完全フルオーダーで最高級の贈り物!

60歳の誕生日祝い

還暦祝いというのは、元来60歳になったことを祝うイベントでした。

しかし、今日においては60歳というのは現役で働かれている方が居るなどハツラツとしており、従来の還暦とは大きく印象が異なります。

そのため、節目の年齢としてお祝いしたいもののプレゼントするものによっては高齢者扱いしてしまうため気が引けてしまうものです。

還暦祝いにも喜ばれる花束

還暦に花束

そもそも、還暦祝いというのは原点に戻るということを祝うという意味合いがあります。

そのため、本来子供や赤ちゃんが身に纏うべきちゃんちゃんこを贈り物にする風習があるのです。

ところが、現代において還暦祝いを受け取る側というのは現役で現場で仕事をしていることも珍しくないため、嫌味になってしまうこともあります。

そのようなことを解消してくれるのが、プレゼントする相手や予算に応じてオーダーすることが可能な花束です。

年齢に対して老いなどマイナスイメージを感じさせない、全く嫌味を感じさせない還暦祝いが花束なのです。

花と言えば日頃の誕生日やおめでたい席において、日常的にやり取りされるものです。

プレゼントされることで嫌な気持ちになる方というのは居ないと言っても過言ではないほど好かれるものです。

還暦に赤色の花束

還暦のお祝いに贈る花束の定番と言えば、赤いバラ60本の花束です。

ですが、その季節の赤い花を織り交ぜることで、お祝いしたい人に対し嫌な気持ちをさせずに還暦祝いという意味合いを持たせることができるので、違った色味の花も取り入れながらアレンジメントするのがおすすめです。

外見も華やかなので、大きな規模の祝いの場で差し出しても見劣りしてしまうことはありません。フルオーダーなので、会場の大きさに応じてサイズを変えるのも良いです。

また予算に応じて、数千円のものから数万円のものまで、自由に選んで注文することができるのもメリットです。

ちなみに家族に贈る花束の場合の予算は、5千円くらいから高くても1万円ほどが一般的なようです。

そして、今はプリザーブドフラワーという生花とほぼ同じほどの美しさを持ちながら、水をやったり世話をすることなく、長い期間状態を保つことができるお花があり、そちらも人気があります。

ただ、これは加工していてもともと手間がかかっていることから、生花よりも価格が高い傾向にありますし、壊れやすく湿気に弱いなど特有の性質も兼ね備えていますので、少し注意が必要です。

いかがでしたでしょうか。ぜひ完全フルオーダーのお花で、すばらしい還暦のお祝いを実現してあげてくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする