還暦祝いに贈りたいプレゼント

還暦の贈り物

日本における還暦の祝いでは、本人に赤色の衣服(頭巾やちゃんちゃんこなど)を贈る習慣があります。

かつては魔除けの意味で産着に赤色が使われていたため、生まれた時に帰るという意味があるそうです。

ただ最近では、60歳の方でも健康で元気な方が多い為、そういった赤色の衣服はちょっと「老いた」感じがすると敬遠される方も少なくありません。

ですので、プレゼント選びの傾向としては、色やちゃんちゃんこ・頭巾などにこだわらずに、ご本人が好きなものをプレゼントしお祝いするようになってきています。

還暦とは?

還暦とは、干支(十干と十二支の60通りの組み合わせ)が一巡し、起算点となった年の干支に戻ることを言います。別名、本卦還りともいいます。

数え年に代わって満年齢を用いることが多くなったため、数え年61歳に代わって満60歳を還暦とする考え方が一般的になってきています。

30周年を半還暦・120周年を大還暦といいます。

西洋での還暦

西洋では、ダイヤモンドを60周年の祝いに贈ったり、60周年の象徴とする風習があります。

結婚60周年はダイヤモンド婚式ともいい、殊にヴィクトリア女王の即位60周年は、ダイヤモンド・ジュビリーとして盛大に祝賀されました。

還暦小話『還暦の別称「華甲」の話』

60歳

「華甲(かこう)」という言葉をご存じですか?実はこれは「還暦」と同じ意味。60歳という年齢を指していう言葉です。

「華甲」の成りたちは77歳の「喜寿」や88歳の「米寿」とほぼ同じ。そのカギは「華」の字にあります。少しわかりにくいのですが…この「華」を大きくしてじっと見てください。

「華」の字を徐々に分解していくと、なんと6つの「十」と一つの「一」になるのです。つまり61。

干支が一回り

でも、61では還暦ではないのでは?もちろんそんな疑問も起きることでしょうが、数え年で考えるのが普通だったその昔。

数え年で61歳ということは、満年齢に直せば60歳、すなわち還暦ということになるのです。もっとも、最近は数え年で表現することも少なく、どうもピンとこないという人もいるでしょう。

その場合は、少し変則的で割り切った考え方にはなるものの、 「60」が「一つ」という考え方をすれば「華甲」の言葉を覚えやすいかもしれませんね。

なお、「甲」は「きのえ」で 十干の一番目。十干十二支が一回りして最初の「甲子(きのえね)」に帰ったことを表すもので、その点では還暦や本卦帰りと同じく暦に基づいています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする