還暦祝いの品はこちら

還暦と干支の関係

還暦祝いの定番と言えば、「赤いちゃんちゃんこ」ですね

還暦というのは「暦(こよみ)が還(かえ)る」という意味です。

お馴染みの十二支と、現代ではあまり馴染のなくなった十干が組み合わさったものが干支ですが、その干支=暦が一周して元に還るのが六十年なのです。

そこで、第二の人生が始まる、として赤ちゃんの産着であったちゃんちゃんこを着る風習になったようです。赤というのは魔除けの色です。

まだまだ若い60歳

でも、平均寿命が五十歳そこそこであった昔ならばいざ知らず、現代の六十歳はまだまだ若く、現役です。

「赤いちゃんちゃんこなんて年寄り扱いされるみたいで嫌!」という方もいらっしゃいますよね。

ですので、そんな方にも喜んでいただけるお祝いの品として、「六十」もしくは「赤」にちなんだものをプレゼントされるのはいかがでしょうか。

では実際に喜ばれるプレゼントとは?

還暦に赤い花束

例えば、「六十」にちなんだものとして、六十年もののお酒などがあります。この「お酒」のギフトは、昨今人気のある商品なんです。

特に、ただの市販のお酒をプレゼントするわけではなく、その瓶のラベルに、お祝いされるご本人の名前や、家族から日頃の感謝を込めたメッセージを入れる「名入れ」を施すのです。

ちなみに、今の方はほとんど疑問があったり、商品を買ったりするのに、インターネットで解決されている方が多いと思いますが、その「名入れギフト」もネットショップにたくさんラインナップされています。

その中でも、その名入れしたお酒に、生まれた日の新聞をセットにできるお店・商品があるので、ぜひチェックしてみてください。

日付は指定でき、生まれた日でなくても結婚記念日などでもいいですし、そんな新聞がついていたら、還暦のお祝いの際に家族との会話もすごく盛り上がること間違いなしです。

その他、「赤」にちなんだものとして、赤い花で作った花束やルビーなどの宝石のアクセサリーは、女性にとても喜ばれるでしょう

花も、プリザーブドフラワーであれば、生花よりも長い時間とっておけますし、手間もかかりません。

商品とは別に、感謝の気持ちを手紙やメッセージカードにしたため添えてあげると、さらに喜ばれるのでおすすめですよ。

どんなものであっても、プレゼントは贈った人、受け取った人それぞれが喜ぶものがいいですね。

「おめでとう」「ありがとう」の気持ちを込めたお祝いの品を考えてみてはいかがでしょう。ぜひこれらの内容を参考にしてみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする