還暦をお祝いする究極の贈り物。

親や会社の上司、学生時代の恩師などの還暦祝いには、どういったものを贈るのが、喜ばれるのでしょうか。

還暦というと、60歳を意味します。60歳というと、多くの企業が定年の年齢と定めていますので、これを期に仕事をリタイアする人も少なくありません。

そういったことを考えた時、長寿のお祝いの還暦を迎えて、仕事も終わることから、赤いちゃんちゃんことのんびりしてもらうためにお茶と老眼鏡なんかをプレゼントしたらいいかな。

と思う方もいるかもしれません。しかし、今の60歳という年齢は決して長寿ではありませんし、仕事をリタイアすることは実質終わりを意味しますが、これから第二の人生を歩み始める大切な節目だという意味もあります。

ですので、最近は赤いちゃんちゃんこではなく、本人の好きなものや第二の人生を楽しめるようなものを贈る方が多くなっています。

ちなみに、お茶は弔事で使われ縁起がよくないのでNGギフトになり、老眼鏡も老いを感じさせるのでできれば避けた方が良いギフトになります。ご注意ください。

また他の選択肢としては、これまでの感謝の気持ちのこもったものも、よいかもしれませんね。会社をリタイアすると、新しい生活が始まりますので、新しい趣味を始めるための道具も喜ばれます。

最近では、60歳を過ぎても元気な人が多く、みなさんとてもアクティブです。トレッキングやヨガ、太極拳を始める人も多いので、そういった時に使えるトレーニングウェアなどもおススメです。

還暦と男の料理

女性の方ならば、定番中の定番ですがお花というチョイスもありです。今はプリザーブドフラワーの人気が高く、手入れが要らないということで、もらってうれしいアイテムの一つとなっています。

男性でも料理にはまる人もいますので、本格的な料理器具も候補に挙がります。囲碁や将棋なども、年配の方々には人気があります。

また、お酒が趣味の人は、老後にゆっくり飲める高級酒やオリジナルデザインのラベルを貼れるお酒はいかがでしょうか。

思い出の写真をレイアウトすると、世界に1本だけの特別なギフトになります。他では手に入らない、そういったものは感謝の気持ちも十分に伝わりますし、相手にも本当に喜んでもらえます。

もしあっと驚かせたい、スペシャルな演出をしたい、と考える方は「名入れギフト」を選んでみましょう。

いかがでしたでしょうか。還暦は人生にとって、とても重要なターニングポイントです。大切なその人の、大切な日の為に素敵なギフトを用意しましょう

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする