完全フルオーダーで最高級の贈り物!

60歳の誕生日祝い

還暦祝いというのは、元来60歳になったことを祝うイベントでした。

しかし、今日においては60歳というのは現役で働かれている方が居るなどハツラツとしており、従来の還暦とは大きく印象が異なります。

そのため、節目の年齢としてお祝いしたいもののプレゼントするものによっては高齢者扱いしてしまうため気が引けてしまうものです。

還暦祝いにも喜ばれる花束

還暦に花束

そもそも、還暦祝いというのは原点に戻るということを祝うという意味合いがあります。

そのため、本来子供や赤ちゃんが身に纏うべきちゃんちゃんこを贈り物にする風習があるのです。

ところが、現代において還暦祝いを受け取る側というのは現役で現場で仕事をしていることも珍しくないため、嫌味になってしまうこともあります。

そのようなことを解消してくれるのが、プレゼントする相手や予算に応じてオーダーすることが可能な花束です。

年齢に対して老いなどマイナスイメージを感じさせない、全く嫌味を感じさせない還暦祝いが花束なのです。

花と言えば日頃の誕生日やおめでたい席において、日常的にやり取りされるものです。

プレゼントされることで嫌な気持ちになる方というのは居ないと言っても過言ではないほど好かれるものです。

還暦に赤色の花束

還暦のお祝いに贈る花束の定番と言えば、赤いバラ60本の花束です。

ですが、その季節の赤い花を織り交ぜることで、お祝いしたい人に対し嫌な気持ちをさせずに還暦祝いという意味合いを持たせることができるので、違った色味の花も取り入れながらアレンジメントするのがおすすめです。

外見も華やかなので、大きな規模の祝いの場で差し出しても見劣りしてしまうことはありません。フルオーダーなので、会場の大きさに応じてサイズを変えるのも良いです。

また予算に応じて、数千円のものから数万円のものまで、自由に選んで注文することができるのもメリットです。

ちなみに家族に贈る花束の場合の予算は、5千円くらいから高くても1万円ほどが一般的なようです。

そして、今はプリザーブドフラワーという生花とほぼ同じほどの美しさを持ちながら、水をやったり世話をすることなく、長い期間状態を保つことができるお花があり、そちらも人気があります。

ただ、これは加工していてもともと手間がかかっていることから、生花よりも価格が高い傾向にありますし、壊れやすく湿気に弱いなど特有の性質も兼ね備えていますので、少し注意が必要です。

いかがでしたでしょうか。ぜひ完全フルオーダーのお花で、すばらしい還暦のお祝いを実現してあげてくださいね。


感謝の想いをメッセージ入りラベルで

還暦に感謝のメッセージ

人によって感じ方は違いますが、20歳の時に「もう二十歳か・・」としみじみ振り返る人はあまり多くないでしょう。

しかし、60歳になったときに「もう自分も六十か・・」としみじみ自分の人生を振り返る方は多くいると思います。

もしご自身が、そんな人生の大きな節目である還暦の60歳に達した時、家族から盛大にお祝いしてもらえると、すごく思い出に残りますし嬉しくなりますよね。

それだけ人生経験を積み重ねてきただけに、還暦や喜寿、米寿など長寿祝いの節目というのは、その年齢に達するたびに、感慨深いものがあると思います。

ですので、その長寿のお祝いには、普段の誕生日とは違った特別なプレゼントを用意してあげるのがおすすめです。

特に還暦祝いには、普段伝えられない感謝の気持ちを込めてメッセージ入りラベルをつけたお酒などを贈ってみてはいかがでしょうか。

ラベルに入れる文字は印刷してくれるので、自分で書けない人でも問題ありません。

例えば、タイトル(祝還暦)、メイン(還暦者の名前)、メッセージ(いつもありがとう)、日付け、などと入れてラベルをデザインすることができます。

メッセージがある程度決められていて、その中から選べるようになっているものもあります。

還暦者の名前が入っているので、それを見ながらお酒を飲むというのも乙です。

自分の名前が印刷されたお酒の瓶は照れくさくなってしまうような感じがありますが、贈り物としてかなり喜ばれているようです

お酒の贈り物

飲み終わっても瓶を取っておく人も多いようです。日本酒であれば一升瓶にすると、かなり存在感のあるプレゼントになります。

そのまま飾っておきたくなるような存在感があるので、一生の思い出としてうってつけです。

ちなみに、一升瓶は一生に一度の還暦祝いという意味で、一生の感謝を込めてというニュアンスがあります。

ワイン好きの人であれば、赤ワインにメッセージ入りラベルをつけて贈ってあげても喜ばれます。自分が生まれた歳のビンテージワインなどを贈れば、思い出話に花が咲きそうです。

単にお酒を贈るというのでは味気ないですが、メッセージ入りラベルがついていると一味違います。

子どもから送られたものであればなんでも嬉しいという人も多いですが、ラベルがついているとさらに喜びがアップします。

還暦祝いのプレゼントというのは、本当にいろいろとあって迷う方も多いとは思いますが、今回ご紹介した「名入れのお酒」も人気の高いギフトですので、選択肢の一つに入れてみて頂けたらと思います。


我が家の還暦祝い

両親の還暦祝いに兄からの電話

「今度お父さんとお母さんが還暦を迎えるから何をする?」と兄から連絡を受けた事を思い出す。

そのころ新しい会社に転職して仕事もリスタートしたばかりの時期だったし、年末ということもあって、かなりバタバタと忙しくしていた。

そんな自分は、兄から連絡を受けて、慌ててネットでプレゼントを探した、という記憶がある。

当時、転職に合わせて自宅も引っ越しており、引っ越しを終えたばかり、という状態でもあったので、自分が住んでいる住所もまだ覚えられていないうちに、通販サイトを覗いて探したものだ。

ただ、自分だけでなく兄も兄で、こんなに急に知らせてきたことから考えても、すっかり忘れていたんだと思う。

そんなこんなで、結局両親の還暦は、12月中旬生まれの父と下旬生まれの母を一緒に祝うために、クリスマスを終えた年末の帰省時に行うことに決まった。

この予定が決まったのがクリスマスの前日。通販サイトなら間に合うだろうと高をくぐっていたものの、実際はどこのサイトも年末需要で締め切りや発送が年明けと表示されていた。

しかし、最終的に還暦のプレゼントで人気のもの、更にはオンリーワンになりそうなら尚よし、そして最後にすぐ届く、この条件のもと探し当てたのが60年前の新聞が付く名入れ酒のお店だった。

というのも、父も母もお酒好きで、特に日本酒が大好きだったからだ。そのお店で、日本酒の瓶のラベルに「祝!還暦」という言葉と両親の名前、日付を入れてもらった。

名前や言葉を入れることができるというのはすごくサプライズになるなと思っていたが、それだけでなく、日本酒には金箔が入っていてすごく高級感があったし、瓶は透き通って綺麗な赤い瓶が使われていた。

それが桐の箱に入れられ、真っ赤な風呂敷で包まれて届いた。予想以上の豪華な見た目に両親だけでなく自分たち兄弟も驚いていた。

また、60年前の新聞が付くというサービスだが、生まれた日ではなく、二人の結婚記念日の新聞をつけてもらった。

こんな新聞が付いてたらお祝いする時にも話が弾んでより記念のお祝いになりそうだな、と思ったが、案の定二人とも興味深々に新聞をのぞき込み、いろいろと当時の話に花を咲かせていた。

ちなみにこのお店やこの商品はなかなか評価も高いところだったようで、こちらの指示もしっかりと聞き入れてくれたため、結果無事にお祝いが成功して、とても満足している。

事前準備の時間がなく、緊急的にすすめたお祝いだったが、何の問題もなく、二人も喜んでくれていたのでほっとしている。


今と昔

江戸時代と現代の違い

医療技術の進歩で、人間の寿命は伸びる一方だ。なので、昔と違って現代は長寿社会になっている。

ちなみに、江戸時代の平均寿命は40歳~50歳だったというから、現代とはまったく異なる社会構造だったと考えられる。

日本が特に長寿国として知られるのには、食生活も関係しているだろう。

一汁三菜を基本とした和食の文化は、他の先進国の基本食に比べ、脂肪摂取量がきわめて少ないと言われている。

しかも、抗酸化物質を多く含む発酵食品(味噌や納豆など)を常食していることなども含めると、これらは長寿と深い関係があるのかもしれない。

また医療技術の進歩と合わせて、長寿の要因となっている可能性が高いのは、遺伝的なものが挙げられる。

我々黄色人種は、黒色人種より寒さに強く、白色人種の肌よりも紫外線に強い。また、日本人は特有の遺伝子「ハプログループD」が長寿に関係している可能性もあると指摘されている。

まぁいろいろな要因が考えられそうだが、これからも日本人の長寿化、世界の長寿化は進み、いつの日にか100歳まで生きることが当たり前な世界がくるかもしれない。

さて、数々の歴史の中で、大成した人物たちも事を成し遂げた年齢を聞けば皆10代20代。

今の世の中ではモバゲーに課金したり、ニートになってスネをかじっている人間もいるのだから、現代は何とゆるやかな時代なのだろう。

現代の高齢化社会

今、70歳は当たり前、80歳や90歳までもザラにいる。その反対に出生率は1.3人だとか新興国でもかなり低い部類。

日本はこれから高齢化社会、更に超高齢化社会へと突入していくが、そんな社会背景に「還暦」なんてのはまだまだ子供だ。

そんな皮肉じみた言葉も耳にするくらいなのだから、60歳はまだまだ現役、スポーツ、習い事、趣味、仕事、あらゆる事を還暦を迎えたところから始める人も多い。

お祝いの言葉でよく言われる「第二の人生スタート」というフレーズが還暦の一区切りを物語っている。

実際に定年で仕事をやめる人も多いだろうから、第二の人生のスタートという言葉もしっくりくる。

昔と違って、今の60歳はかなり元気なので、まだまだアクティブにやりたいことを追求したり、いろんな行動を起こしたりして、人生を存分に楽しむ姿が印象的だ。

寿命がのびることは、やりたいことをやれる時間が増えることでもある。そう考えると、なんて幸せな時代に我々は生きているのだろうかと感慨深いものがある。

長い人生、悔いの残らないように常に全力で、ときどき休憩しつつ、楽しく明るく生きたいものである。


還暦のお祝いに何をプレゼントするか

元気に還暦を迎えられたお祝い

自分の親が長生きすることはとても嬉しいことです。しかし、全ての人間が長生きできるということはありません。

そのため、自分の親が還暦を迎えた時にはお祝いをするというのが世間一般的に常識となっています。お祝いは家族だけでなく親せきを呼んで行うこともあります。

本人としては大勢の人に祝ってもらった方が嬉しいと感じることが多いので、このような祝い方をするのはかなり喜ばれると考えられます。

祝うときに大勢の人から祝福されるのも大事ですが、それだけでなく祝い事なのでプレゼントもかなり重要になってきます。

せっかくなら特別なプレゼントを

還暦プレゼントにはメッセージカードを添えて

還暦のお祝いに、本人が欲しがっているものを贈るというのも大事ですが、一生に一度しかない機会なので、特別感のあるものを選ぶのが一番良いと考えられます。

最近では様々な店舗で還暦の際の贈り物を特集していたりしていますが、インターネットでギフトサイトを利用する人も多くなっています。

インターネット通販のギフトサイトでは、今まで商売をしてきた中で培った経験や様々なアンケート、購入者の傾向などを基にして喜んでもらえるプレゼントを販売しています。

このようなサイトを利用することで、本人に喜んでもらえる贈り物を見つけることができますし、購入しなくてもどのようなものが一般的に贈られているのかが分かるので凄く参考になります。

購入した際には、あらかじめ贈り物だということが前提となっているのでメッセージカードなどが無料でついてきます。

これを使って今までに伝えられなかったメッセージを伝えるというのも喜ばれます。

還暦プレゼント専門の通販サイト

還暦プレゼント専門サイト

最近では、このようなギフトサイトの中でも還暦のプレゼント専門の通販サイトができています。

販売されている商品は、全てその年代の人向けのものになっています。デザインも色合いも落ち着いたものが多く、好まれやすいものになっています

また、このようなサイトでは、最近の贈り物がどのような傾向になっているのかをランキング形式で掲載していることもあります。

このようなサービスが行われているということで、口コミでもかなり有名になっており、利用者もかなり増えています。

なかなかプレゼント選びというものは迷って時間がかかることが多いですし、自分で考え付くものにも限界があるものです。

お祝いの席で心から喜んでもらうために、このような専門のサイトを使ってみるのも良い方法であると言えます。


還暦のお祝いやプレゼントについて

還暦のお祝いに

最近は還暦と言ってもまだまだ現役で活躍しているシニアの方がたくさんいます。

しかし、子供の側からすれば親の人生の一つの節目として、また、今まで自分を犠牲にしてまでも仕事や子育てに奮闘してきた親へ感謝の気持ちを込めて、何か祝ってあげたいと思うものです。

還暦祝いで迷うのは何をプレゼントしようかということです。最近ではインターネット通販で様々なタイプのギフトを購入することができます。

お酒が好きな人なら普段なかなか買えないような高級なお酒を贈るのも良いでしょうし、体に気を付けていつまでも元気でいてほしいなら健康グッズが最適です。

また、最近は名入れギフトも豊富で、グラスやフォトフレームなどのギフトアイテムに名前やメッセージを入れるサービスもあります。

名入れギフトなら他にはないオリジナルなギフトを贈ることができます。

いずれにしても、普段から親とコミュニケーションを密に図り、親の好みを把握しておくことでおのずと何を贈ったら喜んでもらえるかわかるようになります。

還暦に思い出づくりのお祝い

還暦に家族旅行

物を贈るのではない別の祝い方としては旅行券をプレゼントするのも一つの方法です。旅行券よりも良いのは親子で一緒に旅行に出かけることです。

旅行に行くのが子供の時以来という人は、ずっと親子で一緒にいるなんて、と最初は気恥ずかしい気持ちになることもあります。

しかし、たまには親子でゆっくりと旅行に出かけることで親子の絆が深まりますし、子供が成長してから一緒にどこかに出かける機会も少なくなっているはずですので双方にとって良い思い出作りとなります

ちなみに、今は長寿祝いのプランが準備されている宿もたくさんあります。そのようなプランでは、無料サービスでちゃんちゃんこや帽子を貸し出してくれたり、記念撮影・記念写真のプレゼントがあったりと嬉しい特典もあります。

あまりお祝いに予算がかけられないという場合は、ギフトを用意したり旅行に出かけなくても、家族みんなで集まってお祝いするだけでも十分に喜んでもらえるはずです。

親にとっては、子供が自分の還暦を祝ってくれた、その気持ちだけで満足なのです。

ちょっとだけ頑張ってごちそうを作ってみんなで料理を囲みながらなんてことはない会話を楽しむだけでも立派なお祝いです。

さらに赤いちゃんちゃんこ・帽子を用意しておけばグッと雰囲気が出てきます。

赤いちゃんちゃんこ・帽子はインターネット通販で比較的リーズナブルな価格で販売されています。


還暦お祝いのプレゼントについて

還暦のプレゼント

60歳という人生の特別な節目をお祝いするのが「還暦」です。

還暦のお祝いプレゼントをお探しの方のために、本日は今どのようなプレゼントが人気なのかを踏まえて、よりよいお祝いプレゼントについてご紹介していきたいと思います。

還暦とは干支が一巡して起算点となった年の干支に戻ることを言います。数え年61歳のことを言いますが、現在では満年齢が用いられることも多くなってきているようです。

またお祝いを満60歳の誕生日などにおこなわれる方も多いと言われています。

日本では赤い色をした頭巾やちゃんちゃんこなどを贈るという風習が残っています。

これは魔除けの意味で産着に赤色が使用されていたため生まれた時に帰るという意味があるようです。

西洋などでは60周年にダイアモンドなどが贈られることがあるようです。

近年の還暦プレゼントの傾向

還暦にゴルフ用品をプレゼント

どのような贈り物をしたらいいのか迷っていらっしゃる方も多いですが、最近はさまざまなプレゼントがなされています。

お酒をたしなむ方には名入れのお酒や名入れのサーバー、名前や記念日を刻印することができるサービスなどがあります。

ゴルフ好きの方にはゴルフ用品などのような実用的な商品を贈られるようです

赤いものを贈りたいけれどちゃんちゃんこは実用的ではないなと感じる方も多いようです。そのような場合に赤い色をした実用的なグッズに人気があると言われています。

その他にも似顔絵サービスをおこなっている会社などもあるようです。赤いちゃんちゃんこを着たテディベアや誕生石のジュエリーなどを贈られる方もいらっしゃるようです。

お父さんなど男性への贈り物ランキングで上位にくるのは日本酒や焼酎、ワインなどのお酒類だと言われています。

還暦のプレゼントには贈り物専用サイト

還暦の贈り物専門サイト

お酒のラベルに名入れをおこなったり、生まれた年の新聞紙を付けてくれたりなどのサービスをおこなっている会社もあるようです。

お酒は桐箱に入れてラッピングしてくれるため贈り物としても喜ばれ、送料無料でおこなっているところも多いと言われています。

贈り物専用サイトなども多くなってきていますので、贈る方や予算などからどのような商品があるのか選ぶことができるようになってきています。

さまざまな商品が取り揃えられていますので参考にされていらっしゃる方も多いようです

現在では定年年齢が上がってきていますが、従来は定年退職の年齢とも重ねっていたこともあり第2の人生を祝うご家族が増えてきているようです。


還暦祝い

還暦祝いに箱根温泉旅行

父親の還暦祝いと両親へのプレゼントをかねて、両親と私と夫と、乳児2人を連れて箱根に旅行に行きました。

弟家族は義理妹が妊娠中だったので、事前に決めてあった還暦祝いのプレゼントとして、赤と紺のボーダーのブルックスブラザーのポロシャツをお金を出し合ってプレゼントしました。

一応赤いちゃんちゃんこが頭にあっての赤を入れたカラー選択でしたが、今の60歳は若いので、似合っていて、本人も若く見えると喜んでくれました。

ちなみに、このプレゼントはインターネットで見つけたもので、今はこうやって簡単に贈り物を探して注文できるのが本当に便利だなーと関心したことを覚えています。

さて、父はまだ現役で働いていて遠方から駆けつけてくれたのですが、久しぶりに会う孫に目尻が下がりっぱなしでした。

やはり孫と一緒に旅行したことで還暦祝いは格好がついたし、だからこそ一番の両親へのプレゼントになったように思います

孫と温泉旅行

できたら3歳の子どもが温泉で背中を流してくれたらいいなと思っていましたが、残念ながらママとお風呂に入ると譲らず、念願かなわず無念でした。

普段孫にと洋服や、お祝いだなんだと貰うことが多く、お返しする事が少ないので、この日のために人気の幻の酒を一緒に飲む、というプランを考えました。

普段お酒好きの夫は、運転をするのでみんなで食事を取るときに飲めないことを両親が気にしていたので、今日は心置きなく、しかも人気の幻の酒を一緒に飲めるね、と味もさることながら、みんなで呑める事を喜んでくれていました。

その宴会自体が両親へのプレゼントになってよかったです。

車で移動

人数の都合上、車二台に分かれての移動でしたし、仕事の都合上で、私が子どもの頃よく家族で訪れた箱根彫刻の森美術館も行く予定でしたが時間がなくて行けず、残念でした。

なので、次回来年の母の還暦祝いがあるので、その時は、マイクロバスを借りて弟家族も含め、みんなで温泉にいきたいとおもいます

なかなか家族で大集合する事がないので、その時もまた人気の幻の酒を一緒に飲んで、孫3人で両親の背中を流してお祝い出来たらいいなと思います。

次の母の還暦祝いは、赤いちゃんちゃんこ代わりの洋服選びがちょっと難しそうだなと思ってます。

なので、一年先ですが妹と今から何にしようか迷って、しっかりと準備をしてからお祝いを成功させたいなと思います。

とにかく家族みんなが思い出に残る素敵なお祝いになって本当に安心しましたし、家族の絆も深まったと思いました。