還暦世代が行ってみたいと思う、海外の珍スポットとはどこ?

2017年4月6日 0 投稿者: ohiko

還暦に行ってみたい中央アジア

還暦を迎えると、時間的にも経済的にも余裕がでてきます。

これからは、「家族もしくは夫婦で旅行にでも行こうか」と考えている方もいるでしょう。

仕事や家事などで忙しく過ごされてきた還暦世代の方は多いです。

第二の人生の始まりである還暦を迎えてからはのんびりとした時間を過ごしたいと考えている方は少なくありません。

旅行というと、やはり国内では温泉が有名な地が人気です。

伊豆や湯布院など、一般的な温泉地ですね。

ただ、予算的に余裕がある場合には海外に足を延ばしてみるのはいかがでしょうか

海外では日本にはない食文化や風景などを楽しむことができます。

また、海外旅行となると、やはり強く思い出に残されるでしょう。

かけがえのない、素晴らしい体験することができます。

今回は、海外の中でも中央アジアに焦点を当て、還暦世代におすすめの中央アジアの国5つをご紹介します。

 

還暦世代の海外旅行におすすめの中央アジア

還暦世代の旅行におすすめの中央アジア

定年のある会社の80%近くは、定年を60歳としているようです。

一般的にも定年退職というと60歳というイメージが大きいですが、おおむねそのとおりです。

65歳定年を採用している会社も増えていますが、まだまだ少数派です。

さて、60歳というと定年というイメージだけでなく、「還暦」という人生の節目を迎えることになります。

還暦は第二の人生の始まりとも言われています。

したがって、これからの人生を楽しむためにこれまで経験してこなかったことに取り組む方も少なくありません。

還暦を迎え、仕事も退き、さてこれからが第二の人生だ!と一息ついていることでしょう。

そんな還暦世代の方々で海外旅行をお考えなら、中央アジアがオススメはかなりおすすめできます。

中央アジアは、旧ソ連から独立した国々を指します。

一般的にカザフスタン、ウズベキスタン、キルギス、タジキスタン、トルクメニスタンを中央アジアとして呼称します。

その昔ローマと中国を結んだシルクロードとして繁栄しました。

また、各所にオアシス都市も点在していました

そのため、シルクロードにまつわる数々の遺跡を、中央アジアの旅では見ることができます。

また、東西文化の交流が行われてきた名残は今もしっかりと残っています。

それらの名残は、建築物、食文化、生活様式など様々な場面でかいま見ることができます

アジアとヨーロッパの文化がミックスされているのが特徴です。

他では見られない、独特の文化に触れることが可能です。

ただし上述した5か国以外は、やや治安と情勢が不安定な部分も。

特にパキスタンあたりは、安全の面からおすすめできません。

還暦世代におすすめの中央アジアの国5つ!

還暦世代におすすめの中央アジアの国5つ!

早速、還暦世代におすすめしたい中央アジアの5つの国の特徴や魅力について見ていきましょう。

これから旅行を検討している方はぜひ参考にしてみてくださいね。

カザフスタン

モンゴルとほど近い場所に位置するカザフスタン。

やはり騎馬民族の文化が色濃く残っています。

また、ロシア正教の教会が点在するなど、近隣国の影響を受けている部分が垣間見えています。

天山山脈など、美しい自然を楽しむことも可能です。

旧首都のアルマトイや、首都のアスタナは、かならずコースに入れていくことをおすすめします。

もっともカザフスタンらしい文化を味わえる場所です。

アルマトイとアスタナは、治安も安定しているので、安心して旅行できます。

また、立ち並んでいる建築物も、独創的かつ美しい造形。

海外からも高い評価を受けています。

ウズベキスタン

シルクロード貿易の重要な拠点として発展し、今でもオアシス都市が存在しています。

青の都とも呼ばれる、「サマルカンド」が特に有名ですね。

美しい青のタイルのイスラム建築が有名です。

また、首都であるタシケントでも、その建築を楽しむことができます。

治安的にも、近年は安定しています。

キルギス

キルギス

キルギスは国土全体の40%が標高3000mを超える、いわゆる「山脈国」です。

たいへん気候に恵まれており、美しい山脈や峡谷を楽しめます

特に「中央アジアの真珠」と呼ばれるイシク湖は必見。

透明度世界第2位と言われることもあります。

その湖畔は旧ソ連時代からリゾート地となっています。

観光地としての歴史も長いので、観光客向けに整備された施設も多いです。

タジキスタン

山に囲まれた広大なパミール高原を擁するタジキスタン。

荒々しい山肌、悠々と流れる川、緑の林など美しい自然が残されています。

春は野の花が一面に咲き誇り、秋は紅葉が広がり、そのスケールの大きさには誰もが思わず見とれてしまうほどです。

現在はイスラム教の色が強いですが、昔インドから中国へ仏教が伝わる大事な道のりだったため、今も仏教遺跡や仏像が残されています。

カラクル湖も、かなり魅力的なスポット。

人の手がほとんど入っておらず、美しく原初的な光景が楽しめるでしょう。

トルクメニスタン

独裁国家ながら豊富な天然ガスのおかげで国は潤っており、大都市では近代的で立派な建物が立ち並びます。

白で統一された街並みもあり、不思議な感覚をあじわうことができます。

また、タルヴァザにある「地獄の門」も、たいへん有名です。

大量の石炭に火がつき、向こう何百年にもわたって燃え続けるガスクレーターです。

 

これら中央アジア諸国については、ツアーも多く出ているので、還暦世代にオススメの旅行先です

 

▽こちらの記事もおすすめ

還暦世代が行ってみたい国内珍スポット

還暦世代が第二の故郷に好まれる場所とは

還暦祝いに、ディズニーの年間パスポートを送ったエピソード