還暦祝いとは

還暦のお祝いについて

昔から伝わる長寿のお祝いの中でも一番知名度があるのが「還暦」のお祝いですよね。還暦とは、干支が一巡し、起算点となった年の干支に戻ることをいいます。

ちなみに、干支とは「十干十二支(じっかんじゅうにし)」のことを指しており、10種類の「干(甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸)」と、12種類の「支(子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥)」による60種類の組み合わせのことを言います。

本来、数え年61歳(生まれ年に60を加えた年)を指しますが、現在では、数え年に代わって満年齢を 用いることが多くなったため、数え年61歳に代わって満60歳を還暦とする考え方が一般的ですので、 還暦祝いは満60歳の誕生日を中心に行なわれることが多くなっています。

別名『本卦還り(ほんけがえり)』や『華甲』ともいわれています。

還暦の贈り物

還暦の贈り物について

日本における還暦の祝いでは、赤色がお祝いのメインカラーとなっていますので、それを用い本人に赤色の頭巾やちゃんちゃんこなどの衣服を贈るという習慣があります。

赤色には、かつて魔除けの意味で産着に赤色が使われていたため、生まれた時に帰るという意味がこめられています。

また、赤色には情熱の赤など良い印象がありますので、還暦のお祝いにぴったりの色といえます。

ただ、昔と違って今の60歳は驚くほど若い方が多いです。ちょっと話がずれますが、髪も白髪をそのままにしている方は少なく、多くの方が定期的に白髪染めなどをしてらっしゃるので、4,50歳代に見えるなんて方も少なくありません。

ご本人の気持ち的にもまだまだ自分は高齢者ではないという意識で過ごしている方ばかりなので、そういう方に赤いちゃんちゃんこを贈るというのも、ちょっと違和感があるようにも思います。

ですので、最近ではちゃんちゃんこや頭巾にこだわらず、赤色の小物やお酒、旅行をプレゼントするかたも増えているようですね。

要するに赤いものを取り入れつつ、ご本人の生活状況や意向を尊重して、よりふさわしいプレゼントを贈るというのが一般的な考えとなってきています。

そして、還暦のお祝いを行う主旨についても、昔の「長寿を祝う」という意味合いよりは、「これからも今のまま若々しく元気で健康でいてほしい」という気持ちを込めたお祝いに変化しています。

よって、プレゼントにしてもより若々しくなれるような老いを感じさせないギフトが喜ばれる傾向にあります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする