還暦祝いの贈り物

60歳の誕生日

もしかしたら、還暦のお祝いの時は「赤いちゃんちゃんこ」をあげたらいいよね、と軽く考えている方がいらっしゃるかもしれません。

しかし、そう安易に考えるのは危険です!今還暦祝いなら赤いちゃんちゃんこを贈ればいいというのは、古い価値観となってしまいました。

というのも、そもそも還暦とは、日本の長寿のお祝いの一つですが、60歳という年齢が「長寿」ではなくなってきているのです。

その証拠に、今の日本人の平均年齢は80歳を超えています。60歳は長い人生の中で最終地点に近い場所ではなく、通過点なのです。

ですので、見た目も気持ちも若い方に「赤いちゃんちゃんこ」は不釣り合いで、ちょっと年寄りな感じがする・・と思う方が増えています。

しかも特に女性の場合は、年齢をはっきり伝えることになるようなアイテムは嫌がられてしまいます

結論、今は赤いちゃんちゃんこ以外のギフトを贈るのが主流なのです。

男性の場合は、お酒などが好まれ「名入れ」したお酒をプレゼントするのも人気が高いのですが、女性の還暦祝いの場合はどんなものを贈るのが喜ばれるのか、いくつになっても女性の心は難しいので、何を渡したらいいのか、悩んでしまいますよね。

あまり還暦だから60歳になったからと意識をしないで、いつもよりも贅沢で高級感のあるものを贈るようにしたら、年齢のことで嫌な気持ちにさせることなく誕生日を過ごせるのではないでしょうか。

還暦祝いに贈る具体的な品の例

還暦に赤いルビー

まず新しい還暦祝い用のプレゼントで多いのが、ブランド物のバッグです。

普段はなかなか高いバッグは買えないものですが、有名なブランド品のものを各一個ずつくらいは持っておきたいと思うのが、女性です。

そのささやかな夢をかなえてあげましょう。

次に人気のプレゼントが、ブランド物の財布です。予算にかなり余裕があるなら、バッグとセットでもいいですね。

宝石を贈る場合に、還暦用として赤いルビーやガーネットを贈るのがトレンドです。

もちろん、本人の好んでいる宝石でも構いません。ルビーなどのように、還暦祝いの要素を少しでも出したい場合に、赤いものを贈るパターンが増えています。

そして、プレゼントと一緒に60本分のお花を使った赤い花束を贈るのも素敵ですね。

お花ならば、今はプリザーブドフラワーを贈る人が多いです。こちらは水をやったりせずに長くきれいな状態が保てるので、還暦以降も長寿のお祝いでチョイスすると喜んでもらえることは間違いなしです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする