還暦の父へ贈り物

60歳の誕生日に感謝の心を伝える

多くの企業が60歳定年制を導入していますので、還暦祝いについて、特に父親の場合同時に定年のお祝いも兼ねているという家庭もよくあるのではないでしょうか。

とはいえ、今は経済的な事情から、定年後も65歳までは嘱託などで仕事を続ける人が増えています。

しかも、昨今大手企業が65歳定年制を導入し始めており、2017年末の政府の発表では、公務員も2033年度に65歳定年制を採用する検討に入っていることがわかりました。

定年制度の話はそこで止めておきますが、結論定年の年齢はこれから引き上がるという方向に向かっています。

さて、現状60歳=定年=還暦ということで大きな節目に家族みんなでお祝いしてあげるというところも多いかと思いますが、長い間家族を養うために一生懸命に働いてくれた父親に、ありがとうの気持ちを込めて、特別な誕生日として祝ってあげたいところですね

トレンドはちゃんちゃんこよりもお酒

お酒好きに喜ばれる還暦贈り物

最初に定年の話をしましたが、年齢が引き上がってもまだまだ働けるくらい健康で元気な方が多い、そういう時代です。

最近の60代の皆さんは、自身の気持ち的にもまだまだ自分は若いという意識が強いようです。

ですので、還暦のお祝いの際に、伝統的な赤いちゃんちゃんこや頭巾をプレゼントするよりは、本人が普段から大好きなお酒をプレゼントするのが流行だったりします。

そこで、ただお酒をあげるだけなら工夫がありませんよね。ですから、そのお酒に特別な演出をプラスしましょう。

実は、還暦祝いを専門に扱っているギフトショップに、サプライズ用の演出ができる商品が充実しているのです。

還暦祝い用のお酒セットは、お酒のドクターストップがかかっていないお父さんなら、高確率で喜んでもらうことができる鉄板商品ですよ。

そこに出産祝いや結婚祝いなどでよく使われている「名入れギフトサービス」を使ってみましょう。

お酒のラベルに自分の名前やメッセージがあるだけで一気に特別感が加わります。

還暦にメダルを贈る

普段は照れ臭いからこそ、品物にメッセージを添えて普段は言えないことも伝えてみましょう。

メッセージカードはサービスで付けてもらうこともできますし、今まで頑張ってくれてありがとうの気持ちを込めたメダルのプレゼントもいいでしょう

還暦祝い用のメダルもギフトショップなどで売っています。オリンピック選手でもなければもらえないメダルは誰しも憧れがあるので、きっと喜んでもらえることでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする