、送料無料でおこなっているところも多いと言われています。

贈り物専用サイトなども多くなってきていますので、贈る方や予算などからどのような商品があるのか選ぶことができるようになってきています。

さまざまな商品が取り揃えられていますので参考にされていらっしゃる方も多いようです

現在では定年年齢が上がってきていますが、従来は定年退職の年齢とも重ねっていたこともあり第2の人生を祝うご家族が増えてきているようです。