想い出に残る還暦祝いを贈ろう

心に残る還暦祝い

干支に還る意味から赤いちゃんちゃんこを身につけ、お祝いする事で知られている長寿のお祝い、還暦。

最近は継続雇用制度や定年延長などでまだまだ現役の年代なので、現代の還暦祝いのイメージは仕事や人生に対して様々な経験や苦労をされてきたことに対しての敬意や感謝をし、ますます健康で活躍をされることを祈る祝いの印象が強いです。

日本には様々な長寿の祝いがあり、数え年でお祝いをされることが多いのですが、還暦祝いは満年齢で行いますのでそこは注意が必要です。

祝いを行う日は、誕生日が最適ですが、無理ならば家族や親族が集まりやすい誕生日の週末が最適です。

還暦のプレゼント選びの注意点

還暦に健康管理グッズ

さて、還暦を象徴する色とされているのが赤色となっています。

赤い花でアレンジした花束や赤色のマフラーなどが定番とされていますが、現代の60歳はまだまだ現役で健康的な方が多いです。

なので、高齢者をイメージさせてしまうプレゼントを嫌がる方もいらっしゃいます。

昔からの定番ギフトである「赤いちゃんちゃんこ」も、今の60歳の方にとっては老いを感じさせるものになりえる場合もあります。そういう点についても注意が必要です。

還暦によく贈られるプレゼントについて

一方この世代の方は、健康にも人一倍気を使われている方が多いので、スポーツサイクルや体脂肪計がついた体重計や歩数計などがお祝いの品として支持されています。

昔の還暦のイメージから現代の還暦のイメージは大きく変わっていますので、家族や親族としてのお祝いの意味も長寿祝いから日頃の感謝の気持ちを贈る日に変わっています。

ですので、思い出に残るものを贈る方も多くなっています。

世界に1つしかないオーダーギフトやサプライズの食事会なども思い出に残りますので、還暦祝いで使用されている方も多くいます。

オーダーギフト・オリジナルギフトとして人気があるのは、似顔絵・メッセージ入りの時計、似顔絵・名前の詩、名入れ酒が定番です。

似顔絵・メッセージがはいった時計などは日常使いできるアイテムですし、目立つ場所に置いておけば、友達などが来た場合にも会話のタネになりなったり、いつも見ることで元気をもらえるアイテムになりえますよね。

お酒が好きな方には名入れ酒というのも一つの選択肢に入るでしょう。

ラベルに名前やメッセージを入れることができる特別なお酒。きっとご本人も満足して頂けて思い出に残るお祝いになるにちがいありません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする