還暦写真家が鉄道写真にハマる理由とは

還暦鉄道写真家

還暦という言葉を聞いて皆さんどんな印象を持たれるでしょうか。

今の方はきっと還暦と言っても昔のように「おじいちゃん・おばあちゃん」というイメージはなく、一つの通過点としての節目と捉えている方が多いと思います。

そんな還暦世代の話題で、今日は写真と鉄道についてお話していきたいと思います。

ある程度年を重ねた写真家、特に還暦写真家がハマることが多いモチーフとしてあるのが鉄道です。

必ずしも鉄道だけにハマるというわけではなくその他のモチーフを撮影しながら鉄道の写真も撮影しているという写真家も多いのですが、鉄道を愛する還暦写真家というのは非常に多くいます

ではどうして鉄道写真が還暦写真家を魅了するのか、その理由としてあるのが「果てしないロマンを秘めているから」というものです。

還暦写真家と鉄道ロマン

還暦と鉄道写真

人生がよく鉄道に例えられるように、長く続いた鉄道のレールというものはそれだけで人にさまざまな思いを抱かせます。

レールがこれまでの長い時間で何万人もの人の人生を支えてきたこと、どのような時にも物言わず職務を全うしてきたこと、当然のようにあるのに無くなってしまっては人の社会が成り立たなくなること、鉄道はさまざまなイメージを見る人に与えてくれるのです。

そうしたイメージは長い人生を歩んできた人ほど心に沁みるものがありますから、還暦を迎えた写真家は鉄道に魅了されるのです。

撮影のしたすさも人気の理由

撮影しやすい鉄道写真

また現実的な理由としては「非常に撮影しやすい」ということも挙げられます。

鉄道というのは見る人によってさまざまなイメージを抱かせるものであるため、その他のモチーフほど構想を練って撮影しなくとも評価される写真になりやすいです。

もちろんそれでモチーフとしての価値が劣るということはありませんし、撮影するのが簡単だということになるわけでもありません。

しかしモチーフとして見る側にさまざまなイメージを抱かせるため「良い写真だ」と言ってもらいやすいのです。

実際その他の写真はあまり評価されていないのに、鉄道の写真となると極めて高い評価をもらえる写真家というのも決して少なくはありません。

加えて鉄道の写真を撮る場合、自分も鉄道に乗ればその近くまで簡単に移動することができます

若い頃であれば自分で車に乗って全国の鉄道の写真を撮るということもできたでしょうが年を重ねるとなかなかそれも難しくなりますから、旅行がてら撮影をするということがしやすい鉄道には人気が集まるわけです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする