名入れラベルと記念日新聞で還暦の贈り物を

還暦に心に残るギフト

普段ご家族の誕生日や母の日、父の日、敬老の日など日頃の感謝を表す日に、きちんとプレゼントを用意して、みんなでお祝いしているという方もいらっしゃるでしょう。

その反対に誕生日も含め、日頃は家族全員バラバラでお祝いなんかは特にしない、という家庭もあると思います。

ただ、ご家族の還暦という人生の大きな節目には、何か印象に残るものをプレゼントしたいと思いませんか。

そこで、人生の節目の時ですので特別なものをと考えた場合、名入れラベルの入った焼酎やワインなどをプレゼントするのがおすすめです。

ラベルの部分にはお祝いしたい人の名前を入れるのは勿論の事、その人の誕生日やお祝いに関するメッセージ、例えば「いつもありがとう」「感謝」「祝還暦」などの文字・文章を入れることもできます。

また、この名入れボトルのいいところは、全部飲んでしまった後も空瓶を飾って楽しめる、というところです。

還暦に生まれた年のワイン

さらにワインの場合でしたら、その方が生まれた年のワインをチョイスすることもできますよ。

ラベルのデザインは、スマホやPCから簡単にネット注文できるお店が多いのですごく簡単に依頼できますし、その方の好みで選ぶといいですね。

そして、他にもおすすめしたいのが「記念日新聞」です。

これは、誕生日プレゼントの定番でもあるのですが、その方の生まれた日の新聞を、きれいに表紙を付けて装丁した状態で販売してくれる、というサービスなんです。

人生の中で自分が生まれた日、時代に何があったのか、どういう時代だったのかというのを知る機会は滅多にありませんよね。

お祝いされる方の生まれた日の出来事を知ることができ、しかもテレビ欄なども掲載されているので、その当時の文化を知ることもできます。

インターネットで注文

新聞にも色々とありますが、好きな新聞社のものを選べるというのも特徴です

さきほどのワインの注文と同じく、こちらもネットから簡単に注文できます。タイプも色々とありますので、好きなページ数を選べますし、予算に合わせて適したものをみつけましょう。

あと、タイトルをつけたり名前を入れるサービスもあります。名前が入っていればオリジナルの雰囲気が出ますので、より喜んでもらえるでしょう。

一生の記念に残るようなプレゼントは、あげた側にとっても満足感があります。

今回ご紹介したギフトについては、価格もそれほど高くないものもありますので、低予算で思いでに残るものを検討している方にもおすすめです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする