還暦を迎えるお父さんに贈るジャズベース

還暦を迎えるお父さんに贈るジャズベース

還暦を迎えると同時に仕事を定年退職して、自由な時間が増えるお父さんは少なくありません。のんびり自宅で過ごしてもらうのも良いですが、何か新しいことをしてみたいというお父さんには、それを応援するようなプレゼントを還暦祝いに贈りたいものです。

今回は、還暦を迎えるお父さんがベースを趣味として始める場合のジャズベースの選び方や、プレゼントの最適な価格についてご紹介します。

現代の還暦世代の傾向

現代の還暦世代の傾向

満60歳は還暦と呼ばれ、赤ちゃんに戻る、生まれ変わるという意味があることから第二の人生の始まりとも言われています。これからの人生を楽しむために、還暦を機に新しいことに挑戦する方は少なくありません

例えば、若い頃にやっていたギターやベース、バイクなどの趣味を再度始めたり、パソコンや料理など新たな分野に挑戦したりするなど、ライフスタイルは人それぞれ。

還暦祝いは以前は赤いちゃんちゃんこや赤い座布団などを贈るのが一般的でしたが、現在は還暦の方が喜ぶものを贈るのが一番良いとされています。

還暦を機に新しい趣味を始めるという方には、趣味に関するものをプレゼントするのがおすすめです。「これからは自分の時間を楽しんでね」「趣味を楽しんでね」などメッセージを添えてプレゼントを贈ることで、これからの生活を願っている気持ちを伝えることができます

還暦からベースを始めるお父さんには何がおすすめ?

還暦祝いにジャズベース

還暦のお父さんがこれからベースを始めると聞いた時には、ベースやそのほか必要な道具をプレゼントしようと思うでしょう。

ベース本体を選ぶ際に迷うのが、どの種類のものを選べばよいのかということ。音楽や楽器について詳しくない方にとっては、ベースを見るとどれも同じように見えてしまうかもしれません。

エレキベースの一般的な種類は、ジャズベースかプレシジョンベースの2つになります。

もちろんそれ以外のベースもありますが、これからベースを始める人にはこの2つのどちらかが無難です。

この2種類の中でも、様々なジャンルに対応できるためジャズベースが特に人気です

一番スタンダードなベースといっても良いのではないでしょうか。なので還暦になってベースを始めるお父さんには、ジャズベースを贈るのがいいと思います。

還暦のお父さんに贈るジャズベースの選び方

ジャズベースの選び方

でも、どうやってジャズベースを選べばいいのでしょうか。それにはまず、新品で購入するのか中古で購入するのかを選ばなくてはいけません。

楽器においては高価な物も多いので、中古でも多くの楽器が売られています。中古専用のコーナーを作っている楽器店も多くあります。

中古には高価で高品質な楽器を安く買えるというメリットがありますが、知識がない方にはおすすめ出来ません

エレキベースは何年も弾いているうちに、楽器の状態が変わっていきます。

ネックの反りや、内部系統の接触が悪くなるなど、買った後にメンテナンスをしなければいけない場合があるのです。

それを初めての方が行うのは難しいので、これから始めるなら新品を買うのがおすすめです。

贈り物に最適なジャズベースの価格

ジャズベースの予算

次に価格ですが、これは出来れば少し高めの高品質の物の方が良いです。

お手頃なものでも問題なく弾けるのですが、安価な物は弾きにくかったりチューニングが不安定だったりします。

私の経験からも、弾きやすくチューニングが安定した楽器で練習する方が上達が早くなりました。

とはいっても、予算の都合もあると思います。ですので、初心者用セットなどの安価な物でも構わないと思います。

初心者セットというと、ベース本体にソフトケース、アンプ、電子チューナー、シールドケーブル、ピック、ピックケース、教則本などがセットになったもので、安いものは1万5千円前後ほどから販売されています。

ただ楽器に関しては、ある程度までは価格は嘘をつかない様になっているので、出来れば少し良いものを贈られたらと思います。

最後に、エレキベースの練習をするにはチューナーとメトロノームは必須になります。なのでこれらも一緒にプレゼントされると、お父さんは喜ぶのではないでしょうか。

還暦を迎える60歳からは、新しい人生を新しいことを初めてスタートさせるという方が多くなっています。

これらの内容が、そんなアクティブな方にとって有益な情報になっていると嬉しいです。

還暦のお父さんでもできるアンプの接続とチューニング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする