還暦のプレゼントに最適なシャンパン

還暦にシャンパン

フランスの首都パリの北東部にあるシャンパーニュ地方で生まれた発砲ワイン「シャンパン」元々はフランスのシャンパーニュ地方の中心にある、ランス大聖堂で行われた様々な式典の時に、祝宴に用意されたていたのですが、その後に貴族や富裕層を中心に広まったと言われています。

そこから長い歴史とともに世界各地に広まっていき、今日では祝宴の場や誕生日や記念日などの特別な日には欠かせないものになりました。還暦祝いにはこちらのようなワインもありますが、私はシャンパンがオススメです。

シャンパンとスパークリングワインの違い

シャンパンとスパークリングワインの違い

そんなシャンパンがよく指摘されるのがスパークリングワインとの違い。まず一目瞭然でわかるのは値段の違いです。1000円くらいから、手軽に買えるスパークリングワインに比べて、シャンパンは安いものでも、4千円以上です。高いものになると、数十万円を軽く超え、ビンテージがついているものになると100万円を超える高級なものもあります。

しかし、そもそもスパークリングワインもシャンパンもどちらも同じ発泡ワインであるということを忘れてはいけません。ではなにがこの格差を生んでいるのか。それはスパークリングワインのなかの特別なものを、シャンパンと呼ぶことに訳があります。シャンパンと呼ばれるスパークリングワインには、大きな3つの特徴があります。

シャンパーニュ地方で製造されたものだけに許される呼称

シャンパーニュ地方

まず一つ目に挙げられるのはワインの生産地です。冒頭でも述べたように、フランスのシャンパーニュ地方で製造されたスパークリングワインだけを「シャンパン」と呼び、原料のぶどうもシャンパーニュで取れたものだけを使用します

そして二つ目にはワインの製造法が挙げられます。発酵方法が決まっていて、「瓶内二次醗酵」という製造法で、作られます。瓶に、炭酸ガスなどを注入させないことや15ヶ月以上熟成させるのが特徴です。製造方法に関しては、とにかく手間と時間がかかるといえるでしょう。

最後にぶどうの種類です。シャルドネ、ピノ・ノワール、ピノ・ムニエの3品種が基本であり、2010年からは7つのぶどうが認められるようになりました。この3つの条件をクリアした特別なスパークリングワインが生まれるのです。長い勤労生活を終えて、還暦を迎えためでたい祝宴の場に特別なスパークリングワイン「シャンパン」はいかがでしょうか。古希のお祝いにもおすすめですよ。サイトはこちら→https://koki70.com/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする