『還暦』とは?

還暦とは一回りして戻ること

長寿のお祝いというといろいろありますが、その中でも一番有名なのが「還暦」のお祝いではないでしょうか。

還暦とは、干支が一巡し、起算点となった年の干支にふたたび戻ることを言います。

通常は人間の年齢について用い、 数え年61歳を指します。

60年で干支(子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥)が一回りして、生まれた年のえとに戻ることから、”還暦”というようになりました。別名本卦還り(ほんけがえり)ともいうそうです。

還暦を祝う習慣が日本で始まったのは飛鳥時代とも奈良時代とも言われ、当時の中国の地から伝わったとされています。

当時、日本は遣隋使や遣唐使を送り、大陸のさまざまな文化を取り入れていました。その中に、還暦と大きく関係する「干支」や、還暦を祝う習慣もあったのではないかと考えられています。

還暦の赤い色は魔除けの意味

還暦のお祝いには、昔から「還暦には赤いちゃんちゃんこ」という習慣があります。これは、暦が一巡りして最初に戻る=赤ん坊に戻るという意味合いがあります。

同時に赤は、神社の鳥居などを見てもわかるように「魔除けの色」。新しい人生を災いなく過ごし、もっともっと長生きしてほしいという願いが、この赤い色に込められてきました。

またその赤いちゃんちゃんこだけでなく、赤い座布団、赤い頭巾などを贈ることもあります。

ただ、さすがに平均寿命は80歳を超え、長寿社会を迎えた現代。昔の60歳のイメージとは全く違って、今は見た目も中身も非常に若々しく元気に過ごされている方が多いです。

ですので、この赤いちゃんちゃんこや座布団などに抵抗のある方も結構いらっしゃるようです。ですが、だからといって赤い色にこだわる気持まで忘れる必要はありません。

還暦の贈り物に赤いスカーフ

赤色は情熱の色、積極性や行動的な心を起させる色という考えもあります。

そのため、最近では赤いスカーフや赤いブラウス、シャツ、バッグや小物の赤など、現代に合ったかたちの赤色のプレゼントを選ぶ傾向があります

ルビーに代表される赤い貴金属や、「赤」の付く地名のところへの旅行などを選ぶ方もおられます。

もちろん、赤色にこだわらないこともお祝いのかたちの一つですし、プレゼントの中身を赤いものにするのではなく、プレゼントの包装に赤い色をワンポイントに使うという手もあります。

とにもかくにも、大事なのはこれからの生活を健康に過ごしてほしい、いつもありがとうという気持ちですので、何かをしてあげたとしても必ずその気持ちはしっかり言葉で伝えてあげてくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする