還暦の母とUSJへ行ってきました

還暦母とUSJ

現在日本には多くのテーマパークが存在していますが、還暦世代の方々にとってテーマパークはあまりなじみがない方もいるかもしれません。

若い世代が多そう、人が多くて楽しめなそう、と思っている方もいるかもしれません。ただ、多くのテーマパークは、乗り物に乗るだけでなくその場の雰囲気や景色、お土産、食事などを楽しめるよう工夫している場所が多く、還暦世代の方々でも楽しめるテーマパークは多いものです。

還暦の思い出作りにご家族でテーマパークに行ってみるのも良いかもしれません。ただ、テーマパークに行くのは良いものの、還暦世代の実際の反応が気になるところ。

そこで、今回は還暦の母とUSJに行った際の体験談をご紹介します。

還暦の母とUSJに行った体験談

還暦の母とUSJに行った時の体験談

早速、還暦の母とUSJに行った際の体験談をご紹介します。どんな反応を見せるのか、USJの楽しみ方など、ぜひ参考にしてみてくださいね。

還暦の母の要望に応えてUSJへ

この度、60歳の還暦を迎えた母とUSJに行ってきました。

兼ねてから母は、CMなどを見るたび1度はUSJに行ってみたいと言っていたのです

しかし、これまでアトラクション施設ということもありますし、訪れる客層もカップルだったり若い方が多いので、同じ世代の人とはなかなか行きにくそうでした

母親とUSJに行くなんて、と思って話を流していたのですが、この際だから還暦のお祝いをしてあげるべく、そして還暦のプレゼントの替わりに、ということで今回母を案内してあげようと思ったのです。

入園前から驚き

USJを堪能

当日早速二人でUSJに出かけたのですが、駅からUSJの間のストリートでも驚いていた母

いろいろなお店がたくさんあり、普段目にすることのない珍しいお店などもあったので、USJに入場するまでに1時間程かかりました

そしていざ入園すると、「すごいすごい!!」ととても嬉しそうにしていました。

日本じゃないみたいだと感動し、園内の建物をゆっくりと見て回り、すぐにアトラクションには乗りませんでした。

USJの食事やアトラクションに感動

ここで1度休憩を挟もうとお昼ご飯を食べにレストランに入りました。ここでも出てくる食事に感動をしており、いつもよりもたくさんの量を食べていました

ミッキーやミニーの形をした料理や、包装自体がUSJ仕様ですごくカラフルなので、目で見ても楽しめる食べ物がたくさんありました。

そして、次にジェットコースターなどの激しい乗り物は見るだけにして、バックトゥーザフューチャーとジョーズとスパイダーマンに乗りました。

これらは比較的に衝撃が少なく、待ち時間も長くないためです。待ち時間の間も退屈しないようなつくりになっていることにとても感動していました

また、母が金曜ロードショーで見た事がある作品の乗り物を選んだため、とても楽しんでくれたようでした。そして、また少し休憩をしながらパレードを見ました。

華やかなパレードに感激したようで、始終目を輝かせて見ていました。そして、今日は連れてきてくれて本当にありがとうと言ってくれました

還暦の母とUSJに行って感じたこと

やはり歳のせいもあり、ずっと長い時間待って乗り物に乗るよりは、適度に休憩を挟んだりしながら、園内を回れたのが良かったみたいです

USJはとにかくアトラクションがたくさんありますし、見どころが目白押しですので、ついついいろいろと手をだしてしまいそうになりますが、しっかり計画を立ててまわることが大事ですね。

普段友達と行く時とはまた違った楽しみ方が出来ましたし、USJは年齢を問わずに楽しめる場所なんだと実感しました。

還暦祝いでテーマパークに一緒に行く際に気を付けること

還暦祝いにテーマパークに行く際に気を付けること

還暦のお母さまと一緒にUSJに行って二人で楽しむことができたという素敵な体験談でしたね。

体験だからわかるように、まず還暦を迎える方の行きたがっていたところをリサーチしておくことが大切です。あまり興味がないところに連れて行っても楽しんでもらえるかわかりませんので、普段の会話や行動から行きたがっている場所を把握しておきましょう。

そして、テーマパークに行くことが決まったら、疲れないように休憩を入れるなど時間配分をすることも気を付けましょう。「あそこも行きたい」「ここも行ってみたい」と元気に見えても、疲れは溜まっていきます。逐一休憩をはさみながらアトラクションに乗ったり、散歩をしたりするとより元気に楽しんでもらえます。

還暦の方の気持ちや体力などを考えながら、思い出に残る還暦祝いにしましょう。

▽こちらの記事もおすすめ

還暦の夫婦で楽しめるテーマパーク ベスト10

還暦祝いにディズニーランドの年間パスポートを贈りました

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする