還暦祝いのプレゼントで喜ばれるおしゃれなお菓子5選

還暦のプレゼントでも喜ばれるカステラ

還暦祝いは、人生の大きな節目ですので、家族や友人などでお祝いのプレゼントを贈ることも良くあります。

実際に、還暦となると60歳を迎えているので年齢も重ねて来ているため、プレゼントを選ぶのであれば、相応しいおしゃれなものを選びたいと言うのが希望ではないでしょうか。

そのプレゼントの中でも気軽に贈ることが出来るのがお菓子です。より相手に真心を込めて贈るにはおしゃれなお菓子を選んでみましょう。

1つ目は、和菓子の代表ともいえるカステラで

還暦のお祝いの相応しい老舗のカステラであれば、とても喜ばれます。

カステラならば性別・年齢問わず好きな方が多いですし、比較的日持ちもします。

また最近は味の種類も抹茶やチョコレート、チーズなど様々なものが販売されていますので、ご本人が好きな味のものを贈ることもできます。

2つ目は、人気が高いのが和菓子でも高級感のある創作菓子

二つ目は創作菓子です。

これは、菓子職人が熟練の技で作っているので、開いた時のインパクトもありますし、和のテイストを充分に味わってもらえます。

3つ目は、これも人気が高い洋菓子のプリン系

還暦に喜ばれる洋菓子プリン

三つ目はプリン系のお菓子です。

プリンも各社から様々な魅力ある商品が発売されていますが、これまで食べたことのなさそうなプリンを選べば、とても喜ばれます。

4つ目は、チョコレート系のお菓子

四つ目はチョコレート系のお菓子です。

特に、甘いものが大好きな女性の方へ贈るのには最適ではないでしょうか。海外メーカーのチョコレートであれば、やはりプレミア感もあり喜んでもらえます。

5つ目は、手作りお菓子

最後は、手作りのお菓子になります。

何も購入するだけがプレゼントではないので、ケーキやクッキーなど手作りのお菓子を贈ってみるのも、家族や身内であれば特に感動してもらえます。

この他の候補としては、ホールのイチゴケーキやどら焼き、バームクーヘンなどを贈る方もいらっしゃいます。

このケーキやどら焼き、バームクーヘン、そしてカステラといったものは、名入れできるお店も多いので、名前やメッセージを入れることで、さらに特別なプレゼントにすることができますね。

還暦は、一生に一度しかない大切な日本伝統の長寿祝いです。プレゼントを渡す際も家族が全員集まって、盛大にお祝いしてあげることが特に大事な要素になります。

これらのことを考慮しながら、還暦祝いのプレゼントを選んで、思い出に残る還暦祝いをしてあげてくださいね。


還暦の夫婦で楽しめるテーマパーク ベスト10

還暦祝いにテーマパークへ

テーマパークと言えば、カップルやファミリーで溢れているイメージです。しかし、シニア層でも楽しめる施設は多くあります。

中でも、今回は還暦を迎えた夫婦がより楽しめるテーマパークを10箇所を選び、ランキング形式でご紹介します

第10位から第4位まで

人気のテーマパークベスト10

第10位

第10位はカップヌードルミュージアムです。カップラーメンの歴史を動画や展示によって理解を深めることが出来ます。またオリジナルのカップ麺を作ることが可能です。

第9位

次に、第9位は横浜八景島シーパラダイスです。水族館と遊園地が一体型となっている施設です。

水族館で海の生き物と触れ合い、ゆったりした時間を過ごし、物足りなくなったらコーヒーカップ等に乗って穏やかな時間を過ごせます。海の音を聞きながら遊べる施設です。

第8位

第8位は新潟県のサントピアワールドです。自然の中にある遊園地で、空気も良くアトラクションの数も豊富です。

第7位

第7位は、よみうりランドです。豊富なアトラクションが揃っている遊園地となっています。現在は「グッジョバ!!」と呼ばれる新エリアが今大人気です。従来の遊園地と異なり、モノ作りが楽しめるエリアとなっています。

第6位

第6位はサンリオピューロランドです。可愛いキャラクターが集まる施設です。アトラクションも屋内にあるので、天気を気にせずに楽しむ事が出来ます。また魅力的なキャラクターのショーに癒されます。

第5位

第5位は佐渡西川ゴールドパークです。砂金採りが体験できるテーマパークです。制限時間が30分設けられていて時間内で採れた砂金は持ち帰りが可能です。思い出の品も残せる点が素晴らしいです。

第4位

第4位は浅草花やしきです。日本最古の遊園地となっていて、アトラクションの他には縁日コーナーが設けられています。古き良き伝統を肌で感じる事が出来る施設です。

第3位から第1位

トップ3の紹介

第3位

第3位は多くの動物と触れ合える点が魅力的な上野動物園。

第2位

第2位は乗り物に乗らなくてもお土産を見たり施設を歩いて回るだけでも楽しい東京ディズニーランド。

第1位

第1位は海の音を聞きながらお酒を楽しめる東京ディズニーシーです。遊ぶだけでなく日本離れした景色を見ながらディナーを楽しめる点が魅力的です

いかがでしたでしょうか。還暦を迎えた夫婦の方が楽しめるテーマパークを10箇所ご紹介しました。

ぜひこれらを参考にしつつ、いろいろなテーマパークに足を運んでみてはいかがでしょうか。


還暦の母とUSJへ行ってきました

還暦母とUSJ

この度、60歳の還暦を迎えた母とUSJに行ってきました。

兼ねてから母は、CMなどを見るたび1度はUSJに行ってみたいと言っていたのです

しかし、これまでアトラクション施設ということもありますし、訪れる客層もカップルだったり若い方が多いので、同じ世代の人とはなかなか行きにくそうでした。

母親とUSJに行くなんて、と思って話を流していたのですが、この際だから還暦のお祝いをしてあげるべく、そして還暦のプレゼントの替わりに、ということで今回母を案内してあげようと思ったのです。

当日早速二人でUSJに出かけたのですが、駅からUSJの間のストリートでも驚いていた母。

いろいろなお店がたくさんあり、普段目にすることのない珍しいお店などもあったので、USJに入場するまでに1時間程かかりました。

そしていざ入園すると、「すごいすごい!!」ととても嬉しそうにしていました。

日本じゃないみたいだと感動し、園内の建物をゆっくりと見て回り、すぐにアトラクションには乗りませんでした。

USJを堪能

ここで1度休憩を挟もうとお昼ご飯を食べにレストランに入りました。ここでも出てくる食事に感動をしており、いつもよりもたくさんの量を食べていました。

ミッキーやミニーの形をした料理や、包装自体がUSJ仕様ですごくカラフルなので、目で見ても楽しめる食べ物がたくさんありました。

そして、次にジェットコースターなどの激しい乗り物は見るだけにして、バックトゥーザフューチャーとジョーズとスパイダーマンに乗りました。

これらは比較的に衝撃が少なく、待ち時間も長くないためです。待ち時間の間も退屈しないようなつくりになっていることにとても感動していました。

また、母が金曜ロードショーで見た事がある作品の乗り物を選んだため、とても楽しんでくれたようでした。そして、また少し休憩をしながらパレードを見ました。

華やかなパレードに感激したようで、始終目を輝かせて見ていました。そして、今日は連れてきてくれて本当にありがとうと言ってくれました

やはり歳のせいもあり、ずっと長い時間待って乗り物に乗るよりは、適度に休憩を挟んだりしながら、園内を回れたのが良かったみたいです。

USJはとにかくアトラクションがたくさんありますし、見どころが目白押しですので、ついついいろいろと手をだしてしまいそうになりますが、しっかり計画を立ててまわることが大事ですね。

普段友達と行く時とはまた違った楽しみ方が出来ましたし、USJは年齢を問わずに楽しめる場所なんだと実感しました。


還暦を迎えるお父さんに贈るジャズベース

還暦祝いにジャズベース

エレキベースの一般的な種類は、ジャズベースかプレシジョンベースの2つになります。

もちろんそれ以外のベースもありますが、これからベースを始める人にはこの2つのどちらかが無難です。

この2種類の中でも、様々なジャンルに対応できるためジャズベースが特に人気です

一番スタンダードなベースといっても良いのではないでしょうか。なので還暦になってベースを始めるお父さんには、ジャズベースを贈るのがいいと思います。

ジャズベースの選び方

ジャズベースの選び方

でも、どうやってジャズベースを選べばいいのでしょうか。それにはまず、新品で購入するのか中古で購入するのかを選ばなくてはいけません。

楽器においては高価な物も多いので、中古でも多くの楽器が売られています。中古専用のコーナーを作っている楽器店も多くあります。

中古には高価で高品質な楽器を安く買えるというメリットがありますが、知識がない方にはおすすめ出来ません。

エレキベースは何年も弾いているうちに、楽器の状態が変わっていきます。

ネックの反りや、内部系統の接触が悪くなるなど、買った後にメンテナンスをしなければいけない場合があるのです。

それを初めての方が行うのは難しいので、これから始めるなら新品を買うのがおすすめです。

贈り物に最適なジャズベースの価格

ジャズベースの予算

次に価格ですが、これは出来れば少し高めの高品質の物の方が良いです。

お手頃なものでも問題なく弾けるのですが、安価な物は弾きにくかったりチューニングが不安定だったりします。

私の経験からも、弾きやすくチューニングが安定した楽器で練習する方が上達が早くなりました。

とはいっても、予算の都合もあると思います。ですので、初心者用セットなどの安価な物でも構わないと思います。

初心者セットというと、ベース本体にソフトケース、アンプ、電子チューナー、シールドケーブル、ピック、ピックケース、教則本などがセットになったもので、安いものは1万5千円前後ほどから販売されています。

ただ楽器に関しては、ある程度までは価格は嘘をつかない様になっているので、出来れば少し良いものを贈られたらと思います。

最後に、エレキベースの練習をするにはチューナーとメトロノームは必須になります。なのでこれらも一緒にプレゼントされると、お父さんは喜ぶのではないでしょうか。

還暦を迎える60歳からは、新しい人生を新しいことを初めてスタートさせるという方が多くなっています。

これらの内容が、そんなアクティブな方にとって有益な情報になっていると嬉しいです。


祖父におすすめのプレゼント

おじいちゃんにプレゼント

いつも可愛がってくれる大好きな祖父へのプレゼント。そんな祖父が還暦や誕生日などの記念日を迎えた場合は、感謝の気持ちを込めて、素敵なプレゼントを贈りたいですよね

特に、還暦を迎えた方へ人気のあるプレゼントにはどんなものがあるのでしょうか。

まず、どんなおじいちゃんにもおすすめなのがスニーカーです。

年を取ると長い距離を歩くのもしんどくなります。足、特に膝の負担も大きくなってきますので、それが少しでも軽くなるように、履きやすいスニーカーを選んでみましょう。

買う前に足のサイズは必ず聞いてください。危なくない様にピッタリサイズが絶対条件です。

さらにお年寄りは、靴を履く時しゃがむのが辛いという方もいらっしゃいます。段々腰や足に負担が掛かってくるからです。

そのため、なるべく立ったままスッと簡単に履ける物を選びたいところです。

よって、毎回紐を結ばなくてはいけない物は避けましょう。するっと楽に履くことができるスリッポンや簡単なベルクロ付の物がおすすめです。

思い切って若者が履くようなスポーツブランドのスニーカーをプレゼントする、というのも喜ぶかもしれませんね。

有名ブランドなら作りもしっかりしているし、革張りではなく布張りスニーカーならば軽くて丁度いいです。

派手な物ではなく、昔からの定番品の形ならおじいちゃんも合わせやすいです。

最近は、靴紐の代わりにゴム状の紐を入れて結ばずに履けたりするので、紐付きでも選びやすいです。

みなさんも、もし街ですれ違ったおじいちゃんが恰好良いスニーカーを履いていたら、オシャレに見えて若々しいなーと感じますよね。

オシャレなおじいちゃんに

おじいちゃんにハット

他に、カチッとした洋服やスーツが好きなおじいちゃんには、中折れ帽がおすすめです。

こちらはシンプルで合わせやすい色の物をチョイスしてみてください。おじいちゃんの被る中折れ帽はとてもステキです

これも若者の店で買うとオシャレ感が増しますね。杖などの小物をあげる時も少しデザインに凝った物を探してみましょう。

男性は趣味でコレクターの方が多かったり、持ち物にこだわりがあったりするので、他のおじいちゃんが持っていない物をもらうと嬉しいのではないでしょうか?

知らないおじいちゃんでもオシャレをしている人を見ると、可愛く微笑ましくなります。

いつまでもオシャレなおじいちゃんでいてもらえる様にプレゼントを選んでみてください。きっともらったご本人にも喜んでもらえるはずです。


還暦写真家が鉄道写真にハマる理由とは

還暦鉄道写真家

還暦という言葉を聞いて皆さんどんな印象を持たれるでしょうか。

今の方はきっと還暦と言っても昔のように「おじいちゃん・おばあちゃん」というイメージはなく、一つの通過点としての節目と捉えている方が多いと思います。

そんな還暦世代の話題で、今日は写真と鉄道についてお話していきたいと思います。

ある程度年を重ねた写真家、特に還暦写真家がハマることが多いモチーフとしてあるのが鉄道です。

必ずしも鉄道だけにハマるというわけではなくその他のモチーフを撮影しながら鉄道の写真も撮影しているという写真家も多いのですが、鉄道を愛する還暦写真家というのは非常に多くいます

ではどうして鉄道写真が還暦写真家を魅了するのか、その理由としてあるのが「果てしないロマンを秘めているから」というものです。

還暦写真家と鉄道ロマン

還暦と鉄道写真

人生がよく鉄道に例えられるように、長く続いた鉄道のレールというものはそれだけで人にさまざまな思いを抱かせます。

レールがこれまでの長い時間で何万人もの人の人生を支えてきたこと、どのような時にも物言わず職務を全うしてきたこと、当然のようにあるのに無くなってしまっては人の社会が成り立たなくなること、鉄道はさまざまなイメージを見る人に与えてくれるのです。

そうしたイメージは長い人生を歩んできた人ほど心に沁みるものがありますから、還暦を迎えた写真家は鉄道に魅了されるのです。

撮影のしたすさも人気の理由

撮影しやすい鉄道写真

また現実的な理由としては「非常に撮影しやすい」ということも挙げられます。

鉄道というのは見る人によってさまざまなイメージを抱かせるものであるため、その他のモチーフほど構想を練って撮影しなくとも評価される写真になりやすいです。

もちろんそれでモチーフとしての価値が劣るということはありませんし、撮影するのが簡単だということになるわけでもありません。

しかしモチーフとして見る側にさまざまなイメージを抱かせるため「良い写真だ」と言ってもらいやすいのです。

実際その他の写真はあまり評価されていないのに、鉄道の写真となると極めて高い評価をもらえる写真家というのも決して少なくはありません。

加えて鉄道の写真を撮る場合、自分も鉄道に乗ればその近くまで簡単に移動することができます

若い頃であれば自分で車に乗って全国の鉄道の写真を撮るということもできたでしょうが年を重ねるとなかなかそれも難しくなりますから、旅行がてら撮影をするということがしやすい鉄道には人気が集まるわけです。


還暦の世代にこそ見てほしいSF映画

SF映画(エスエフえいが)というと、未来の社会とか宇宙の世界などをモチーフとした空想的な映画になりますが、その壮大な空間にどっぷり浸って夢のような世界を楽しめるSF映画にはまる人も多くいらっしゃいます。

SF映画は、たくさんの魅力に富んでいますよね。映画の都ハリウッドで作られる作品といえば、アクションものが目立ちますが、SFも秀作が多いです。

これは、ハリウッドであるからこそ、コストを投入しての特殊撮影も簡単にできるという側面があります。

このSF映画を、還暦の人に積極的に見てもらうのが、現代社会が抱えている問題の解決の一助につながるものと考えられています

というのは、リアルな世界からはかけ離れた世界が舞台となって、ストーリーが展開しているのです。

還暦世代の人の常識では考えられない事件が、そこではごく日常のものとして進んでいるのです。

認知症の予防や健康のために、運動をしたり趣味を楽しんだりするのも非常にいいことではありますが、その中にSF映画を見るという手法も取り入れるのは、決して間違った選択ではありません。

SF映画で老化防止

老化防止

SF映画の代表作の一つに、E.T.があります。

今から30年以上も前に夜に出た作品ですが、当時としては、キャラクターといい、ストーリーといい、非常に新奇なものであって、大きな話題を呼びました。

たとえばE.T.を見ることによって、還暦世代の人々には大変な衝撃を与えることでしょう。それが、脳や感性の老化防止に役立ってくるのです。

もちろん、E.T.以外にも、スター・ウォーズ、未知との遭遇、宇宙戦争、ターミネーター、エイリアンなどと、SF映画の秀作は多く夜に出てきました。

いっときは、SFの文字を冠すれば必ずヒットすると言われていたほどです。ですから、SF映画は一つのマーケットとして成り立っていたのです。

SF映画が還暦の人にもたらすメリットとして、SFというのは、その時代の人間が未来世界をどのように考えているか、というイメージそのものなのです。

未来を考えてイマジネーションを拡大する絶好のチャンスになります。

過去を振り返ることに執着しがちな還暦の人にとって、あえて未来への目を向ける手助けをするのがSF映画なのです。

ですから、還暦の世代にこそSF映画を見ることが推奨されるのです。ぜひ、今回ご紹介し作品などを参考にして、楽しみながら健康対策してみてはいかがでしょうか。


還暦プレゼントでよろこばれるものとは

喜んでもら得るものが一番

還暦は60歳のお祝いです。家族みんなでにぎやかにお祝いしてあげるという家も多いと思いますが、そこで気になることが1点。

還暦のお祝いで贈るプレゼントです。どういったものを贈ればいいのか、選ぶときにとても迷うものです。できる限り相手のことを考えて、喜んでもらえるものを贈りたいですよね。

特に還暦の場合だと、有名な赤色のチャンチャンコ。これはど定番と言えますが、今の還暦世代の方は若いので、昔ながらのこういう定番商品よりは、実際に使えるものの方が喜んでもらえるのではないでしょうか。

かといって、赤のカラーを外すことはしない方がいいので、赤を取り入れつつ、毎日の生活で使いやすいものを選びたいところです。

仕事も落ち着いてくる還暦という年齢で、趣味などで使えるこれから長く愛用できるものが贈るのが喜ばれるでしょう。

たとえばウォーキングを夫婦でやるのが趣味の人なら、赤のウォーキンググッズなんて喜ばれます。赤のTシャツに、赤の帽子などウォーキングする時に実際に使えますのでとても喜んでもらえます。

赤は赤のグッズでも相手のことを想像して、実際に使ってもらえるものを贈るのがいいでしょう。実用的に使えるものはどの世代でも貰うととても嬉しくなります。

赤いウォーキング関連グッズ

自分のことを考えて選んでくれたのが実際に伝わってくるからです。

定番のものを贈るよりも相手が今何が趣味でしてるか、何をしたいと考えてるかリサーチして選ぶといいでしょう。

実用的なものと合わせて、記念品になるものを贈るのも喜ばれるでしょう。

グラスに文字を入れてプレゼントすることも定番だったりしますが、意外と普段貰えるものではないので嬉しいものです。その人が好きそうなお酒などとセットで贈れば完璧ではないでしょうか。

あまり固定概念にとらわれず、相手のことを考えて贈るのがいいかもしれません。グラスの場合、丈夫で割れにくいグラスなどを贈ると少し新しくて、貰うと嬉しいでしょう。

記念になる贈り物

還暦は人生においてとっても大事な時間です。お祝いする方も相手のことを考えて一生懸命選んでプレゼントするといいでしょう。

今は様々なグッズが販売されていますので、面白い使い勝手のいいものを選ぶのもいいといえます。

相手の趣味で使えるもの、記念になるものこんなものをセットにして贈るといいでしょう。喜んでもらうためには、事前にリサーチして相手のことをさらに考えてみることでしょう。

心を込めたプレゼントなら必ず喜んでもらえるでしょう


還暦祝いの商品はこちらで買いました!

還暦に記念の贈り物

大切な人の還暦祝いだったら、なおさら気分が盛り上がるような演出をして喜ばせてあげたいですよね。お祝いの席の雰囲気作りも大切ですが、やはりメインイベントは贈り物です。

何か、大切な人の心に残る素敵なプレゼントを探したい!できれば、ありきたりじゃないものがいい!

でも、そんな願いとは裏腹にどこで選べばいいのかさえ分からない・・・。そんな人に朗報です!

本日は、おすすめの通販サイトがありますので、紹介させていただきます

ギフトを紹介する通販サイト

人気の通販サイト

それは、還暦祝いのプレゼント、ギフト商品を紹介している通販サイト『還暦祝い館』です。

こちらのお店にはどういったものがあるのかといいますと、お酒をメインとして取り扱っているサイトになりまして、そのお酒の種類はとても豊富です。

日本酒・焼酎・ワイン、地酒も全国各地あらゆるところのものを取り扱っておりますので、大切な方の出身地や思い出の場所のものを選んで差し上げるということもできるのです。

価格も8,000円以下、8,001円~12,000円、12,001円~20,000円、20,001円以上などと予算に応じて選べるようにわかりやすく紹介してあります。

お酒が好きで好きで仕方がない!という方には日本酒セット。還暦祝いといえばこれでしょう!という”ちゃんちゃんこ”とお酒のセット。

お酒は苦手で・・・という方のためのノンアルコールのジュースも用意されています。

そのなかでも一番人気の贈り物は「60年前の新聞付き名入れ酒」です。

60年前の新聞というのは、お祝いしたい方が生まれた日、当日の新聞の複製で、これを名前の入ったラベルの付いたお酒と共に贈ることが出来るというものです。

ちなみに、この新聞は生まれた日のものしか選べないということはなく、「明治7年(1874年)~注文された日の日付」までのものが用意できるようですので、例えば結婚記念日の日の新聞を選んでもOKなわけです。

この「記念日の新聞付き名入れ酒」というのは、このお店の運営会社が特許も取っていて、ここだけのオリジナルのセット商品ですので、さらにオリジナル感&サプライズ感が増しますよね。

しかも特別な日にぴったりな桐箱入りで、さらに高級風呂敷で包まれている状態で届けてもらえるので、この豪華なプレゼントをもらえば、きっと一生の思い出になること間違いないでしょう。

ご自分にとって大切な方の節目のお祝い、素敵な贈り物と共に素晴らしい一日になりますように!


還暦祝いに贈りたいプレゼント

還暦の贈り物

日本における還暦の祝いでは、本人に赤色の衣服(頭巾やちゃんちゃんこなど)を贈る習慣があります。

かつては魔除けの意味で産着に赤色が使われていたため、生まれた時に帰るという意味があるそうです。

ただ最近では、60歳の方でも健康で元気な方が多い為、そういった赤色の衣服はちょっと「老いた」感じがすると敬遠される方も少なくありません。

ですので、プレゼント選びの傾向としては、色やちゃんちゃんこ・頭巾などにこだわらずに、ご本人が好きなものをプレゼントしお祝いするようになってきています。

還暦とは?

還暦とは、干支(十干と十二支の60通りの組み合わせ)が一巡し、起算点となった年の干支に戻ることを言います。別名、本卦還りともいいます。

数え年に代わって満年齢を用いることが多くなったため、数え年61歳に代わって満60歳を還暦とする考え方が一般的になってきています。

30周年を半還暦・120周年を大還暦といいます。

西洋での還暦

西洋では、ダイヤモンドを60周年の祝いに贈ったり、60周年の象徴とする風習があります。

結婚60周年はダイヤモンド婚式ともいい、殊にヴィクトリア女王の即位60周年は、ダイヤモンド・ジュビリーとして盛大に祝賀されました。

還暦小話『還暦の別称「華甲」の話』

60歳

「華甲(かこう)」という言葉をご存じですか?実はこれは「還暦」と同じ意味。60歳という年齢を指していう言葉です。

「華甲」の成りたちは77歳の「喜寿」や88歳の「米寿」とほぼ同じ。そのカギは「華」の字にあります。少しわかりにくいのですが…この「華」を大きくしてじっと見てください。

「華」の字を徐々に分解していくと、なんと6つの「十」と一つの「一」になるのです。つまり61。

干支が一回り

でも、61では還暦ではないのでは?もちろんそんな疑問も起きることでしょうが、数え年で考えるのが普通だったその昔。

数え年で61歳ということは、満年齢に直せば60歳、すなわち還暦ということになるのです。もっとも、最近は数え年で表現することも少なく、どうもピンとこないという人もいるでしょう。

その場合は、少し変則的で割り切った考え方にはなるものの、 「60」が「一つ」という考え方をすれば「華甲」の言葉を覚えやすいかもしれませんね。

なお、「甲」は「きのえ」で 十干の一番目。十干十二支が一回りして最初の「甲子(きのえね)」に帰ったことを表すもので、その点では還暦や本卦帰りと同じく暦に基づいています。


還暦世代が行ってみたい国内珍スポット

珍スポットへ旅行

日本には、一般的にあまり知られていない「珍スポット」というものが数多く存在しています。

旅行が好きで、今までいろいろなところに行ったという人でも、この様な珍スポットの中には聞いたこともない、という場所が意外と多いはずです。

還暦を迎えるような世代の方にとって、仕事も一区切りし、さてこれから自由な時間が増えた!と喜ぶ半面、なかなか人生の楽しみを見つけることが難しいと考える人もおられるようです。

若いときにいろいろなことをした人ほど、自分は色々な事をして、色々な事を見てきたと思ってしまう人も多いものですが、実は日本にはいろいろな場所が有り、過去にはあまり知られていなかった場所、若しくは最近話題になった場所など、年月を経るごとに名所も変わっていくものです。

その為、還暦になったからと言って新しい名所に出会えないとか、旅行に行っても面白くないと考えるのは早計です。

実は年を追うごとに新しい発見が出来るということもあるのです。

ディズニーランドもオススメ

ディズニーランドもおすすめ

そんな還暦世代の方だからこそ行ってみてほしい名所の中に、ディズニーランドがあります。

「えっ?ディスニーランドなんて若いときに、いや最近でも孫と一緒に行ったから、特に目新しい場所でもないし、行きたいとも思わないな」

そういう風に考える人も多いと思いますが、実は還暦世代だからこそ同じ場所でも新しい発見ができるという部分が有ります。

若い世代は、アトラクションやその仕掛けの大きさ、凄さに興味が湧き、楽しむものですが、人生経験が豊富になると普段気付かない部分に目が行きがちになるものです。

その上ではディズニーランドの雰囲気を演出しているスタッフの動きや、常に美しく保たれている庭園、整然と統率されている様々なアトラクションの動きなどに改めて驚かされることと思います。

これは様々な観光地でも同様で、何度も足を運んだところでも年齢や世代が変わると見方が大きく変わるものです。

その為、還暦世代になって新たに新しいところに行くのも良いものですが、過去に行った場所に再度訪れてみると、以前とは異なった新たな発見ができ全く違った場所に見えるということが多いのです。

これこそが還暦世代に行ってみてほしい珍スポットなんです。

特にディズニーランドだと、2018年3月から年間パスポートが最大4000円も値下げされていますし、通いやすくなっていますので、今一度足を運んでみるのもおすすめです。


還暦のプレゼントに最適なシャンパン

還暦祝いにシャンパン

還暦は60歳という人生の節目となる年を祝うものです。

この還暦を迎えられた方には、家族や親せき、友人など身近な人たちが集まって、プレゼントを贈るというのがお祝いの方法の定番です。

そして、そのプレゼントですが、最近ではシャンパンを贈るという人が増えています。

昔は還暦のお祝いと言えば、お酒なら日本酒といったように和風の品物を贈るイメージが強かったですが、最近の60歳の人たちは昔と比べるとおしゃれで感覚の若い人が多いので、そういった人たちへのプレゼントとしてシャンパンが選ばれるようになっているのです。

シャンパーニュ地方

みなさんはシャンパンにどういったイメージを持っていますか?

還暦のプレゼントにシャンパンが適している理由としてまず挙げられるのは、高級感があるという点です。

世界中で作られているスパークリングワインの中でも、フランスのシャンパーニュ地方という名産地で製造されたものだけがシャンパンを名乗ることが許されているので、その希少性により他のスパークリングワインとは一線を画した特別感を感じさせるのです。

さらにボトルやラベルのデザインにもこだわって作られているので、飾って眺めているだけでも楽しめるという魅力があります。

還暦をシャンパンでお祝い

そしてもちろんシャンパンには、純粋に味が良いという魅力もあります。豊かな香りと深いコク、そしてきめ細やかな泡が作り出す口当たりなど、その味の魅力は多くのファンを虜にしているものなのです

さらに最近は、ただシャンパンだけを贈るのではなく、その人の名前入りを入れたり、お花やメッセージカードを添えたり、小夫婦で揃いのシャンパングラスをプラスしたりなど、相手に合わせた工夫をして贈る人もいます。

そういったギフトは、特にインターネットのショップで多くのラインナップを見つけることができます。

名前を入れたりできる商品は「名入れ酒」と呼ばれており、「還暦 名入れ酒」などという言葉で検索をかけてみると、驚くほどたくさんの商品が候補として挙がってきます。

シャンパンのラベル部分にご本人の名前や感謝の言葉を入れて還暦祝いという特別な記念日の、特別なギフトを購入することができるので、人気も高まっているようです。

その他シャンパングラスにも名入れできるお店があるので、予算があれば、ぜひ名入れするのをおすすめします。

サプライズ演出ができて、喜びも何倍にもなること間違いなしです。シャンパンと共に素敵な還暦祝いを開いてあげてください。


還暦祝いについて

還暦と退職と

60歳を定年としている会社も多いことから、還暦祝いと同時に退職、という方も多いかと思います。

もしその後同じ会社で再任用、などということがあったとしても、60歳還暦という節目には、一度きちんとお疲れ様を言ってあげたいものですね。

そんな時には電報で、メッセージをプレゼントするのはいかがでしょうか

電報はなかなか打つ機会がないものですが、お手紙よりも文章も短く、簡単でよくて、本のようなデザインなので見映えもするのです。そして今は多種多様な電報があります。

昔ながらの日本風なものとしては、押し花や刺繍、うるし箱の電報でしょうか。また、ただただ見開きでメッセージが書いてあるもの、開けたら立体的な風景が飛び出てくるデコレーションが凝ったもの。

さらに、ぬいぐるみやキャラクターが電報を抱えているような立体物もあり、このぬいぐるみがおしゃべりする物なんかもありますよ。

プレゼントの定番と言えるお花も、プリザーブドフラワーを使ったものや、ソープフラワーなど華やかなものが多いです。

中にはバルーン電報といって、大きなバルーンがついてくるものまであるので、送る方も選ぶのが楽しい仕様になっています。

還暦祝いに電報を

これらの電報は、メッセージの種類も豊富で、金銭的にも負担が少ないのが魅力です。

また日付も指定して送ることができ、凝った物でなければ最短1日で手配が済んだりと、とにかくお手軽なところもいいところ。

見開きのシンプルな物ならば、荷物の多い最終日でもかさばりませんので安心して贈れます

改まってお礼の言葉を贈るなんて恥ずかしいと思うかもしれませんが、暖かいお疲れさまとありがとうの感謝の気持ちは何よりの贈り物。

電報だけではちょっと物足りないから還暦祝いはまた別で贈り物をする、という方にも、まずは退職日当時にメッセージをプレゼントして労ってもらえたら、還暦まで働いたかいがあった、と思ってもらえること請け合いです。

ちなみに、電報とセットにして渡すギフトとしても、やはり”オリジナル感”を出せる「名入れギフト」が一押しになります。

今は「名入れギフト」と言ってもかなりいろいろなものが存在しますが、「名前ポエム、名入れ酒、名入れ湯呑などの陶器類」などが定番でしょう。

どんなものをプレゼントしたとしても、やはり一番大事なのは気持ちです。

還暦のお祝いには心のこもったギフトをあげて、退職日を華々しく飾ってお祝いしてはいかがでしょうか。