大河ドラマの地を巡るツアーに多い還暦世代

還暦に大河ドラマの舞台めぐり

定年退職後、第二の人生をスタートさせるにあたり、いろいろと旅行をして家族や親しい友人とのんびり過ごす方も多いようです。

特に、還暦世代は大河ドラマを見る人が多いですが、大河ドラマで放送した土地に訪れる、いわゆる「聖地巡礼」をするのも楽しみの一つになっているようです。

そこで、調べみると最近放送した大河ドラマを巡るツアーというのが数多く販売されていました

その中の一つが長野県にある大河ドラマの舞台になります。2016年の大河ドラマで放送中の所ですので、観光客が多くいますが、リアルタイムで訪れることに意味があると考えているならば是非とも出かけるべきでしょう。

2016年に放送されてる大河ドラマの舞台は長野県と大阪府に分かれます。どちらのツアーに行くか迷うところですが、まずは長野県に最初訪れるのがいいかもしれません。

主に主人公が活躍したのは長野県だからです。

春の上田城がおすすめ

春の上田城と桜

長野県へは東京からなら高速道路を利用して2時間半ほどかかります。途中の休憩を含めると3時間と考えておいた方がいいでしょう。

長野県の上田市につくと、少し丘のようなところを上がった所にお城があります。お城としては小さな規模ですが、お堀や石垣、天守閣などはそのままあります。

春の桜が満開の季節に行くと一面がピンクで明るくなっておりとてもきれいです。夏は長野県といえどもかなり暑いですので、熱中症対策はしっかりと行うべきです。

山城というわけではありませんが、城内はアップダウンが激しくなっています。秋に行くと気候も涼しいせいか快適です。

ただ、10月頃だとまだ気温が高いため熱中症の可能性が出てきますので、やはり水分補給をしっかりと行うべきです。

大阪では史跡めぐり

大阪城

大阪の方は大阪夏の陣で戦った場所や最期の場所を見学することになります。

長野県と違い、現在残されている史跡はありますが、当時のままのものはあまりありませんので、あくまでその当時の史跡を巡るだけと考えたほうがよさそうです。

大阪の大河ドラマ巡りの中で是非行っておきたいところは安居神社になります。安居神社は四天王寺の西側の国道25号線を挟んだ北側にあります。

市街地にありながらひっそりとした境内が迎え入れてくれます。

このように還暦の60歳からはこれまでできなかったことを自由に楽しめる時間ができます。

みなさんも今回ご紹介したような大河ドラマのツアーに参加したり、旅行をしたりして、若々しく元気に過ごすための活力を得てみてはいかがでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする