還暦のお祝い贈り物

還暦に形の残る贈り物

還暦をお祝いしようと家族や親戚と連絡を取りちゃくちゃくと準備は進んでいる。だけど、贈り物がなかなか決まらない・・そんな方に今日は還暦の贈り物の選び方について話していきたいと思います。

さて、還暦祝いの贈り物をどうしようかと考えた時、大きく分けて二種類の中から選ぶことが出来るでしょう。

一つ目は形として残る還暦祝いです。

例えば赤いちゃんちゃんこや赤いスカーフなどの衣類、マグカップや名入れグラス、似顔絵入りのお祝いボードなど、普段使いできるものから記念品として飾ることが出来るものなど、様々な贈り物があります。

これらはいつまでも形に残るため、還暦祝いの時だけでなくその後もずっと目で見て、使って楽しめるというメリットがあります

しかし、一方で贈り物として気に入られなかった場合は、貰った側が扱いに困るというデメリットもあるでしょう。

ちなみに赤い記念日として、最近赤い下着というものもあるようですが、そういう下着も含め万人受けしないようなギフトは、好き嫌い分かれるので贈らないのが無難でしょう。

還暦に形には残らないお祝い

二つ目は食べ物や飲み物など、一般的に消えモノと呼ばれる種類の還暦祝いです。

レストランでの食事やお取り寄せ商品などがラインナップされたカタログギフトなどもこの部類に入ります。

こちらは食べたり飲んだりすればすぐに無くなるため、飾る場所や収納などに気を使わないというメリットがあり、お腹も満たすことが出来ると一石二鳥です。

その一方で、美味しいものを食べることができたという思い出はできても、形として何も残らないのは寂しいと感じるケースもあるでしょう。

このような場合、どちらの種類を選ぶのかは還暦を迎える人の性格を考慮しながら選ぶことが重要です。

特に今は趣味も多く日々アクティブに過ごしている還暦世代の方が多いというのもあり、その方の生活状況なども加味するとよいでしょう。

また、還暦祝いのプレゼントに加えて手紙や写真、花などを添えてみると両方のデメリットを軽減することが出来るため、是非一手間かけるのがおすすめです。

人生で一度しかない記念のお祝いとなる還暦祝いであるため、皆さん前もって充分な準備をしておくことをおすすめします。

そしてお祝いを行う日についても、家族が総出で集まれて、大安や誕生日などおめでたい日を選ぶと良いでしょう。

これらを参考にしてぜひ集まった方みんなが笑顔になるような素敵な還暦祝いを開いてあげてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする