還暦の世代にこそ見てほしいSF映画

SF映画(エスエフえいが)というと、未来の社会とか宇宙の世界などをモチーフとした空想的な映画になりますが、その壮大な空間にどっぷり浸って夢のような世界を楽しめるSF映画にはまる人も多くいらっしゃいます。

SF映画は、たくさんの魅力に富んでいますよね。映画の都ハリウッドで作られる作品といえば、アクションものが目立ちますが、SFも秀作が多いです。

これは、ハリウッドであるからこそ、コストを投入しての特殊撮影も簡単にできるという側面があります。

このSF映画を、還暦の人に積極的に見てもらうのが、現代社会が抱えている問題の解決の一助につながるものと考えられています

というのは、リアルな世界からはかけ離れた世界が舞台となって、ストーリーが展開しているのです。

還暦世代の人の常識では考えられない事件が、そこではごく日常のものとして進んでいるのです。

認知症の予防や健康のために、運動をしたり趣味を楽しんだりするのも非常にいいことではありますが、その中にSF映画を見るという手法も取り入れるのは、決して間違った選択ではありません。

SF映画で老化防止

老化防止

SF映画の代表作の一つに、E.T.があります。

今から30年以上も前に夜に出た作品ですが、当時としては、キャラクターといい、ストーリーといい、非常に新奇なものであって、大きな話題を呼びました。

たとえばE.T.を見ることによって、還暦世代の人々には大変な衝撃を与えることでしょう。それが、脳や感性の老化防止に役立ってくるのです。

もちろん、E.T.以外にも、スター・ウォーズ、未知との遭遇、宇宙戦争、ターミネーター、エイリアンなどと、SF映画の秀作は多く夜に出てきました。

いっときは、SFの文字を冠すれば必ずヒットすると言われていたほどです。ですから、SF映画は一つのマーケットとして成り立っていたのです。

SF映画が還暦の人にもたらすメリットとして、SFというのは、その時代の人間が未来世界をどのように考えているか、というイメージそのものなのです。

未来を考えてイマジネーションを拡大する絶好のチャンスになります。

過去を振り返ることに執着しがちな還暦の人にとって、あえて未来への目を向ける手助けをするのがSF映画なのです。

ですから、還暦の世代にこそSF映画を見ることが推奨されるのです。ぜひ、今回ご紹介し作品などを参考にして、楽しみながら健康対策してみてはいかがでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする