60歳のお祝いには特別なプレゼントを。

60歳には心のこもった贈り物を

父親や母親、義母や義父の還暦祝いには、毎年の誕生日プレゼントとは違った何か特別なギフトを贈ってあげましょう

還暦祝いは、これからも健康で長生きしてほしいという気持ちを伝えるためのものです。

伝統的な贈り物としては、赤いちゃんちゃんこや頭巾などが有名なところですが、ただ、この赤いちゃんちゃんこ。今の60歳の方々にはちょっと嫌がられることがあります。

というのも、還暦祝いの慣例が一般的に広がっていったのは、江戸時代前後ということです。

そこから考えると現代の人々の感覚は全く違うものになってしまいましたので、精神的にも若い現代の60歳にふさわしくない贈り物は避けた方が無難です。

近年は年齢を強調しないプレゼントが好まれる

還暦の贈り物に赤いTシャツ

そこで、あまり年齢を強調しすぎないで、「還暦を特別にすてきなことだとお祝いするためのギフト」が求められます。

ちゃんちゃんこではなくても、還暦を象徴する色である「赤」をとりいれたギフトを贈ることは、別に老いを感じさせることではないと思います。

ですので、赤をワンポイントに取り入れた還暦祝い用のTシャツやキャップがおすすめです。

今はネット上にかなりたくさんの還暦祝いギフトが用意されていて、他のお店との競争意識も働いてかその店独自の凝った商品が目につきます。

ですので、Tシャツやキャップなども、そのまま身につけても還暦祝いだと分からないくらいおしゃれに作ってあるものもあれば、あえて数字の60を強調したりインパクト重視で還暦だという事を全面に出しているものもあったりします。

どちらが好きかは本人の性格・趣向によりますので、日頃から本人の好みを探っておくと良いですね。

赤いブリザードフラワー

また、着用しないものでも、赤いものを贈りたいならぬいぐるみやプリザーブドフラワーがあります。

ぬいぐるみが、自分の代わりに赤いちゃんちゃんこを来ている姿は、とっても可愛らしいですし、流行のプリザーブドフラワーは真っ赤なバラがインテリアにも映えます。

このプリザーブドフラワーだと、毎日花瓶の水を変えたり、日の当たるように場所を変えたり等世話をする必要が全くないので、手入れが面倒な方には生花よりも喜ばれる傾向にあります。

さらにギフト専門店なら、これらにその人が生まれた日付の新聞を加えてくれるなどのサービスも行っています。

これなら誕生日プレゼントとしても素敵ですし、本人をお年寄り扱いしないで60歳という年を喜んで迎えることができるのではないでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする