還暦の父へプレゼント

干支が一回りで還暦

みなさん還暦という言葉はご存知だと思いますが、特に若い方などはそれがどういった意味やしきたりであり、どんなお祝いをして、どんなプレゼントをあげるのか、知らない方も多いと思います。

ですので、意味合い的なものを簡単にご紹介したいと思います。

還暦というのは、満60歳を迎えるお祝いのことを言い、昔から赤いチャンチャンコなどを送るならわしがあります。

そもそも還暦とは干支が一巡し、起算点となった年の干支に戻ることを言いますが、そこから転じて同じように起算点に返る数え年61歳を迎えた方が再び生まれた時の暦に返ったことのお祝いをいうのが一般的になりました。

いわば、暦が再び赤ちゃんの時と同じになるわけですから赤いチャンチャンコを送るのはそのためです。長寿の祝いとして行われるもので、昔は数え年が当たり前でありましたが、今では満年齢が主流となっているので、満60歳をお祝いする佳日として定着したものと言えます。

ただ還暦と言っても、このお祝いができたのはなんと江戸時代前後というから驚きです。

それくらいの時代を想像すると、もちろんまだ医療機器なんてものもなかったでしょうし、庶民もきちんとした食事というと、ごはん、味噌汁、漬物のような超絶シンプルなものを食べていたようです。

ですので、その頃の平均寿命は50歳前後。だとしたら60歳は長生きですし、長寿の部類に入りますよね。

ですが、現代の60歳はそのころの時代とは全く異なる環境にいますので、驚くほど若い方も多いです。

そういうことから赤いチャンチャンコではなく別の物を贈る還暦祝いが増えています

還暦に万年筆

勿論、還暦を昔ならではの赤いチャンチャンコでお祝いするのもよろしいでしょうが、例えば赤がワンポイントに入ったような、カジュアルで洒落たジャケットなどを贈られる方も増加傾向にあります。

また、時計や高級万年筆やボールペンなど、こうしたお祝いなればこそ一つ二つグレードを上げた物をプレゼントする方も多いようですし、お酒が好きな方ならば名入れ酒を選ぶ方もいます。

そのように、還暦祝いを贈られる方の趣味などに合わせた物を贈ることが今では主流になっています。

還暦を迎えた父親とともに労いの意味をこめて母親にも、例えば夫婦旅行をプレゼントするという方も増えているように、形式にこだわらず贈られる方が心より喜ぶものならば形の有無や価値の高低に関わらず素晴らしい還暦祝いとなるのではないでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする