母の還暦祝いに贈っていいものといけないもの

母親への還暦祝い

みなさんの中には、お母さんが今年や来年に還暦を迎える、という方もいますよね。

いつも感謝の気持ちをもって母の日・父の日にはプレゼントをあげたり、もちろん還暦についても家族みんなで盛大にお祝いしてあげようと思っている方もいると思います。

そのほか、遠方に住んでいたりして、日頃からなかなか感謝の言葉や記念日をお祝いできないけど、還暦は何かしらきちんとしたお祝いをしてあげたいという方もいらっしゃるでしょう。

ただ、いつも母親に対して感謝の気持ちは感じているけどなかなかそれを伝えていない、そんな方にその気持ちを伝えるタイミングのひとつとして利用されているのが還暦祝いです。

一般的にイメージされやすい母の日では、普段の感謝の気持ちを伝える事ができますが、還暦祝いの場合はそれにプラスしてこれからの健康を願うことやそれまでにお世話になったことに対しての深い感謝の気持ちを伝える事ができるので、できる限り失敗のないようにお祝いをしたいところです。

ですが、お祝いにつきものの「プレゼント」。母親への還暦祝いにはどのようなものを贈ればいいのか。これが悩みのタネですよね。

この問題については、まず本人が一番ほしいと思っているものをリサーチする事、で対処が可能です。

母親の還暦祝いにはリサーチが重要

還暦ギフトには控えたい老眼鏡

やはりせっかくいろいろと考えて贈るのですから、喜んでもらえるものを贈りたいというのが人情です。

そこで、母親の還暦祝いギフトでは、変にサプライズを狙うよりも本人に直接確認することが大事になります。

きちんと確認することで、母親の気持ちもしっかり汲むこともできるので重要なポイントですよ。

それでも内緒で、サプライズでお祝いをしてあげた方が喜びも大きいのでは?と思う方は、普段の様子からリサーチするようにして、何か旅行を計画しているなどの場合は、行きたい場所や誰と行くのかを確認しながら贈り物を検討することがお勧めです。

また、逆に還暦祝いに贈ってはいけないものというものもあります。

それは老眼鏡や補聴器などのアイテムです。これらは、高額だからと選びそうになるのですが、老人扱いされたと考える人が多いので避けた方がいいといわれています。

また、マナーの方面ですが、一般的に贈り物として定番のお茶は、香典返しなどの弔事によく用いられるためという意味で避けられていますし、踏みつけると言う事を連想させる履物も贈らない事がマナーだと言われています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする