還暦祝いでのプレゼントの選び方

還暦に贈るプレゼント

還暦祝い、というと、イコール「赤い色のものを贈る」というイメージがあります。これにはきちんと由来があります。

還暦の「60歳」という年齢は、旧暦の十干と十二支がちょうどひとまわりする歳です。この事から「赤ちゃんに還る」歳とされています。昔から、赤は魔除けの色とされています。

昔から、赤ちゃんに赤い産着を着せることで、赤ちゃんの健やかな健康を祝う、という風習があり、それにちなんで還暦にも赤い物を贈る風習となっているのです。

よく、主役が赤いちゃんちゃんこや帽子を身に付けている還暦祝いの写真を見かけることがありますが、これには「これからも元気でいてほしい」という気持ちが込もっているのです。

還暦にお酒を贈る

ただ、医療技術が進歩し健康志向の方も増えている現代社会の中で、今還暦を迎える方というのは非常に若い方が多いです。

ですので、実際に還暦を迎える方に伺ってみても、「あまり赤いものは好きではない」「気恥ずかしいので赤い物は欲しくない」「お年寄りっぽい」と思う方も意外といらっしゃいます。

せっかく還暦祝いのプレゼントを贈ろうといろいろ考えても、ご本人に喜んでもらえないならば贈る側も気持ちが晴れないですよね。できる限り相手に相応しいものを選び、喜んでもらえるものを選びたいものです

ですから、もし相手の意向がよくわからない場合には、あえて赤い物を選ばない、という選択肢もいいかもしれません。

最近では、全国の美味しい日本酒や焼酎などに、おめでとうのメッセージや主役の名前を入れたラベルを付けてくれるサービスや、似顔絵とメッセージを似顔絵アーティストが手描きした色紙など、特注のオリジナルギフトを還暦祝いとして選ぶ方が増えています。

還暦に温泉旅行

また、還暦の歳はちょうど仕事にも一区切りつく方も多いので、一息ついて、と温泉旅行のプレゼントをする、などというのも素敵なアイデアかもしれません。70歳の古希祝いにもオススメです。

誰でもインターネットを気軽に使うようになり、お取り寄せや通販で欲しいものが何でも手に入ってしまう時代となりました。このような状況だからこそ、お店や通販では手に入らない、その方のためだけに用意した世界に一つだけのオリジナル性のあるプレゼントが喜ばれるようです。

こう考えると、昔からの風習や、プレゼントにかける費用のではなく、相手を思いやる気持ちを込めることが何よりのプレゼント、ということが言えるのではないでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする